スポンサーリンク

【おかえりモネ】66話|朝岡(西島秀俊)の反応と後任人事

おかえりモネ-66
https://www.rbbtoday.com/article/2021/08/14/191222.html

【おかえりモネ】66話|朝岡()の反応と後任人事

朝ドラ【おかえりモネ】14週 66話が2021年8月16日(月)に放送されました。

第66話では、東北のある町で大雨による土砂災害が起きます。

朝岡(西島秀俊)はその土地の被害に強く反応、百音たちは異変を感じて…

今回は【おかえりモネ】66話のストーリーと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】66話のストーリー

【おかえりモネ】66話の内容は…

百音()は、菅波()のつらい過去を聞いて背中をさすった。

「人の手というのはありがたいものですね」と菅波。

お互いに気遣う中、「つらいのは僕じゃない。生き方を変えなくてはならなかった彼の方です」と菅波。

百音が荷物を渡すと、「ありがとう」と菅波は言って、コインランドリーから去った。

朝岡(西島秀俊)は以前より一層スポーツ気象ビジネスに力を入れ、生き生きと仕事をしていた。

デスクの高村()は「焼けてますね」と嫌みを言った。

「私、飛んでませんよ」と答える朝岡。

朝岡がハンググライダー協会に依頼されて、気象情報を提供していたことが高村は面白くなかった。

朝岡は以前より、地方を飛び回っていた。

石ノ森章太郎の企画展がまたある開かれる。百音は、サヤカから送られチラシを朝岡に渡した。

そんな中、東北の明岩市で大雨による土砂災害が発生。

幸い人に被害はなかった。安堵する百音たち。

しかし「どうだろうな。命を守られたのは良かった。でも生活があるんだ」と強く関心を示す朝岡に、百音たちは異変を感じ取る。

1週間後。

朝岡は石ノ森章太郎展に行って帰ってきた。お土産をみんなに渡して、機嫌がとれたところで…

「私、来月いっぱいで気象キャスターを降ります」と発表する。

会社でスポーツ気象に専念するという。

朝岡の後任には莉子()が指名される。「はい、頑張ります!」と喜ぶ莉子。

そして、莉子の中継コーナーの後任には、なんと百音の名前が挙がる。

「アルバイトですし!」と謙遜する百音。

朝岡は百音を正社員登用するよう上に進言すると言ってくれた。

百音はサヤカ()に報告し、戸惑いを伝えた。

10分先の未来がわかって誰かを助けたいだけだったのに、テレビに出るのは気おくれしてしまう。

サヤカは朝岡が石ノ森章太郎展に来た…だけでないようなニュアンスを残してにごした。

ある朝、百音が「おはようございます。」と朝岡に声をかけても、思い詰めたような表情で…。

(つづく)

【おかえりモネ】66話の感想

66話は、朝岡(西島秀俊)の異様な反応が気になる要素でした。

あの土地に知りあいがいるのか、なんなのでしょうか?

サヤカさんが、「朝岡さんが来たんだけど・・・」

って何か、にごしたのも気になります。

そして朝岡の後任人事が描かれました。

前から狙っていた莉子が抜擢。そしていつも人形しか映らなかった百音が莉子の後任に!

半年間経過したので、正社員になってもいいころ、と朝岡が言っていましたね。

入社前からこき使われてましたし、バイト採用がそもそも驚きでした。

百音を正社員へぜひ一刻も早くしてあげて!(笑)

と思った66話でした。

65話< >67話

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました