【舞いあがれ!】121話|西浦先輩の再登場に視聴者歓喜!

舞いあがれ!第121話

【舞いあがれ!】121話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第121話(第121回)が2023年3月24日(金曜)に放送されました。

121話は苦悩する貴司(赤楚衛二)がある決断を…。そして元なにわバードマンの西浦先輩の再登場に視聴者歓喜で…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)121話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】のネタバレ・あらすじを最終回まで!2027年の未来に舞が空を舞い上がる!?
舞(福原遥)は御園と新会社「こんねくと」を起業し町工場の技術を活かした商品開発へ。2027年の未来に舞は島を行き来できる電動小型飛行機のパイロットとして空を舞い上がる!? 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介。
【舞いあがれ!】第25週のネタバレとレビュー!舞が空飛ぶクルマの未来を信じて挑戦へ?!
NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第25週「未来を信じて」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第25週は舞(福原遥)が電動小型飛行機「空飛ぶクルマ」の未来を信じて挑戦へ?!今回は【舞いあがれ!】第25週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2023年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】121話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)121話のあらすじネタバレです。

短歌をやめる貴司

貴司(赤楚衛二)は舞(福原遥)に「短歌やめようって思う」と打ち明ける。舞はその理由を尋ねるが、貴司はどうしてもできないとこぼし、「舞ちゃんと歩がいるだけで幸せ、それで十分」だから短歌から離れたいと言う。

舞は「時間を置いてみては?」と言うが、貴司はもう十分考えたと答える。そして舞の責任ではないと言いつつ、即座に「最低やな」と自分を責める貴司。

祥子が慰める

その夜、貴司はデラシネに泊まり、舞は一人ダイニングで考え込む。

そこに祥子(高畑淳子)が現れ、「なんかあったとね」と聞く。祥子は貴司の仕事が上手くいっていないことに気付いていた。

舞は「ずっと一緒におんのに何もでけへんかった」

祥子「どんだけ一緒におっても、分からんことはあるとよ。つらかね」

祥子は舞をなぐさめる。

そのころ、貴司はデラシネで葉書を見ながら、八木(又吉直樹)の言葉を思い出していた。かつて八木は詩を書くことは「しんどい」と言っていた…。

八木からのハガキ

そして翌朝。舞が貴司を心配して、デラシネを訪ねる。おにぎりを差し入れし、帰ろうとすると、貴司が舞を呼び止める。貴司はずっと考えていたという。

貴司「なんで歌が出てけえへんのやろって…。けど、やっぱり歌は、やめたくないって思ってまう」

舞は八木(又吉直樹)が滞在中のパリから送ってきたハガキを見つける。

貴司「八木のおっちゃんから。今、パリにおんねんて。…おっちゃんに会いたいな」

舞「会うてきたら?おっちゃんにしか言われへんことがあるんやろ? 会うたらなんか変わるかもしれへんやん」

舞は貴司の背中を押した。

だが、雪乃(くわばたりえ)や勝(山口智充)はパリ行きを反対する。まだ小さい娘と妻を置いていくことになるからだ。

しかし、舞やめぐみが賛成したことで、雪乃たちも折れた。祥子はデラシネの店番を買って出る。

120話結末

2020年1月、舞と歩がパリへと旅立つ貴司を見送った。

貴司「じゃあ」

舞「待ってるな」

歩(安井姫壱)「いってらっしゃい」

アビキルには、新たなエンジニア2人、風間初美(いちえ)と堂島銀二(鈴木康平)を加わり、空飛ぶクルマの開発が新たな段階に入っている。

舞と渥美は、元なにわバードマンの西浦(永沼伊久也)と日下部(森田大鼓)をアビキルの作業場へ連れてくる。2人は神戸から来てくれたようで、渥美と同じく週末手伝い組だ。

舞は「たこ焼き買ってきました。みんなで食べましょう」と笑顔で伝える。※

(つづく)

「たこ焼き」はキーアイテム

たこ焼きは、舞がいた当時の「なにわバードマン」の思い出の食べ物です。なにわバードマンは学園祭でお好み焼きをよく出店しており、部室で先輩がたこ焼きを作って、舞たち新入生が食べる場面もありました。

【出演】福原遥,永作博美,高畑淳子,赤楚衛二,山口智充,くわばたりえ,又吉直樹,高杉真宙,細川岳,松尾鯉太郎,永沼伊久也,森田大鼓,いちえ,鈴木康平,安井姫壱,浅田芭路,齋藤絢永,ほか

<<前回 第120話 | 次回最終週第122話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】最終週/26週ネタバレと考察!最終回結末は?
【舞いあがれ!】最終週/26週ネタバレと考察!NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)最終週(第26週)「私たちの翼」のあらすじネタバレと結末考察をお伝えします。最終週(26週)は舞が空をまい上がるのか!?最終回結末を考察します。今回は【舞いあがれ!】最終週/26週のネタバレと考察について。

【舞いあがれ!】121話の感想

西浦先輩の再登場に視聴者歓喜!

元なにわバードマンの2人、西浦先輩と、舞の同期・日下部が再登場して話題に!

特に西浦先輩の人気が高かったです。

西浦和重 役を演じるのは朝ドラ5作目となる永沼伊久也さん。近年の朝ドラでは【スカーレット】のダメ弟子の一人、稲葉。【まんぷく】では塩軍団の赤津 が当たり役に!

西浦先輩の独特な動きも健在で、空飛ぶクルマを見つけてまっしぐら!相変わらず飛行機大好きなのですね(笑)

120話は他に、貴司のパリ行きも大きなトピック。新型コロナが流行る前ですけど、旅の途中にパンデミックになってしまうのでしょうか。心配です。

さて、いよいよ、次週は最終週!柏木学生(もう学生じゃないですけど)が予告動画に映っていて、すでに話題を集めています。

柏木を演じるのはドラマ『silent』や映画『わたしの幸せな結婚』でも話題の目黒蓮(SnowMan)さん。脱落したファンも必見ですね♪


<<前回 第120話 | 次回最終週第122話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント