【ブラッシュアップライフ】最終回のネタバレと視聴率!「最高」「革命的に面白い」と絶賛の声!

ブラッシュアップライフ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブラッシュアップライフ】最終回のネタバレ・視聴率・感想!「最高」「革命的に面白い」と絶賛の声!

【ブラッシュアップライフ】最終回が3月12日に放送されました。

麻美(安藤サクラ)の最後の人生を描いた最終回。

まりりん(水川あさみ)とともに奮闘する麻美は、なっち(夏帆)とみーぽん(木南晴夏)を救える?

浅野忠信登場回!

バカリズム脚本で視聴者の心を鷲掴み!

日本テレビ【ブラッシュアップライフ】最終回のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

【ブラッシュアップライフ】ネタバレあらすじを最終回まで!結末は続編に?麻美(安藤サクラ)の人生は?
【ブラッシュアップライフ】ネタバレあらすじを最終回まで!結末は続編に?麻美(安藤サクラ)の人生は?バカリズム脚本×安藤サクラ主演【ブラッシュアップライフ】のネタバレとあらすじを最終回までまとめていきます。2023年冬の日本テレビ日曜ドラマ。主人公・近藤麻美の人生を描く【ブラッシュアップライフ】の全話の見どころなど紹介。

見逃し配信:【ブラッシュアップライフ】全エピソードとオリジナルストーリーは[ad_tag id="388548"]で配信しています。(2023年3月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【ブラッシュアップライフ】最終回のネタバレ

【ブラッシュアップライフ】最終回のネタバレを紹介します。

麻美とまりりんが犯罪者に?

麻美(安藤サクラ)とまりりん(水川あさみ)は、機長の中村(神保悟志)を937便に乗せないために、薬でも飲ませてしまおうかと考える。

麻美は以前の人生で薬剤師だったから半日ぐらい動けなくする薬とかないのか、と言うまりりん。食中毒とかなら可能。ただこれだと、のちに調べられて犯罪者になってしまうと一旦は思いとどまる。

この時、まりりんは生まれ変わったらフナムシだと言われ、人生をやり直していたとわかる。

麻美は人間になるのを蹴ってまで人生を送っていることに、まりりんは感心する。

堀口(江口のりこ)にもう一度頼むが、中村がキャンセルしたら麻美になるように手配はしてあると言われる。

次いで、麻美は必死に中村にスケジュール変更を頼むも却下されてしまう。

そこで、どうにもならない麻美とまりりんは、中村の珈琲に薬を盛ることを決意する。まりりんと麻美は空港の地図を広げ作戦会議。中村がいつも珈琲を飲む場所があり、その時、まりりんが中村に話しかけ、その隙に麻美がこっそりと薬を入れるという方法だ。その薬は、下痢と嘔吐で苦しむという代物。

そして、フライトの当日。

麻美が席につくと、河口(三浦透子)が。

なんと、河口は麻美が違う人生を送っていると聞き、自分も違う人生を送ることにしたのだと言う。麻美がパイロットになったと知った河口は、キャビンアテンダントになったのだった。

話がとまらない河口から、中村が937便をキャンセルしたと聞く。

中村が愛人を乗せると知った河口は、こっそりと中村の妻にチクってやった。すると、妻にばれた中村が搭乗をキャンセルしたということらしい。

麻美は薬をもる必要がなくなり、937便に機長として搭乗することに。

タイムリーパー高城からの依頼

まりりんと飛行機に乗る直前「どちらが宇野さんですか?」と男(浅野忠信)が訊ねてきた。男は高と名乗る。
高木はタイムリーパーだと告白。人生2周目。937便の航路を変更して欲しいと訴えてきた。

高木には別れた妻がいて、その妻とやり直したいという。実は、その妻が937便に乗っているのだという。937便の変更は元から考えていたこと。麻美とまりりんはすんなりと承諾。

高木がいなくなってから「人生2周目なのに離婚は回避できなかったんだ」とふたりでブツブツ言い始める。

飛行機事故の阻止成功

ふたりは937便に搭乗し、航路変更に成功する。

ほっとする麻美とまりりん。まりりんは次に生まれ変わるなら人間がいい?と聞いてくる。麻美は「また北熊谷がいいかな」なんてしみじみ。そうして、937便は無事に着陸。

空港でなっちとみーぽんと再会しご飯を食べに行く。この時、みーぽんが懐かしいプリクラを持って来て見せる。まりりんも実は持ってるって見せる。

楽しく過ごし、麻美とまりりんはホテルのベッドでおおはしゃぎ。麻美は、なっちとみーぽんとから「あーちん」と呼ばれたと大喜びだ。まりりんはなぜか「まっさん」だった。

麻美とまりりんが転職

日本に戻り麻美は、パイロットを辞めて実家暮らしに。
寛(田中直樹)が迎えにきてくれた。母の久美子(中島ひろ子)は、嫁に行った遥(志田未来)がよく家に来ると楽しそうに話す。

3年が経ち、麻美は40歳になった。遥が子供を連れて帰ってきた。寛は孫に甘い。おもちゃをたくさん買ってあげている。へそくりを覗くとだいぶ少ない。

麻美は遥の運転で出勤。
「なんでパイロットを辞めたの?」という遥。「地元に帰りたくてね」と言う麻美。

まりりんは保育士になった。
麻美の再就職先は市役所だ。数々の苦難を乗り越えてきたから苦情もへっちゃら。河口もまた市役所に戻ってきていた。CAは不規則で耐えられず、慣れしたんだ市役所が向いていると話す。

ラウンドワンで朝帰り

なっちとみーぽんとまりりんとは月2くらいで会っている。

この日は麻美の誕生日。麻美はなっちの紙袋が気になって仕方がない。それは自分へのプレゼントだと思い、限界になった麻美はなっちに「紙袋を紹介して」と言う。すると「これは違う」と言われてしまった。

3人からはケーキのプレゼントがあったが、麻美はかなり恥ずかしくてたまらない。「恥ずかし過ぎ」と言うと、この話で盛り上がる。

なっちの友達を紹介しない問題をみーぽんが話し始める。この話は麻美にとっては2度目だ。その友達であるすーさんは鈴木康子(春菜)で議員をしていた。これは初めて知る事実。

食事が終わりカラオケに行く。まりりんの呼び名は、まっさんからまっちょになっている。ラウンドワンに行くと福ちゃん(染谷将太)が受付をする。

福ちゃん差し入れのポテトをあてにしている4人。ラウンドワンの客入りが悪そうで、ポテト代を心配するも、福ちゃんはしっかりとポテトを差し入れする。

なんとか売上に貢献しようと、誰かを呼ぼうということになる。加藤君(宮下雄也)とごんちゃん(野呂佳代)とぺーたん(島本加奈子)としーちゃん(市川由衣)が来る。福ちゃんは仕事が終わり合流。福ちゃんがミュージシャンを辞めたと話し、その後、カラオケで熱唱する。加藤君は粉雪を熱唱。全員でカラオケで盛り上がり朝になる。

朝帰りの麻美、まりりん、なっち、みーぽん。

麻美は歳を重ねるにつれ時間が短く感じると話す。それはかつてみーぽんが話したことだ。その後、シャワーがお湯になるまでの時間が長く感じるなんてことを話す。

4人のおしゃべりは止まらない。
4人の笑顔が朝日をあびてキラキラしている。

最終回の結末:4人は一緒

58年後。
麻美、なっち、みーぽん、まりりんは施設で暮らす。「YAYAYA」を歌い、何の主題歌かと語りながら、楽しい時を過ごしている。
4人は基本寿命を全うし、麻美は98歳で亡くなった。

4羽の鳩が仲良く電線に止まっているのを遥が眺めている。
「仲良しだね」と孫が言う。

<終わり>

【ブラッシュアップライフ】最終回の視聴率

【ブラッシュアップライフ】最終回の視聴率は、6.1%でした。

【ブラッシュアップライフ】最終回の感想

【ブラッシュアップライフ】最終回の感想を紹介します。

「面白かった、最高!」の声

【ブラッシュアップライフ】最終回のまとめ

【ブラッシュアップライフ】の最終回は、麻美が人生を全うするまでを描いています。これが最後の人生だという麻美の一生は、今までのように事故に遭うこともなく、長生きでした。

感想をひとことでいうならば、最高に面白かった!
これに尽きます。

浅野忠信さんはタイムリーパーでほんの少しの出演でしたが、それもまた楽しいと思える作品。
伏線回収があちこちに散りばめられていて、どの瞬間もどの場面も全部が楽しい。麻美とまりりんが飛行機事故を阻止もでき、その後、転職するという展開もまた良かったです。

麻美はどうやら独身で通した様子。元カレの勝の影はありませんでした。なんだかんだといいながら、元の人生に戻った感があり、麻美にとっては「それが一番の幸せ」だと感じました。

友情や家族愛を描きながら、笑えて泣ける素敵なドラマ。バカリズムさんの脚本、そして、長い台詞をリアルに話す安藤サクラさん始め出演者の皆様に大拍手!

ラストシーンに出てきた鳩の4匹は、麻美とみぽりんとなっちとまりりんの生まれかわりということでしょう。

毎週、水曜の夜が楽しみでした!

次回は【それってパクリじゃないですか?】を放送します。お楽しみに♪♪

記事内画像:【ブラッシュアップライフ】公式サイト