【舞いあがれ!】44話|失敗で落ち込む柏木に視聴者からエール!

舞いあがれ44話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【舞いあがれ!】第44話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第44話(第44回)が2022年12月1日(木曜)に放送されました。

放送後、フライト訓練中に現在地を見失うという「失敗」で落ち込む柏木に視聴者からエールが殺到して…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)44話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】のネタバレ・あらすじを最終回まで!2027年の未来に舞が空を舞い上がる!?
舞(福原遥)は御園と新会社「こんねくと」を起業し町工場の技術を活かした商品開発へ。2027年の未来に舞は島を行き来できる電動小型飛行機のパイロットとして空を舞い上がる!? 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介。
【舞いあがれ!】第9週のネタバレとレビュー!舞と柏木学生が急接近か?
【舞いあがれ】第9週のネタバレとレビュー!NHK朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第9週「私らはチームや」(11月28日~12月2日)のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第9週は航空学校・帯広分校編。ついに鬼教官・大河内(吉川晃司)も登場!そんな中、舞と柏木学生が急接近か?今回は【舞いあがれ!】第9週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】44話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】44話のあらすじネタバレです。

舞と柏木学生のイメージトレーニング

舞いあがれ44話
(C)NHK

舞(福原遥)は柏木学生(目黒蓮)と、舞が苦手な着陸のイメージトレーニングに励む。

舞「ファイナルターン入ります。パワーしぼります」

柏木「ダメだ。はやい。焦るな。このまま速度キープして、しっかりセンターラインあわせて」

柏木学生が舞の手に、手を重ねて、舞の手作りレバーを一緒に動かす。

二人は目を閉じて、イメトレしながら着陸していく。

自然に着陸できた舞。目を開けて照れる二人。柏木は「これ、本当によくできてるな」とレバーを褒めた。

舞はそれを作った父親の話をすると、普段は自分のことを話さない柏木学生が、国際線パイロットである父親の話を始める。

柏木「ほとんど家にいなかったけど、帰ってきたら行った国の話してくれてさ。それを聞くのが楽しみだった。」

一方、中澤学生(濱正悟)は妻と連絡が取れないことを、矢野学生(山崎紘菜)・吉田学生(醍醐虎汰朗)・水島学生(佐野弘樹)に打ち明ける。家事も育児も妻に任せっきりだが、中澤学生は「応援してくれるって言ったのに」と納得できない。

矢野学生に恋人がいないと知った水島学生は立候補する。だが、矢野学生は「いらない」と断った。

柏木学生の過信

舞いあがれ44話
(C)NHK

翌日、飛行訓練は突然の飛行空域変更となる。だが、柏木学生はその空域の予習もしていると大河内教官(吉川晃司)を納得させて、一番手として訓練飛行に臨む。

しかし訓練中に、飛行している現在地を見失う。大河内教官に運転が代わった。その後の反省会で、大河内教官はこう告げる↓

大河内教官「現在地を見失ったのは、思い込みで目標物を見失ったからだ。その上、間違いを指摘された時に、それをすぐに認められなかった。自分を過信する人間は、パイロットに向いていない。」

次のフライトでも柏木学生はロストポジションしてしまう。

44話の結末

舞いあがれ44話
(C)NHK

同じ失敗を繰り返した柏木学生は、庭先で、ひとり呆然としていた。舞が駆けつけて、「大丈夫ですか?話聞くぐらいならできるかなって」と声をかける。だが…

柏木「君に話したところで何が解決するって言うんだ?第一、俺は悩んでいない。君らと一緒にしないでくれ」

翌日のフライトは、舞が気象情報から中止するべきだと話す。だが、柏木学生は反対意見だ。チームで意見がまとまらない中、2人は別々の意見を大河内教官にぶつける。

大河内教官は水島学生の意見も聞いた。水島は舞と同意見だった。

大河内教官「本日の飛行訓練は中止だ、意見のまとめられないチームに、安全なフライトができるわけない。」

その後。男子部屋にて。柏木学生は「飛ぶべきだった」とイライラしていた。

舞:「私は、自分の判断が間違っているとは思えません。安全な判断をパイロットとしてしました。」

柏木「俺が間違っているっていうのか」

水島「柏木、冷静になれ」

柏木「ラジャーしか言えないくせに黙ってろよ」

水島「うるせえ。この迷子野郎が」

柏木学生と水島学生が取っ組み合いの喧嘩になった。柏木が水島を振り払い、舞の手作りレバーが壊れてしまい…。

(つづく)

<<前回 第43話 | 次回 第45話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】44話の感想

失敗で落ち込む柏木に視聴者からエール!

失敗して落ち込む柏木学生。舞が駆け寄ってくれても、話すことができず、強がってしまいます。

そんな柏木に視聴者からエールが殺到。

柏木学生はプライドが高く、挫折も知らなかったエリート。自分はこんなもんじゃない、と認めたくないのだろうし、人に頼りたくないのかもしれません。

数日前のフライトで、舞ちゃんが「わかりません」と素直に認めていましたね。機体が沈む感覚が分からないと、やけにハッキリ、堂々と言うなあと印象的でした(笑)

舞ちゃんと柏木学生は正反対。出来ないことを出来ないと認めないと前には進めません。

でも、舞ちゃんも幼少期は失敗を恐れていたのですが、祥子ばんばの「失敗するのは悪い事じゃなか」と教えてくれて、少しずつ変わっていきました。失敗するプレッシャーにも打ち勝って、ばらもん凧もあげましたね。

柏木学生も変わるときですね。学校は本番じゃないので、失敗して学んで習得すればいいのですし。頑張れ!柏木学生!

柏木学生の過去形の発言が気になる

44話では、柏木学生が父親のことについて話した場面がありました。その際、柏木学生の言葉がすべて過去形だったのが気になりました。↓

柏木学生「国際線の機長やってた。ほとんど家にいなかったけど、帰って来たら、行った国の話しをてくれてさ。それを聞くのが楽しみだったんだ」

もしかしたら、お父さんは亡くなったのか。それとも、喧嘩して家を出たのかか…。なんだか、遠い思い出のような言い方をしてましたね。ただ単に機長を引退しただけじゃなさそうです。

いずれにしろ、父親との関係が今の「過信」に繋がっていそう。

また、柏木学生を見ていると、必ずパイロットになると自分を追い込んで、焦っているようにも感じます。父と喧嘩して見返すためなのかな?と私(筆者)は予感してます。どうでしょうか?答えは、いずれ分かるかもしれませんね。

ともかく、柏木学生の成長、期待してますよ♪


<<前回 第43話 | 次回 第45話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP