【舞いあがれ!】27話|「奇跡とは…」刈谷(高杉真宙)の言葉にネット反響

舞いあがれ27話

【舞いあがれ!】第27話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第27話(第27回)が2022年11月8日(火曜)に放送されました。

奇跡とは…」刈谷パイセン(高杉真宙)が語ったロマンティックな言葉にネット大反響で…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)27話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】第6週のネタバレとレビュー!「スワン号の奇跡」
【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第6週のネタバレとレビュー!NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第6週「スワン号の奇跡」(11月7日~11日)のあらすじネタバレとレビューをお伝えします。第6週は記録飛行に挑むストーリー。パイロットになった舞に幸せな瞬間が訪れて…。今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第6週のネタバレとレビューについて。
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!

*本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】第27話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第27話のあらすじネタバレです。

タコ焼きパーティー

スワン号の記録飛行まであと3日となった。舞(福原遥)は目標の体重をクリアする。由良(吉谷彩子)も松葉杖をつかなくてよくなった。

由良は舞に、記録飛行前日は炭水化物を解禁していいと告げる。何を食べようかニヤニヤと想像する舞。

そして課題だった舞の体力も目標値に届いた。

そして迎えた記録飛行前日。舞が部室へ行くと、そこには全部員がすでに集まっていた。

舞の炭水化物の解禁に合わせ、部員たちは学園祭の出店で鍛えたたこ焼き作りで、舞を慰労しようとしていた。

部員は見事な連係プレーでたこ焼きを完成させていく。焼いているのは〝永遠の3回生〟空さんこと空山(新名基浩)。鮮やかな手さばきでたこ焼きを次々とひっくり返していく。他の3回生がタレやかつお節などを流れ作業でかけて完成させる。

スワン号の奇跡

舞は、久しぶりの炭水化物=タコ焼きを美味しそうにほおばる。熱い、となった舞が「おいひいです」と何とか言うと、みんな笑った。

そんな中、刈谷(高杉真宙)がたこ焼き器で野菜を焼いていた。炭水化物ばかりだと頭の回転が鈍くなるという。玉本と口論になる刈谷。鶴田(足立英)がこんなんできるのももうないと言うとシーンとする。

鶴田はイカロスコンテストで落選したとき、由良が怪我した時、刈谷が退部した時、誰かが欠けてもおかしくなかった状況で、誰も欠けずに皆で明日、スワン号を飛ばせること。“奇跡”の復活だという鶴田。

玉本も彼女に飛行機か私か迫られた時、辞めようと思っていたという。だが、辞めなくてよかったと喜んだ。

由良は「奇跡やわ」と言った。壊したスワン号にまた会えたことをしみじみと噛み締める。

鶴田も部員たちも「奇跡だ、奇跡だ」と盛り上がる。だが、刈谷が否定して告げる↓

刈谷「奇跡って言い過ぎったい。めったに起きんけん奇跡って言うっちゃろ?人力飛行機が飛ぶんは奇跡でも何でもなか。物理法則で説明できる。この俺が設計したけん。玉本がよかプロペラ作ったけん。鶴田がチームをまとめたけん、スワン号は記録を狙えると。ここにおる全員がそうたい。一人でも欠けとったら、スワン号はこんなにも高性能じゃなかった。明日、全員が集合して、スワン号を飛ばす。ただそれだけのことたい。けど、それを…奇跡って言うんじゃなかとか

刈谷の言葉に、舞をや部員たちが士気を高める。

27話の結末

前夜、舞は眠れずに、長崎・五島に住む祖母・祥子(高畑淳子)に電話した。

舞「サークルのみんながどれだけ頑張ってきて、どれだけ時間かけて、どれだけ心込めて飛行機作ってきたかって考えたら……そんな大事な飛行機を私が飛ばすんやで」

祥子「舞なら大丈夫っち。みんな信じとるね。じゃけん舞も、自分ば信じて飛べばよか。明日、ぎばっとぞ」

舞は笑顔を取り戻した。そして翌日、記録飛行に挑む当日。琵琶湖に部員たちが集合した。

舞は空を舞う鳥を見上げていた。あんな風に飛びたい憧れの気持ちと、あんな風に飛んでることが腹立つ…両方の思いが舞にはあった。

コックピットに乗る前、由良と刈谷が声をかけてくれた。コックピットに乗ると、鶴田が舞いに声をかけて励ます。

舞の各部署への確認にも力がこもる。そして「ぺら回します、3・2・1・Go!」と、舞が力強く声をかけて、スタート。

助走をつけて走り出したスワン号が琵琶湖の上空へ飛び出して…。

(つづく)

<<前回 第26話 | 次回 第28話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】27話の感想

【舞いあがれ】27話の感想です。

「奇跡とは…」刈谷(高杉真宙)の言葉にネット反響

刈谷先輩のロマンティックな台詞にネットで大反響。

奇跡じゃないと冷めたこと言ったと思ったら、めちゃくちゃ熱いセリフに!

この一度、落としてから上げるのズルいわ(笑)

ロマンチスト刈谷先輩の言葉に朝から泣いた視聴者が多かったようです。

たしかに人力飛行機が飛ぶこと自体は、今は奇跡ではありません。

ただそこまでの過程は、いくつものトラブルを乗り越えてきたので、明日飛ばせることは奇跡。

高性能なスワン号を完成させてパイロットも間に合って明日飛ばせることは奇跡。

「奇跡」は、常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象のこと。

「軌跡」は、ある人や物事がたどってきた跡。

部員全員の“軌跡”が奇跡を起こしたのですね。

さあ。27話ラスト。ばんばの言葉もあって勇気を取り戻した舞が、舞い上がりました。

もう飛行機に「凄いなあ」と憧れていただけのあの頃と違います。

今は空を飛ぶ鳥を見て、悔しい、あんな風に飛びたいと変化している舞。

次回、28話はスワン号の飛行シーンが中心か。1時間飛べるのか?まさか本編15分まるまる飛行シーンになる?どんな飛行シーンになるか注目ですね!


<<前回 第26話 | 次回 第28話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント