【らんまん】116話|図鑑がいよいよ完成間近

らんまん116話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【らんまん】116話

朝ドラ【らんまん】第116話(第116回)が2023年9月11日(月曜)に放送。

図鑑はいよいよ完成間近。しかし、万太郎(神木隆之介)は自信を無くしていて…。一方、寿恵子(浜辺美波)の店には、相島(森岡龍)と小林一三(海宝直人)がやってくる。

今回は【らんまん】116話の放送内容・感想・事前レビュー・出演者について!

【らんまん】の動画は【ユーネクスト】NHKで!

*本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【らんまん】116話の放送内容

【らんまん】116話の放送内容です。

日本全国の植物を載せた図鑑がまもなく完成しようとしていた。しかし、未だに版元は見つからない。万太郎(神木隆之介)は、図鑑は本当に必要とされるのかと自信をなくしていた。そんな万太郎を虎鉄(濱田龍臣)は、きっと何百年も残り続けるものになると励ますのだった。

一方、寿恵子(浜辺美波)の店には、相島(森岡龍)と小林一三(海宝直人)がやってきた。相島は「鯛(たい)の漬け焼き」、小林は「オランダなます」を注文する。寿恵子が準備に急ぐ。

寿恵子は、弘法湯の下男・迅助(武井壮)に鯛など食材の仕入れを依頼。迅助は、弘法湯の主人・佐藤(井上順)も寿恵子のことを気に入っていることを明かし「こうやって駄賃もらえる方がありがてえ」と快く仕事を引き受けた。

寿恵子が菓子屋の娘で舌が肥えている設定は、待合での手腕を下支えする設定だったのね。 レア中のレアな料理の「和蘭陀なます」を名を聞いただけで完璧に再現でき、や天ぷらも美味い。

小林は郊外の安い土地を購入して、「家を建てて暮らしの場を先に作っておくんだ。住人が集まってきたところに、鉄道を後から敷く」と相島に提言。

らんまん116話

さらに、関西への赴任が決まっている小林は、「そのうち、私は銀行を辞めます。あなたも、いつまでも省庁にお勤めじゃつまらない! この先、互いに鉄道の雄(ゆう)となるのはどうです? この渋谷には、あなたが降り立てばいい」と伝える。

小林一三は阪急電鉄をはじめとする阪急東宝グループの創業者。相島のモデルは後の「東急グループ」の創業者・五島慶太の可能性が高い。

小林と相島は料理やサービスに満足し、「また来る」と言って帰って行った。

寿恵子は荒谷(芹澤興人)に「美味しいと言ってましたよ」と感謝する。実は、阿蘭陀なますを作ったのは荒谷だった。荒谷は神楽坂で板前をしていた。寿恵子は、おにぎりの味で腕を見抜いていた。

荒谷は店を守るためとはいえ客に包丁を突き付けた過去があった。料理人の資格はないという。寿恵子は、荒谷のおかあさんに尋ねて、鰻と天ぷらも得意だという情報を得る。今後も頼む気だ。

<<前回 第115話 | 次回 第117話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

【らんまん】116話の感想

116話の感想です。

東急電鉄と阪急電鉄の創始者の会話が話題で・・・

のちの阪急と東急の創始者が将来の夢を語るという、ロマンあふれる展開でした。

寿恵子の女将さん姿も素敵で、飲んだくれの荒谷さんが実はすごい料理人だったという展開、イイですよね。

脇の人物ながら、人生が垣間見えて、奥行きが出て…良い脚本だと思います♪

【らんまん】116話の事前レビュー

万太郎の図鑑はいよいよ完成間近へ…。しかし、版元が見つかりません。

史実では・・・1900年(明治33年)から、未完に終わった『日本植物志図篇』の代わりに新しく『大日本植物志』を刊行。今回は自費ではなく帝大から費用が捻出され、東京の大手書店・出版社であった丸善から刊行。だがこれも松村の妨害により、4巻で中断してしまいます。

帝大や大手出版社の協力があったそうですが・・・。ドラマでは、おじの莫大な資産を継いで資産家となった青年・永守徹(中川大志)が万太郎に図鑑発刊のための費用を支援したいと申し出ます。この出会いに至る過程には注目ですね♪

【らんまん】116話の出演者

【出演】神木隆之介,浜辺美波,濱田龍臣,芹澤興人,梅沢昌代,海宝直人,入山法子,実咲凜音,武井壮,【語り】宮﨑あおい


<<前回 第115話 | 次回 第117話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

画像出典「らんまん」公式HP