スポンサーリンク

【おかえりモネ】68話|菅波(坂口健太郎)が耕治に動揺!?

【おかえりモネ】68話

朝ドラ【おかえりモネ】14週 68話が2021年8月18日(水)に放送されました。

第68話は、百音()と菅波()は、上京してきた耕治()に2人きりのところを見られて動揺する。そして耕治は、朝岡()と初めて出会って…

今回は【おかえりモネ】68話のあらすじと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】68話のあらすじ

【おかえりモネ】68話の内容は…

耕治(内野聖陽)と龍己(藤竜也)が上京してきた。

菅波(坂口健太郎)は百音(清原果耶)と2人きりのところを耕治に見られてしまって動揺。

そのころ、気仙沼では…

亜哉子(鈴木京香)は、祖父を手伝ったのは未知(蒔田彩珠)なのだから、受賞式に行けばよかったのにというが、

未知は、「仕事、休めないもん」という。

「あなたまだ、19歳。もっと遊びなさい。」と亜哉子が娘を心配した。

・・・耕治たちは、龍巳のカキが品評会で金賞を受賞し、受賞式があるため上京してきたらしい。

早速みんなでカキをいただく。しかし菅波は当たったことがあるため、食べようとしない。

そんなことと知らない耕治は隣りの席で、菅波に食べるように視線で圧力をかける。

菅波は、百音が心配する中、思い切って食べた。

すると、「うまいです。 こんなの、食べたことないです。」と絶賛する菅波。

百音は、「先生カキ駄目なの!3回食べて3回あたったって、前に・・・」とばらす。

みんな心配する中、菅波はアレルギーじゃないから大丈夫と必死につくろう。

圧力をかけた耕治も心配するが…

「本当に、本当に大丈夫です。お父さん。すいません。」という菅波。

「お父さん?お前、今、お父さんって、言ったよな?それどういう意味だ?」と、焦る耕治。

そこに明日美()が帰って来て、懐かしい顔ぶれに嬉しくなって「なんか楽しそう」とはしゃぐ…。

夜。耕治が百音の部屋にやってきて雑談する。(耕治と龍巳は汐見湯に泊まっていた)別の心配(異性関係)が当たったことをもらす耕治。

百音は未知が来なかったことを仕事と耕治から聞いて、連絡してみる。メッセージを送ったが既読スルー…。

(そのころ、「みーちゃん元気?お父さんとおじいちゃんが来たよ」というメッセージをみた未知は、頬が少し緩んだ)

午前2時、百音が出かけようとすると、龍巳がいた。築地に行って挨拶してから1人で先に帰るらしい。

百音は龍巳に聞いてみた。「おじいちゃんはさ、海から離れようとは、一度も思わなかった?」

龍己は「思わねかったな。」と言ったあと、「モネちゃん。離れだこと、気にしてんのか?」と尋ねる。

百音は、あいまいに微笑んだ。

その後。耕治はこっそりウェザーエキスパーツを訪れる。すると、そこに朝岡(西島秀俊)の姿を見つけて…。

(つづく)

【おかえりモネ】68話の感想

68話は、菅波(坂口健太郎)が耕治に動揺!?する回でした。

耕治と菅波の、無言の圧力での会話(?)は面白かったです。

百音と菅波は、今週、蕎麦屋デートまで進みましたが…

まだ恋仲ではないんですよね。

父親も疑うほどのイイ雰囲気だったのに(笑)

疑うと言うか、もう精神的には付き合ってますよね。

菅波の方は明らかに気持ち押さえている感じだけど、百音は一体いつどんなタイミングで<好き>を自覚するのかな?

と、注目の2人です。そしてラストシーンは、「きのう何食べた?」のケンジとシロさんが急接近!?

次回はネットがざわつきそうです(笑)

67話< >69話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました