スポンサーリンク

【おかえりモネ】第14週のあらすじ|百音(清原果耶)菅波(坂口健太郎) が親公認に!?

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【おかえりモネ】第14週「離れられないもの」のあらすじをお伝えします。

おかえりモネ第13週のあらすじで、モネ()は菅波()が過去に大きな挫折をしたことを打ち明けられます。

おかえりモネ第14週では、 百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎) が親公認に!?


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】第14週のあらすじ

ここからは、おかえりモネ第14週のあらすじを紹介!

66話(8月16日)

人の手というのはありがたいものですね。

菅波は百音(清原果耶)の手当てに感謝します。

お互い気持ちはほぼ、わかっていますが、真面目な2人はその先に進みません。

一方、朝岡()は以前より一層スポーツ気象ビジネスに力を入れ、いきいきと仕事をしていました。

そんな中、東北のある町で大雨による土砂災害が発生。幸い人に被害はなかったものの、朝岡は強く反応します。

そして、朝岡がみんなの前で気象キャスターを降板することを発表。

朝岡は、次のキャスターに莉子()を指名。

上昇志向が強くい莉子は喜びます。

そして、莉子の中継コーナーの後任には、なんと百音の名前が挙がりました。

「いやちょっと…すいません、少し考えさせてください」

百音は戸惑って・・・

67話(8月17日)

沢渡()が、東北の町での水害に対する住民の避難行動を評価する特集の企画を立てます。

内田()たちも人への被害がなかったことに安堵していました。

しかし、朝岡(西島秀俊)の表情は暗く、災害に見舞われる頻度が高い土地で生活する人びとに対して何ができるのか思い悩んでいました。

それは百音(清原果耶)にとっても他人(ひと)事ではない悩み。

コインランドリーで、百音がその被害のことを考えていると…

菅波(坂口健太郎)がやってきて、

蕎麦でも食べませんか?

と百音を誘います。

2人はコインランドリーで洗濯が終わるまでの47分間、一緒に昼食をとります。

そして、コインランドリーに戻った後、百音は菅波の意見を聞きました。

深刻な問題に対処するには、当事者でない人間の方がより深く考えるべきだと思うんです。」

という菅波。しかし理屈は分かっても感情はついていかず、うなだれてしまう百音。

そこに菅波が手を伸ばしたとき、そこへ思わぬ人物が現れて…

68話(8月18日)

菅波が手を伸ばしたその時。

う・・・お。驚かそうと思ったんだけど、驚いちゃったかな。はは

耕治()が笑って言いました。

耕治は、龍巳()のカキが品評会で金賞を受賞したので、授賞式に父子でやってきていたのです。

百音(清原果耶)と2人きりのところを耕治に見られてしまった菅波(坂口健太郎)は大いに動揺すします。

一方そのころ、未知(蒔田彩珠)は相変わらず気仙沼で仕事にまい進中。

けれど、亜哉子()は、そんな娘の様子を心配していました。

その晩、龍巳は汐見湯で菜津(マイコ)や菜津の祖父母に牡蠣をふるまいました。

そこに、菅波(坂口健太郎)も交じっています。

菅波は牡蠣は3回食べて、3回あたっているのでこれまで敬遠していました。

しかし、意を決して食べます。

「おいおい。本当に無理するなよ。」と心配する耕治。

大丈夫です。お父さん。

菅波は、思わずそう返事してしまいます。

「お父さん?!」耕治はびっくり。

そんなドタバタの様子を見た明日美()は、

「なに?ヤダ。楽しそう。」

とひとりで盛り上がっていました。

翌日、耕治はこっそりウェザーエキスパーツを訪れると、そこに朝岡(西島秀俊)の姿を見つけて…。

69話(8月19日)

翌朝早く、龍巳(藤竜也)は仕事が気になると早々に亀島に帰っていきました。

一方、耕治(内野聖陽)は百音(清原果耶)の働く会社・ウェザーエキスパーツを訪れます。

耕治は、1回のスペースで壊れた機械を修理していた朝岡(西島秀俊)と出会いました。

龍巳の話題になり、耕治は「海から離れられないんだな。あれは。」と言います。

「離れられないなんてことがあるのでしょうか。」と朝岡。

朝岡には、地元から離れられない人の気持ちが実感できません。

「思ってても離れられない。(引き止めるのは)やっぱり人なのかな。わかんない。今は、どうなるかわからない世の中だ。どごいっても構わない。でも、お前たちの未来は明るいんだって、決して悪くなる一方じゃないんだって。それだけは信じて言い続けてやりたい。」と耕治。

百音(清原果耶)はそんな2人のようすを物陰からうかがっていて…。

70話(8月20日)

その日の夕方に、耕治(内野聖陽)は気仙沼に帰る前に菅波(坂口健太郎)に挨拶したいといいだします。

「いいから彼氏に顔だすようにいえ。」と耕治は百音(清原果耶)をせかします。

菅波は、病院から慌ててかけつけました。

モネをよろしくお願いします。」

そういって、耕治は菅波に頭を下げました。

「いやまだ、蕎麦屋にしか」

困惑する菅波ですが、

もし永浦さんに何かあれば、僕にできることはするつもりです。」と菅波。

百音は翌朝、耕治と朝岡の会話を聞いていたことを朝岡に伝えました。

耕治と話して「気象情報は未来にある」ということを思い出したという朝岡。

「ああ、そうですよね。そうなんですよね!それ、みんなに知ってもらいたいですね!」

「なら、一緒にやりましょう。」

「え?」

永浦さんにも自分で伝える場所があるんですよ

みるみるうちに百音の心に希望の火が灯りました。

それは、耕治のおかげでもありました。

百音は登米で耕治からもらった笛を見つめていました。

…おかえりモネ第14週のあらすじはここまで。

【おかえりモネ】第14週の事前レビュー

モネと菅波が父親・公認になりましたね。

内野聖陽さんが娘の父親として、うろたえる演技が映像で早く見たいです。(笑)

モネがやがて故郷にかえることは分かっているのですが、朝岡や耕治の言葉がきっかけになるのでしょうか。

そういえば、モネが台風情報を地元に伝えたり、百音の地元の情報を朝岡の原稿に反映したりしたことがありました。

そのとき、朝岡はマスメディアでなくパーソナルメディアが今後大事になる、と言っていました。

個人に特化する情報の価値が高まっていく、と。

「一緒にやりましょう。」 といっても、その具体的なことは分からないのですが…

朝岡と百音が一緒にスポーツ気象をするというわけでなくて、気象情報を生かした未来を作ろう、ということでしょうか。

モネに影響を与えた朝岡が、モネから影響を受けてやる気になっているという、相互関係が面白いです。

そしていくつになっても挑戦し続ける朝岡さん、カッコイイと思った第14週でした。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました