【エール】10話の視聴率とあらすじ!音(清水香帆)の主役抜擢の脚本に違和感!

エールキャストとあらすじ

【エール】10話の視聴率とあらすじ!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第10話が2020年4月10日(金)に放送。

先行き不透明な馬具店と取引をする業者もなく、追い詰められる関内家。三姉妹は知恵を出し合って、母を助けようとする。一方、竹取物語の稽古も大詰めを迎えるのだが…

放送後、音(清水香帆)の主役抜擢の脚本に視聴者から違和感の声が!?

今回は【エール】10話の視聴率とあらすじネタバレについて。

朝ドラ『エール』のキャストとあらすじ! 2020年3月30日スタートのNHK朝ドラ第102作(連続テレビ小説)は『エール』。…
朝ドラ【エール】第2週のあらすじネタバレ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第2週「運命のかぐや姫」が2020年4月6日(…
スポンサーリンク

【エール】10話の視聴率

【エール】10話の視聴率は、20.1%

(ビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム視聴・世帯)

出典amazon 朝ドラ【エール】のネタバレと視聴率一覧!最終回まで最新情報まとめ! 窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』が2…

【エール】10話のあらすじ

あらすじ

先行きが不透明な馬具店と取引しようとする業者はほとんどなく、関内家は事業継続のピンチを迎える。それでも明るくふるまう光子(薬師丸ひろ子)だったが、心配した三姉妹は知恵をだしあって、あるものを見つけ出す。一方、学校では音(清水香帆)の学芸会が近づいていた。明るく練習する音とは対照的に、かぐや姫を演じる良子(田中里念)はなぜかうかない顔。良子は学芸会当日、思いもよらぬことを言うのだが…。

出典:テレビ番組表

【エール】10話の感想

♦SNSの反響は?

音(清水香帆)が主役「かぐや姫」に急に抜擢されるという、都合のよい脚本に視聴者からツッコミが殺到!

たしかに違和感がありますよね。

父やオペラ歌手の助言で、脇役でも全力を尽くすという展開が良かっただけに、結局イイところ持ってくのかという結末。

しかもかぐや姫の子が帝(みかど)役になり、もともと帝役の子が押し出されるという!

「おとーさあん」という海に向かってのかけ声といい、ちょっと臭い感じが見受けられます。

これではもともとの脚本家が納得してなかったのかも…と心配してしまいますが、次週は窪田正孝さん登場。賛否ある声を払しょくしてほしいところです。


【番組タイトル】連続テレビ小説「エール」

【出演】窪田正孝,清水香帆,本間叶愛,新津ちせ,田中里念,吉原光夫,篠原ゆき子,平田満,薬師丸ひろ子,ほか

【語り】津田健次郎

【音楽】瀬川英史

【放送局:放送時間】

  • NHK総合:月~土 あさ8時~、(再放送)午後0時45分~(土曜はバナナマン日村さんによる解説回)
  • BSプレミアム:月~金 あさ7時30分~(再放送)午後11時~
  • BSプレミアム(1週間まとめて再放送):土曜 あさ9時45分~午前11時
  • 毎週日曜 午前11時~11時15分:NHK総合で土曜の回の再放送。

※放送予定は変更される場合があります。

※当記事画像の出典:Amazon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク