【舞いあがれ!】42話|柏木の表情は嫉妬か寂しさか?

舞いあがれ42話

【舞いあがれ!】第42話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第42話(第42回)が2022年11月29日(火曜)に放送されました。

ラスト、柏木学生(目黒蓮)の切なそうな表情は、嫉妬?それとも寂しさか?

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)42話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!
【舞いあがれ!】第9週のネタバレとレビュー!舞と柏木学生が急接近か?
【舞いあがれ】第9週のネタバレとレビュー!NHK朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第9週「私らはチームや」(11月28日~12月2日)のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第9週は航空学校・帯広分校編。ついに鬼教官・大河内(吉川晃司)も登場!そんな中、舞と柏木学生が急接近か?今回は【舞いあがれ!】第9週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】42話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)42話のあらすじネタバレです。

初フライトへ

舞いあがれ42話
(C)NHK

舞(福原遥)、柏木学生(目黒連)、水島学生(佐野弘樹)は、初フライトの日を迎える。

学生たちは、フライト前に気象状況と飛行計画のブリーフィング、安全に飛行できるか否か大河内教官(吉川晃司)へ説明を行う。舞たちはそれを無事に行い、ついに初フライトに臨む。

大河内教官は、前日に操縦開始の手順であるプロシージャーがちゃんと出来なかった舞を訓練の一番手として指名する。

飛べた

舞いあがれ42話
(C)NHK

舞は、プロシージャーをきちんとして、大河内教官を隣りに、後ろに柏木学生、水島学生をスタートする。

舞「ランウェイズ クリア、クリアド・ザ・テイクオフ、マックス・パワー」

飛行機が滑走路を加速していく。

大河内教官が「センターずれてる」「目線を遠くへ」と舞を指導。

飛行機が浮き上がった。

大河内教官「センターずれてる。足使え。右足踏んで!足りない!操縦かん動かすな。ウイングレベル、コールセンター」

教官側にも操縦かんがあり、学生の補助をしながら指導する。

大河内教官「この上昇姿勢を目に焼き付けろ。」

管制官からの連絡に返事できない舞。大河内教官に「聞こえてないのか」と言われ、舞が返答する。

大河内教官「よし。水平飛行をキープだ。」

舞は心の中で(飛べた。空飛べた。)と涙目で感動。すると大河内教官の指示が…

大河内教官「岩倉学生。現在のヘディングから左へ360度旋回。」

「レフトサイド、クリア。ロールイン」と声に出す舞。だが、ピッチダウンになり、上手くできない。大河内教官が操縦かんを使ってフォローする。

大河内教官は水島学生に交代を命じる。だが、水島は酔って嘔いてしまい、交代できない。そのため、柏木学生が交代した。

デブリーフィングにて

舞いあがれ42話
(C)NHK

フライトが終わるとすぐ、デブリーフィング(反省会)を行う。大河内教官が「ピッチが今何度なのか即座に分かるようになれ」などと指導。

その後、昼食に。落ち込む舞。別の班のみんなも、うつむいていた。水島学生は「ちゃんと乗れるようになるんかなあ」とつぶやく。

そのころ、お好み焼き屋「うめづ」にて。浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)は舞の初フライトのことを心配していた。電話しようかなと言うめぐみ。雪乃(くわばたりえ)は「やめとけ。頼りがないのはええ頼り言うやろ」と制止。めぐみはメールだけすることにした。

42話の結末

夜。ベッドに横になっている舞はメールだけ親に打つ。「連絡せんでごめんな。うまくいった」と嘘をつこうとしたが…携帯電話を閉じた。送信ボタンは押してない?そんなとき、お腹が鳴った。

舞は自販機や冷蔵庫などのある休憩室(?)で、カップラーメンを食べる準備をしようとしていたところ・・・吉田学生(醍醐虎汰朗)がやってきた。

お湯を入れて、カップラーメンの出来上がりを待つ間、2人は話した。その様子を柏木学生が廊下から立ち聞きする。

吉田「今日のフライト、緊張したけどちょっと楽しかった。今日、初めてこの手で操縦して、緊張したけど楽しかった。」

舞「私も、ホンマ一瞬やったけど、楽しいって思た。ああ、この景色が見たかったんやって。」

吉田「岩倉さんがいてくれて良かった。宮崎で諦めてたら飛べてなかった。ありがとう。岩倉さんも困ったことがあったら、なんでも言って。」

舞「うん。ありがとう。」

柏木学生はその場をそっと去った。(つづく)

<<前回 第41話 | 次回 第43話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】42話の感想

柏木の表情は嫉妬か寂しさか?

ラストの柏木の表情は嫉妬か寂しさか?…話題になっています。

恋愛的な嫉妬じゃないと思った…との声も↓↓

恋愛的な嫉妬か?2人のように「楽しい」と思えなかった寂しさか?

どちらが正解とは分からないですが、どっちとも解釈できる柏木学生の表情でした。

航空エリート一家で育った柏木学生。

親の姿から、夢なんて甘いことを言えない厳しさを知っているのでしょう。

空を飛ぶ楽しさをなかなか感じられないのかもしれませんね。

そいういう意味での嫉妬、寂しさはあったのかも。

気になるのは柏木学生もお腹がすいていただろうに、食べ損ねたこと。部屋で何か、菓子パンとか食べたかな?…と、そんなことも心配してしまいました(笑)

さあ。航空学校編に入って反省会タグが盛り上がっていましたが、42話のフライトシーンは手に汗握ったし、魅力的だったのでは?

大河内の存在感もいいし、ドラマの評価もまた上がっていきそうですね♪


<<前回 第41話 | 次回 第43話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント