スポンサーリンク

【おかえりモネ】13週のあらすじ|鮫島(菅原小春)が選考会へ

おかえ週りモネ13週
©NHK

【おかえりモネ】第13週「風を切って進め」のあらすじ

朝ドラ【おかえりモネ】第13週<8月9日~8月13日放送>のストーリーと感想を紹介!

第13週は、車いすマラソン選手の鮫島()が選考会へ!果たして、その結果は?


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】第13週のあらすじ

【おかえりモネ】第13週「風を切って進め」のあらすじネタバレです。

61話(8月9日)

百音()・朝岡()・莉子(今井美桜)・内田()は、車いすマラソン選手の鮫島(菅原小春)をサポートすることになった。

来月、車いすマラソンの強化選手選考会が行われる。

それまでに、鮫島の弱点である「暑さに弱い体質」を克服する必要がある。

そのために、まずは「暑熱対策」と「体質改善」に取り組む。

そこで、菅波()が助っ人に現れる。

62話(8月10日)

菅波(坂口健太郎)が、医学的な観点から色々と調べた。

その結果、鮫島(菅原小春)の暑さに弱い原因は、競技中に“深部体温”が上がることと考えた。

そこで菅波は、競技中に細かく砕いた氷を飲みながら走ってみてはどうかと提案する。

すると、鮫島のタイムが順調に伸びていく。

…百音が21歳の誕生日を迎えた。汐見湯に、鮫島はじめ皆が集まって、盛り上がる。

63話(8月11日)

鮫島(菅原小春)が、スランプに!?

鮫島はタイムが伸びなくなってしまった。

百音(清原果耶)に弱音を吐く鮫島。百音は、これまでのレースを今一度検証し直す。

すると「強い風が吹くと強い」という事が判明。

選考会直前。

朝岡(西島秀俊)と百音たちは、「強い風」と「鮫島の負けず嫌いな性格」を生かした「プランB」を立てる。

64話(8月12日)

選考会3日前。

百音(清原果耶)たちは、鮫島(菅原小春)に「プランB」を伝えた。

選考会当日。

百音たちはトラックに強い風が吹くと予測し、「大会当日、競技場で強い風が吹いたら、勝負に出てみてはどうか」と伝える。

百音は、鮫島は向かい風“逆風”に向かうスタイルだと気づいて、「最後は自分の感覚で勝負してほしい」と考えたのだ。

鮫島は順調にラップを刻んでいくが…。

65話(8月13日)

鮫島(菅原小春)は、無事に車いすマラソンの強化指定選手に選ばれた。

「レース前からプランBで行くと決めていた。みんなのことを信じた」と鮫島。

百音(清原果耶)たち「チームサメジマ」の面々もほっと胸をなでおろす。

ある日、コインランドリーで話す菅波(坂口健太郎)と百音。

そこで、百音は、菅波が抱えていた、つらい過去を初めて聞いて…。

【おかえりモネ】第13週の感想

<13週・放送前の感想>

13週は、 鮫島(菅原小春)の車いすマラソンの選考会がメインストーリー。

菅原小春さんの演技もあり、スリリングな展開になりそう!期待しています。

そして、ラストには 菅波(坂口健太郎) のつらい過去が明かされます。

周囲が見えなくなって「ある人の人生を奪いました」と以前、語っていた菅波。

果たしてその具体的な内容は何か。気になりますね。

12週<< >>14週


<関連記事>

【おかえりモネ】のキャスト

【おかえりモネ】の視聴率

画像出典:https://www.nhk.or.jp/okaerimone/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました