【舞いあがれ!】21話|舞の頑張る姿に「応援したくなる」の声!

舞いあがれ第21話

【舞いあがれ!】第21話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第21話(第21回)が2022年10月31日(月)に放送されました。

放送後、舞(福原遥)が保留されても諦めず、自転車を母に断らず購入し、トレーニングを頑張る姿に「応援したくなる」と視聴者から激励の声が…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第21話のあらすじネタバレ・感想について。

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!

*本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】(舞い上がれ)21話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第21話のあらすじネタバレです。

自分でやってみたい

舞(福原遥)は、由良(吉谷彩子)が骨折したことで、スワン号のパイロットに志願した。

真剣な訴えを聞いた部長の鶴田(足立英)は練習用のバイクを舞にこいでもらう。スワン号にされた設定・負荷210ワットで3分が限界な舞。由良は同じ負荷で琵琶湖の上を1時間半こぐつもりだったのに。

舞は大変なことを実感したが、「けど、大変やからこそ、挑戦したいんです。みんなで作ったスワン号、私が飛ばしたいんです」と諦めない。

鶴田は「時間くれるか?」と一旦、返事を保留する。

舞は久留美(山下美月)とともに、訓練用のロードバイクを買いに行く。新品は71万5千円と高価。だが、中古で12万8千円のものを見つける。黄色とピンクの色でカワイイが、値段が可愛くない…久留美が店主に値切ろうと話しかける…。

舞はロードバイクを購入。そして母めぐみ(永作博美)に人力飛行機のパイロットのための訓練だと打ち明ける。スワン号のスケッチを見せて、先輩に憧れるだけでなく「自分でやってみたい」と宣言。「わかった」と頷くめぐみ。

記録を狙える人

舞は早速、マウンテンバイクでトレーニングしていく。

一方、鶴田は舞をパイロットにすべきが悩んでいた。そこで病院へ行き、入院中の由良(吉谷彩子)に相談。由良は舞しか適任者はいないと鶴田に告げる。

由良「私、本気で目指してたんです。女性の新記録。記録を狙える人にスワン号飛ばして欲しいです。記録を狙えるとしたら、それは岩倉(舞)です。スワン号を作った仲間の思いを知らん人には、記録は出されへんと思います」

部室にて。鶴田は他の部員たちに舞の申し出を話す。舞も真剣に「全力で身体も鍛えます!私…どないしてもスワン号、飛ばしたいんです!」と宣言。

すると、3回生の空山(新名基浩)が「賛成!」と声を上げる。

他の部員たちも舞が一番にリブを作っていた熱意を知っており、賛同した。

舞がスワン号のパイロットとなることが決定!

後は、刈谷の復帰が必要だ。彼なら舞に合う設計にしてくれるが…。

21話の結末

舞は、授業終わりの刈谷(高杉真宙)を待ち伏せし、パイロットになったことを報告。トレーニングもしていると伝えた。

だが、刈谷は「俺は反対たい。お前が飛べるわけなか。間に合うわけないやろ。2カ月しかなかとよ」と反対意見なのは変わらなかった。

後日。「なにわバードマン」を去った1回生の日下部(森田大鼓)や藤谷(山形匠)が手伝いたいと戻ってくる。

舞はトレーニングを終えたが、部室を見渡すと、部員たちが新生スワン号を完成させようと作業を続けていた。

舞は部員たちの姿に刺激され、鶴田に「もうちょっと頑張ります!」と言い、笑顔でトレーニングを続ける。

(つづく)

<<前回 第20話 | 次回 第22話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ)21話の感想

【舞いあがれ!】21話|舞の頑張る姿に「応援したくなる」の声!

21話では、舞ちゃんがトレーニングを開始。

刈谷に反対されても、部長に保留されても諦めない舞にネットでは、「応援したくなるヒロイン」「こんな朝ドラヒロインまってた」と激励、称賛の投稿が多数です…。

驚くのは、母に黙って自転車を分割で買って、トレーニングを始めてしまっていること。

舞ちゃん、こんなに意思が強くて、負けん気があって、諦めない精神の持ち主になったのですね。

小学三年生のとき、体育を休み、走ると熱を出して、自分の意見より母の言葉が優先だったのに…。

祥子ばんばの影響も大きいとはいえ、成長しましたね。

まあ、18歳ですし、母に断って買わなくてもいいとは思うのですが…まだ当時は未成年。*注:令和4年(2022年)4月1日から成年年齢が20歳から18歳に変わりました。

保護者である母としては、危険性があるパイロットは心配でしょう。でも、舞が本当にやりたいという気持ちが分かったのでOKしたんですね。

めぐみさんの舞がやる必要があるのか?という誘導尋問のような問いかけは、10年間と変わっていない気もしますが(笑)

まあ、保護者ですし当然。そして結局、考えて決めるのは本人ですよね。

頑張れ、舞ちゃん!


<<前回 第20話 | 次回 第22話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント