【愛しい嘘 優しい闇】2話のあらすじ!雨宮(林遣都)のアリバイが逆に怪しい?!

愛しい嘘優しい闇2話

【愛しい嘘 優しい闇】2話のあらすじと感想!

【愛しい嘘 優しい闇】2話が1月21日に放送されました。

奈々江の死、後輩りえのケガ、雨宮の不審な行動…同窓会後に起きる不審な出来事の数々。

しかし雨宮()にはアリバイが!いや、用意周到すぎて逆に怪しい?!

今回は【愛しい嘘 優しい闇】2話のあらすじと感想について。


ADVERTISEMENT

【愛しい嘘 優しい闇】2話のあらすじネタバレ

【愛しい嘘 優しい闇】2話のあらすじネタバレです。

奈々江(新川優愛)の死

14年ぶりに地元・山梨で行われた中学の同窓会――。

今井望緒()は仲良し6人組と再会を果たす。

初恋の人・雨宮秀一()との“新たな恋の予感”に胸を高鳴らせていたが…。

岩崎奈々江()が、地元の渓谷で遺体となって発見された!

望緒のナレーション:〈私たちは かつて罪を隠すために小さな嘘をついた。その嘘は大きくなり、いつしか隠しきれなくなって奈々江は命を落とした。彼女は殺されたのだ。そして犯人は私たちの中にいる〉

奈々江(新川優愛)の写真

望緒は東京にいる雨宮や本田玲子()と共に山梨へ急行。

地元で暮らす深沢稜()、野瀬優美()と再び顔を合わせる。

優美の夫で山梨県警の刑事部長・野瀬正()は、渓谷で自撮りをしていて足を滑らせた事故か、自殺かの可能性が高いという。

望緒は奈々江の家で遺品整理を手伝ったり、形見分けで物をもらったりする。奈々江の母はこんなことになる東京に行かせれば良かったと後悔した。

奈々江の父が病気になり、奈々江は地元に残った。頑張って着飾っているチグハグな部屋。SNSもそうだが、幸せな自分を演じてたくさん 「いいね」をもらって、夢に挑戦すらできなかった現実を埋めようともがいていたことがみてとれた。

そんな中、奈々江が亡くなる直前に自撮りしたという写真を見た望緒らは、不自然に感じた。街でデートするような格好だし、どうみても他人が撮っている画像だ。望緒たちは他殺の可能性を疑い始める。

雨宮秀一(林遣都)の噂

愛しい嘘優しい闇2話
(C)テレビ朝日

時を同じくして、深沢稜のもとを雨宮秀一が訪ねていた。

雨宮は望緒の家に奈々江が窃盗に入ったトラブルを知っていた。

「お前詳しいな」と稜がいうと、「そりゃあ気になる人だから」と雨宮。

稜は、地元にいる同級生・葛西から「あいつ、雨宮か?あんまり付き合わないほうがいいぞ。悪い噂 聞いたんだよ。女癖が ひどいとかさ…」と“不穏な忠告”を受ける…!?

東京に戻った望緒は“背筋が凍るような事件”に直面する。路上で何者かに突き飛ばされ、あわや車に轢かれそうになった!

愛してる?!

望緒は玲子と雨宮に、押されたことを報告。

憤る玲子は告訴状を出して、自分でも調べておくと言って、先に帰った。

雨宮は「今井さんに何かあったらどうしようかと思った。 僕は今井さんを大事に思ってるし ちゃんと守りたいと思ってるよ。」と言ってくれた。

望緒は、アイデアを盗まれたことを雨宮に話したが、ボツばかりで怖くなってサッサと描けなかった自分が悪いという。

望緒:「結局 私に才能がなかっただけだから…。」

雨宮:「かわいそうに…。でも 自分が悪いなんて思わなくていい。つらいのは頑張ってきた証拠だから。」

カフェを出ると雨が降っていた。望緒は奈々江の形見の傘を取り出す。雨宮は傘を忘れていたが、電話が来てタクシーで帰ると走る。

雨が強くなったので、望緒が追いかけると。雨宮はどこかへ電話していて…。

雨宮:「ごめん なかなか出られなくて。すぐ会いに行くから。ああ 僕も愛してる。愛してるよ。

第二の事件

その後。望緒のもとへ稜がやってきて、雨宮の悪い噂を話して気を付けろと忠告。

女癖が悪く、結婚間近までいったのにこっぴどく捨てられた女性もいたらしくて…。

そんな中、第二の事件がついに起こった。

望緒のアイデアを盗んで漫画家デビューを果たした後輩・岡崎りえ()が、車に轢かれたのだ。

大事な右腕を複雑骨折していたのだ。しかも事件当時、りえは望緒の傘(=奈々江の形見)をパクッってさしていた?!

そのとき。ミリタリーコートのフードをかぶった人物が立ち去るのが見えたらしいが…。

愛しい嘘優しい闇2話
(C)テレビ朝日

中野君のしわざ?

愛しい嘘優しい闇2話
(C)テレビ朝日

望緒たち「仲良し6人組」のうち存命の5人が集まった。東京で5人がカフェで対面で、地元にいる優美()だけオンラインで参加。

傘で、望緒に間違われて、りえが殺されかけたのか??

優美:「中野くんの仕業じゃないかな?」

中野幸はタイムカプセルの中に「みんな 忘れないよ」と手紙を残していた。何か恨んでいる?

稜は、その手紙を捨てたとをついた…。

代原の読み切り漫画のチャンス

望緒は、りえの代原・・・つまり「代わりに描く原稿」を任される。読み切りで16ページ。期限は1週間。

できるか不安な望緒だが…雨宮に連絡すると…

雨宮:「この間、自分には才能がないって言ってたけど、才能があるかないかなんて結果だけ見た他人が勝手に決めてるだけだと思うんだ。他人なんて、みんな表面しか見ていない。その裏にどんな苦しみや努力があるかは自分にしかわからない。だから才能なんて曖昧な言葉、気にしなくていいんじゃないかな?少しでも描きたい気持ちがあるなら描きなよ!描かずに後悔するよりいいじゃない?」

望緒は、雨宮の言葉に押されて、漫画を引き受ける。

そして試行錯誤の結果ついに完成させた。

野瀬家にて

野瀬家にて。集まりの食事会があって、優美はお酌をしてまわる。義母から孫の顔を見たいとせかされて、気分が滅入った優美。

隙を見て、自分の部屋でスマホで「もしもし。忙しいのは わかってるんだけど、あなたの声が聞きたくて…。うん…。」と電話。足音が聞こえて「ごめん。 またかける」と切った。

足音は夫の正だった。スマホを見せるようにいわれて見せたが、問題はなかった。

スマホはバイ菌が多いという正は、優美の手を拭いてから舐めて「とっても綺麗だよ」と告げた。

雨宮(林遣都)が怪しい

怜子は知り合いの記者・秋山から「捜査関係者からオフレコで聞いたけど妙な話でさ」と言われる。

望緒は、漫画完成のお祝いに、雨宮から食事へ招待された。

<レストランの個室にて>

望緒は浮かない顔をしている。

望緒は雨宮に感謝したが、またも雨宮が電話できて部屋を出る。

望緒には怜子から電話がきた。そして知人から捜査情報を聞いたという。

●奈々江が亡くなる前、甲府のインターチェンジで雨宮の姿が確認されてること。

●警察が奈々江のスマホを調べてみたところ、雨宮と最後に通話していたこと。

この2点が分かっているらしい。

玲子は雨宮の会社へ行ったが、雨宮はここ2週間ほど長期休暇を取って出社してないらしい。

雨宮(林遣都)のアリバイ

望緒は、雨宮への疑惑を深める。

この前の雨の日、会社から直行してきたと言っていたがだったのだ。

望緒は「奈々江が亡くなった日のお昼、何してたの?」と尋ねる。

雨宮は会社にいたと、またをついた。

婚約寸前の女性を振ったこともなぜか問いただすと…雨宮はわかったと受け止める。

そして山梨・甲府の介護施設へ、望緒を連れて行く。

そこには雨宮サユリ(高橋ひとみ)が入所していた。

若年性アルツハイマーで雨宮のことを学校帰りの中学生だと思ってるらしい。

サユリ「秀一 愛してるわよ。」

雨宮:「ああ。 僕も愛してるよ 母さん。」

施設の日報記録を調べると、奈々江の死亡推定時刻に、雨宮が施設へ面会に来ているとわかる。

雨宮のアリバイが成立した。ひどい噂も婚約者がサユリの病気を知って身を引いたことが真相だ。

施設を抜け出したり不安定だったので、雨宮は最近会社を休んでいたが、落ち着いてきたらしい。

サユリは、望緒を息子の彼女と勘違いする。

驚く望緒だが、雨宮は「そうなったらいいと思ってるよ」と言った。

雨宮は、中学時代に望緒に見られていたことに気づいていた。

「僕も ずっと今井さんを見てた。」という雨宮のキザなセリフに「そんなキャラだっけ?」と望緒。

「昔の僕の事は もう忘れて。今の僕だけを知ってほしい。」と雨宮。

結末

望緒の部屋にて。望緒は、タイムカプセルから出た日記帳を取り出す。中学時代、雨宮のことをうしろの席から見てスケッチしていた。

そして不意に思い出した。2学期。中野くんが転校していなくなっていた。夏休み中におうちが火事になって両親が亡くなったからだ。望緒は、仲良しメンバーに中野くんのことを聞いたが誰も教えてくれないし、何か隠している様子だった。

現在。望緒は稜へ電話して中野くんのことを尋ねるが「覚えてねえよ そんな昔の事。」とはぐらかされた。稜は、まだ東京にいて望緒の部屋の近くにいた。

後日。望緒は、山梨の優美の家を訪れる。中野くんのことを聞きたくて…。しかし急用が入ったらしくて、望緒は優美の家を出る。

マフラーを忘れたと気づいた望緒が、優美の家にもどると、玄関先で優美が夫からスマホを奪われて

正:「あの日の事、しゃべらなかっただろうね?これ以上、面倒かけないでくれるかな?」

正に首を絞められる優美を、望緒は目撃して・・・(つづく)

愛しい嘘優しい闇2話
(C)テレビ朝日

【愛しい嘘 優しい闇】2話の感想

雨宮(林遣都)のアリバイが逆に怪しい?!

第2話の新たな事件は、望緒の後輩・りえの交通事故。

謎のパーカー男の登場で、疑いが強まる雨宮()。

しかし、雨宮にはアリバイがありました。

奈々江が転落死した日、雨宮は施設に面会に行ってた記録がありました。(だから高速道路のカメラに写っていた)

謎の電話の相手との「愛してるよ」発言は、なんとアルツハイマーの母との会話!

でも、あんな日報の記録いくらでも改ざんできるでしょう。

そして、母は本物なのか。まあこっちは「秀一」と呼びかけているし、嘘じゃないと信じたいです。

まあ、お母さんが演技している可能性もありますけどね。

ミステリーのパターン的に「アリバイがある」と強調すると逆に怪しいものです。

果たして雨宮の怪しさはどうなるのか?今後に注目ですね。

1話<< >>3話

当記事画像出典:「愛しい嘘 優しい闇」HP

コメント