【さよならマエストロ】3話のネタバレと感想!蓮と大輝のデュオに「素敵」「最高すぎる」と反響

当サイトのリンクには広告が含まれます
さよならマエストロ/第3話

【さよならマエストロ】3話のネタバレと感想!

西島秀俊・芦田愛菜出演の日曜劇場「さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜」(TBS、日曜21時)第3話が1月28日に放送されました。

第3話では、オケメンバーに不協和音!?晴見フィル解散の危機。娘が課された重い任務に父激怒!?娘の涙の叫び…という内容で…。

放送後、犬猿の仲だった羽野蓮(佐藤緋美)と森大輝()のデュオに「素敵」「最高すぎる」とSNSで反響が…。

今回は【さよならマエストロ】3話のあらすじ・ネタバレ・感想・視聴率・出演者(ゲスト)スタッフなどについて。

あわせて読みたい
【さよならマエストロ】あらすじ・ネタバレを最終回まで!原作なしの結末は? 【さよならマエストロ】あらすじ・ネタバレを最終回まで!原作なしの結末は? 西島秀俊・芦田愛菜W主演の『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』は、天才...

「さよならマエストロ」の無料見逃し配信はTVerで。最新話まで全話の配信はU-NEXT・パラビコーナーで。

目次

【さよならマエストロ】第3話のあらすじ

さよならマエストロ/第3話

【さよならマエストロ】第3話のあらすじです。

母の意図

俊平(西島秀俊)は朝食のパンを買いに行ったとき、自転車で転んでしまう。

一方、海(大西利空)は母・志帆(石田ゆり子)の変装している姿を目撃してしまう。

志帆は古谷()に息子に見られたことを明かす。でも、3人それぞれが自分の力で生きられるよう、まだ帰らないと言う志帆。

海は「なんとなく意図はわかった。協力します」と志帆にLINEを送った。志帆は感謝する。

そんな海は、踊りながら帰っている谷崎天音(當真あみ)を目撃し、「やべえのいる」とつぶやく。

天音は、うたカフェに寄って、二朗(西田敏行)が挫折したという楽器たちを次々と見て触れる。最後にバイオリンを手にして演奏する。しかしギーギーギーとしかならなない。

不協和音

晴見フィルでのコンサートを提案した俊平(西島秀俊)は、ベートーヴェン作曲の交響曲第6番「田園」を次の曲にした。

俊平は自転車を走らせていたとき、素敵な森の散歩道を見つけた。そこでベートーヴェンが愛したウィーンの森の風景を思い出したのだ。

俊平はカジュアルなコンサートをしようといつもの練習場での開催を考えていた。チラシ作りもするという楽団のメンバー。

そんな中、プロレベルの羽野蓮(佐藤緋美)が「気持ち悪いんですけど。トランペットのピッチがです」と発言。

トランペットの大輝(宮沢氷魚)やティンパニー奏者の菜々(久間田琳加)の出だしが遅れていた。トランペットの音の高低も悪かった。

さらに、なだめようとするコンマスの近藤()に対しても「さっきの合図じゃ入りずらい。55のスタッカート弾けてませんでした」と指摘する蓮。

しかしメンバーの不協和音もまた「面白い音」と許容する俊平。

下手くそ同士でなれあうより

俊平は響にコンサートをするから見に来てほしいと頼んだ。

響は、父の絵が載っているチラシを「子供の落書き」とけなす。大輝は「冷たくない?反抗期?」と言った。

響は平穏に暮らしたいだけと返答。

大輝はチェロのやつにダメだしされて凹んでるんだと明かす。

響は「練習すればいいんじゃないですか?下手くそ同士で楽しくなれあってるよりマシだと思いますけど」とバッサリ斬った。

一方、海はベンチで楽譜を見て手を振っている天音を目撃し、声をかける。

天音は太鼓の達人のようにバイオリンの音符を指で追うことを師匠から宿題を出されたらしい。

しかし、天音は全然、楽譜が読めなくて、全く違うところを指していた。

幼少期からピアノを演奏している海。

海は天音の楽譜に書かれた絵から、天音の師匠が俊平だと気づく。

下手くそでごめんね

白石市長(渕上泰史)が晴見フィルの「ホームコンサート」のチラシを見て、はがす。

晴見フィルにて。元気がなかった。

ため息をついてしまう蓮。大輝は「ため息やめようよ」と怒る。

なぜ練習してこなかったのか責める蓮。

しかし大輝は練習していた。

マエストロの俊平も以前よりは良くなっていると評価。

蓮は「妥協すればいいんですね」とふてくされる。

そこで大輝は用事を思い出したからと立ち上がり、「下手くそでごめんね」と捨て台詞を放ち、途中で去った。

瑠李(新木優子)は蓮に切磋琢磨したいならプロのオケに行けば?という。その上で瑠李は晴見フィルに来た理由を「何か起こりそうだから。私はね」と告げる。

大輝のテキトー演奏

大輝はうたカフェで飲んでいた。そこへ俊平と古谷がやってきて話を聞く。

大輝は自分は「クラシック出身じゃない」「ピッチがどうのと言われても」と言う。

さらに「あいつの耳が良すぎる」と逆転の発想をする大輝。

大輝のトランペットで、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」や、「学園天国」など歌謡曲を弾き、客たちもノリノリに。

クラシックは苦手な大輝だが、テキトー演奏は得意だった。

俊平は「素晴らしかったです」と褒めた。

1歩ずつ

天音は「きらきら星」をバイオリンで演奏するが、ギーギーとしか音が出ない。

そこへ俊平がやってきて…

俊平「何事も1歩ずつです。僕もそうでした。譜面を読むこともピアノも、高校3年生の時に始めたんです。田舎の野球少年だったからね。少しは勇気でました?」

俊平は山登りと同じく、一歩一歩で、音を楽しんで進むことを勧めた。

【さよならマエストロ】第3話のネタバレ

【さよならマエストロ】第3話のあらすじネタバレです。

市長の妨害工作

ある日、響に上司から新しい任務が言い渡された。

晴見フィルでは、遠い親戚にもコンサートの声掛けをしようと話している。

蓮が練習場に来たが、大輝と目が合うと気まずい空気になり、帰ってしまう…。

入れ替わりに、響が練習場に来た。

しかしホール閉館に伴う点検が入ったため、晴見フィルが借りていた日程の中ホールが借りられなくなってしまう。

つまり市長の圧力で、ホールは使えなくなってしまった。

演奏する場所をなくし、またも晴見フィルに不穏な空気が流れた。

そんな姿を見ていた俊平は、響の部屋に向かう。

音楽と関係ない生き方

俊平は、響の部屋に向かう。

響「恨まないでよね。言われたこと伝えただけだから」

俊平「正直、腹が立っている。伝えにくいことを君に伝えさせる、君の上司に」

俊平は職場環境が良くないなら話に行くというが…

響は親が出てきたらモンスターペアレントだと反対。

俊平「パパは気になってる。響が今、ちゃんと幸せかどうか」

響「何それ? 私、今、幸せじゃなさそうに見えるってこと?コンサートをする?来てくれたら嬉しい?私に聴かせたから何なの?知らないみたいだから教えてあげるけど、世の中には音楽と関係ない一生を送る人は沢山いるの。こっちに帰って来たおかげで出会えたものも沢山あるし、私は前に進んでる! あなたの尺度で私が幸せかどうか決めつけないで。そういうの、すっごく気持ち悪い。私は…。私はずっと、時間がかかってもずっと、見つけようとしてるんだよ。違う生き方を!なのに、なんで。なんで帰って来たの!」

もう逃げません

落ち込む俊平は、うたカフェで二朗(西田敏行)に話を聞いてもらう。

俊平は「娘が1人で自分と向き合ってきた時間を僕は台無しにしているのかも」と弱音をもらす。

5年前から家族と別居したが、いつだって会えた。

俊平は「もう逃げません。娘からも音楽からも」と決意を新たにする。

芸人との出会い

自転車をパン屋の前に忘れた俊平は、取りに帰る。

すると、道の駅で、移住芸人の「忘れる。」の2人が朝市の取材に来ていて、インタビューされる俊平。

その後、俊平は古谷に連絡。あることの手配を頼んだ。

ゲリラコンサート

俊平は、田舎の通りで練習している大輝に楽譜を渡し、「ちょっとした実験です」と告げる。

一方、休日で寝ていた響のスマホが鳴った。滝田課長からの呼び出しで…。

道の駅「はるみ」にて、朝市「晴見マルシェ」が開催中。つまり人が大勢いる!

コンサート会場を奪われた晴見フィルだが、この朝市の屋外の会場で、ゲリラコンサートを開催する。

お客様を呼べないなら、お客様がいるところへ行くという俊平の作戦だった。

蓮と大輝が奏でる「田園」第二楽章

響が自転車を飛ばして到着した時は、すでに晴見フィルのコンサートが始まっていた。(止められなかった?)

ベートーヴェンの「田園」を披露したが、曲名は誰もしなかった。

今の演奏が第一楽章で、田舎に着いたときの晴れやかな気分。

第二楽章は小川のほとりの情景。

俊平は、第二楽章を喧嘩している大輝と蓮に演奏させる。

第二楽章にトランペットのパートはない。しかし俊平がアレンジして、蓮に楽譜を事前に渡した。

俊平「2人きりなら君がトランペットに合わせるという選択肢もある。君がもし大輝くんのトランペットを好きになったら、君のその素晴らしい耳は、自然と美しいハーモニーを作りたくなるはずです」

連は、大輝のトランペットに合わせて、チェロを演奏する。

大輝も自信はなかった。しかし俊平は「一番大事なのは心から歌うことです。君のトランペットには優しい歌心がある。歌うトランペットには誰もかないません」と褒めて、自信をつけさせていた。

2人の演奏後、拍手喝采!

響はトボトボと自転車を押していく…。

突然の雨の中で

突然の雨。晴見フィルの演奏は中止に。楽器や楽譜を持って屋根がある場所へ避難。

その撤去作業をフードをかぶった女性が手伝った。

俊平が「ありがとうございます」というと、その女性・志帆と目が合った。

あわてて逃げる志帆。

【さよならマエストロ】第3話の結末ネタバレ

ゲリラコンサートの成功を祝う飲み会が「うたカフェ」で開催。

しかし、やる気になった若者たちは練習をするからと来ていなかった。

響は、あおぞらホールに戻っていた。

音楽室のホワイトボードには「ご飯食べたらすぐ戻ってきまーす」とメモ書きがあり、テーブルにはバイオリンが置かれていた。

二朗「練習、練習って。何が楽しいんですかね」

瑠李「そりゃ、性(さが)ってもんじゃない?依存症みたいなもの。
人生のほとんどを頭の中で音楽が鳴ってるような時間を過ごして、
嫌気がさして離れても…
触れてしまったら最後…」

響「思い出す。それでしか味わえない感覚を。
素晴らしい演奏を聴けば余計に…。
どうしようもなく、心が乾く。
地獄に落ちるとわかっていても、止められない。
奏でたくなる。自分の音を

響はバイオリンを演奏する。
そこへ大輝がやってきて…。

一方、俊平は妻に電話をかける。(つづく)

【さよならマエストロ】第3話の感想

【さよならマエストロ】第3話の感想です。

蓮と大輝のデュオに「素敵」「最高すぎる」と反響

仲直りさせたマエストロに賞賛の声

仲直りさせたマエストロ・夏目俊平へ賞賛の声も↓

響の音楽復帰もある?

3話で響が音楽から意図的に離れていて、それで幸せであると言っていました。

前を向こうとしていると…。

5年前、ウィーンのコンクールから逃げ出して事故に遭ってしまった響。

視聴者からは「何があった?」という声もありますが、多分、それ以上のことはないのでは?

プレッシャーから弾けなくなって逃亡したってことなのかなと思います。

今後、逃げた理由が明らかになるかもしれませんけど。

3話ラスト、響はバイオリンを演奏しました。

これは今後、響の音楽復帰もあるのかな?と期待しちゃいますね。

地獄と分かっていても、やめられない、依存症のようなもの…。

初回から響が音楽を聴いて心酔している場面があったのは、3話ラストの伏線だったのですね。

今後の響と音楽との向き合い方には注目です♪

1 2
さよならマエストロ/第3話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次