【グレイトギフト】のあらすじネタバレと考察を最終回までまとめ|真犯人・結末予想も!

当サイトのリンクには広告が含まれます
グレイトギフト

【グレイトギフト】のあらすじネタバレと考察を最終回までまとめ|真犯人・結末予想も!
2024年冬のテレ朝木9ドラマは、反町隆史主演の医療ミステリー。
「ギフト」という謎の殺人球菌をめぐる連続殺人事件の犯人とその目的とは?
全話あらすじ・ネタバレ・考察を最終回までまとめていきます。

あわせて読みたい
ドラマ【グレイトギフト】のキャスト・出演者一覧・相関図|反町隆史主演の医療ミステリー ドラマ【グレイトギフト】のキャスト・出演者一覧・相関図|反町隆史主演の医療ミステリー2024年冬のテレ朝木曜ドラマは反町隆史主演、波瑠がバディを務める医療ミステ...
目次

1話のあらすじネタバレ

グレイトギフト1話

・元総理大臣・愛宕克己(山田明郷)が急死
・藤巻が殺人球菌「ギフト」を発見
・白鳥が第1の殺人を実行

1話のあらすじ

明鏡医科大学付属病院に検査入院していた元総理大臣・愛宕克己(山田明郷)が急死。 病理医・藤巻達臣(反町隆史)は死因を調べるために愛宕の遺体を解剖する。そんな中、有能な検査技師・久留米穂希()が殺人疑惑を口にする。遺産相続をめぐり、愛宕の愛人で会員制クラブのオーナーである安曇杏梨()と揉めていた遺族が、杏梨による殺人だと騒いでいるのだ。

右頸部に残る謎の黒ずみに着目した藤巻は、採取した液状検体から、“未知の球菌”を発見する! しかしその球菌は発見から1時間後、目の前で突然消滅してしまう。

これは殺人球菌なのか!? 最悪の事態を危惧した藤巻は理事長・奥野信二(坂東彌十郎)から秘密裏に許可を取り、新たな液状検体の採取に着手する。院内では別の患者の不審死が発覚。球菌を投与したことによる連続殺人?真犯人は誰なのか!? 絶体絶命の窮地に陥った藤巻は“とんでもない行動”に出る。

1話のネタバレ

藤巻は殺人球菌のことを、妻の主治医で信頼している白鳥(佐々木蔵之介)に相談する。ただ殺人球菌は低温に弱く、乾燥した状態では生きていけないため、消滅してしまう。白鳥は証拠を残すために藤巻に培養させ、次の教授会で殺人球菌の隠蔽を暴露して奥野の理事長解任動議を出す、藤巻にもフォローしてほしいから教授会に出席するように指示する。すると、その会場で奥野が突然心不全を起こして死んでしまう。

しかし、それはすべて白鳥の罠だった。殺人球菌という「神様からの贈り物=グレイトギフト」という力を手にした白鳥は、日本の医療界のトップに立ち、改革するという野望を実現するための共犯者に仕立て上げ、藤巻を徹底的に利用する。

妻の治療を盾にされると逆らえない。でも自分が培養した球菌で人が死んでしまった…。思い悩む藤巻のもとに、差出人なしの脅迫状が届く。

くわしいネタバレはこちら↓↓

あわせて読みたい
【グレイトギフト】1話|白鳥(佐々木蔵之介)の正体とタイトル回収に鳥肌! 【グレイトギフト】1話|白鳥(佐々木蔵之介)の正体とタイトル回収に鳥肌!1話から衝撃の展開となり、あっさりタイトルも回収。患者を思うよき医師・白鳥の本性とは?...

2話のあらすじネタバレ

・脅迫状を書いた犯人が判明
・藤巻は久留米と特効薬作りを開始
・白鳥が第2の殺人を実行

2話のあらすじ

殺人球菌「ギフト」というすごい力を手にした白鳥(佐々木蔵之介)は、より良い医療を提供するための大改革を実行するため医療界の頂点に立つと決意。崇高な理念を唱えるが、実は目的のためには人殺しも厭わない冷酷な人物で、「ギフト」を悪用して奥野理事長(坂東彌十郎)を殺害し、藤巻を犯罪に巻き込んでいく。

奥野は急性心不全と診断されるが、“ある違和感”を覚えた警視庁の元捜査一課刑事・神林育人(尾上松也)が行政解剖を決断! 重い心臓病で入院する妻・藤巻麻帆(明日海りお)の手術を盾に、白鳥は藤巻に殺人の証拠隠滅と、謎の脅迫状を送ってきた犯人を特定しろと命じられる。

一方、奥野の死に疑念を抱いた穂希(波瑠)は藤巻に接近して、殺人球菌による殺人だと断定する。誰が最初にギフトを持ち込んだのかを知りたい。またギフトを培養してワクチンや特効薬を作ると言い出し、ダメなら盛大にバラすと脅す。

2話のネタバレ

穂希にまで脅される羽目になった藤巻は、手紙の主から駐車場に呼び出される。待っていたのは、伊集院(盛山晋太郎)だった。伊集院は藤巻と白鳥が組んで奥野を殺したと睨み、理事長となった白鳥から1億円せしめようと持ちかける。その計画に乗らなければ通報されるが、計画に乗れば伊集院自身も犯罪者になるから通報できない。白鳥から金を取った方が藤巻にとってもよいことだと説得する。

しかしその会話は、白鳥の指示で白鳥に筒抜けだった。伊集院は白鳥を騙すつもりだったが、騙されていたのは伊集院の方だ。研究スペースに戻った藤巻は、培養中のギフトの小瓶2つがなくなっていることに気づく。伊集院に電話すると持ち出したのは自分ではないと言う。それなら白鳥しかいない。騙されていたのは伊集院の方で、危険だと告げながら追いかける藤巻。

何とか追いつき、白鳥に謝罪しようと説得するが、伊集院は逆に正々堂々と脅す、殺せるものなら殺してみろと開き直る。病院で出されるものを口にしなければいい、だいたい飲み物も持参していると、水筒の中国茶を飲んでしまう。温かいお茶の中でギフトは増殖する。藤巻が注意するのも間に合わず、伊集院は心不全を起こして倒れた。

あわせて読みたい
【グレイトギフト】2話ネタバレと考察|伊集院(見取り図/盛山)を操っていたのは誰? 【グレイトギフト】2話ネタバレと考察|伊集院(見取り図/盛山)を操っていたのは誰?前半のキーパーソンながら、早くも2話で退場となった伊集院。1話からいろいろフラ...

3話のあらすじネタバレ

・白鳥が第3の殺人を画策
・ターゲットは医学系大学連合会議の副議長・大泉篤(西岡徳馬)
・接待ゴルフ&ワイン会での殺人を防げるか

3話のあらすじ

白鳥(佐々木蔵之介)を脅迫して大金をせしめようとした伊集院(盛山晋太郎)がギフトによって殺され、ますます追い込まれていく藤巻(反町隆史)。白鳥が藤巻を利用して犯罪を重ねていることを、警察の神林(尾上松也)、検査技師の久留米(波瑠)は確信。そして鶴下看護師長(片山萌美)と不倫中の心臓外科医・郡司(津田健次郎)も嗅ぎつける。

医学系大学連合会議の議長の座を狙う白鳥が次にターゲットとするのは、悪名高き副議長・大泉篤(西岡德馬)。政治家と結託して医療界に税金を流し、自らも私腹を肥やしているだけでなく、パワハラ・暴行を繰り返す“医療界のがん”だ。大泉の接待ゴルフ&ワイン会に白鳥とともに招かれた郡司は、第3の殺人を一緒に阻止しようと藤巻を誘う。

これ以上巻き込まれたくない藤巻だが、藤巻が行かないなら自分が行って阻止すると久留米に言われ、仕方なく同行する。

3話のネタバレ

しかし、郡司はやっぱり裏切り者だった。白鳥が政治家に呼ばれたと言って先に帰った後、大泉のワイングラスにギフトを仕込み、殺してしまった。郡司はギフトのすごさに感動さえしている。結局大泉も守れなかった藤巻だが、妻・麻帆(明日海りお)の手術を盾にされ白鳥の言いなりになるしかない。

そして心筋細胞シートを貼り付けるという難手術を白鳥は見事に成功させた。ギフトの培養はこの手術が終わるまでとしていた藤巻だが、術後の治療と麻帆の体は白鳥の手の内にあるため、逆らえない。追い込まれていく藤巻は、思い余ってギフトで自殺を図ろうとするが、久留米が止める。そもそもギフトを持ち込んだのは久留米ではないかという疑惑をぶつける藤巻に久留米は、衝撃の告白をする — —!

あわせて読みたい
【グレイトギフト】3話ネタバレと視聴率|久留米女史(波瑠)の告白には裏がある⁉︎ 【グレイトギフト】3話ネタバレと視聴率|久留米女史(波瑠)の告白には裏がある⁉︎藤巻(反町隆史)がどんどん追い込まれていく中、ギフトと藤巻の関係をつかん...

4話のあらすじネタバレ

・久留米の告白の真意は
・院外感染で政財界の大物が3人殺される
・本坊がギフトで闇ビジネスを開始

4話のあらすじ

「藤巻先生が好きだから、放っておけない」

久留米穂希(波瑠)の告白に戸惑う藤巻達臣(反町隆史)だが、それは男女の恋愛感情ではなく「人間愛」だった。久留米は、白鳥が初めから藤巻を利用していたのではないかと考察、なぜ普通の患者である安田勝(小高三良)が狙われたのかも疑問だ。藤巻は久留米と一緒にギフトの真相を解明とギフトの活動を止める特効薬を開発することにする。

白鳥(佐々木蔵之介)は理事長に、藤巻と郡司(津田健次郎)は教授に昇進。早々に大学病院の改革に着手し、人員不足など労働環境を改善。より良い医療を実現していく。政財界の大物が3人、立て続けに急性心不全で死亡した。藤巻が培養していたギフトが、何者かによって盗み出されていたことが判明する。

4話のネタバレ

政財界の重鎮が立て続けに急性心不全で死んだことが不自然だと公安も捜査を進める。月足(濱正悟)からそれを聞いた神林(尾上松也)は、不安に思う。最大の被疑者=白鳥が愛娘・琴葉(中島瑠奈)の主治医であり、琴葉と同様のケースの難しい手術を成功させている。

ギフトをすり替えたのは、ラボの合鍵を持っている本坊()だった。杏梨の心をつかむために、金と権力が欲しい。そのためになら何でもやるし、自分はただギフトを売っただけと罪の意識も皆無などころか、ギフトでビジネス展開をしようと言い出す。白鳥から久留米を守るために断れない藤巻。麻帆の命を盾に郡司に脅され、本坊には偽物、郡司に本物のギフトを渡す。アルカナムで取引をしていた本坊から助けを求められた藤巻は駆けつけるが、そこでまた新たな殺人が起こってしまう。

あわせて読みたい
【グレイトギフト】4話ネタバレと視聴率!ギフトをビジネス化する本坊(筒井道隆)がクズ過ぎる 【グレイトギフト】4話ネタバレと視聴率!ギフトをビジネス化する本坊(筒井道隆)がクズ過ぎる!ギフトが闇ビジネスに使われ始める!人の命を救うために医者になった人...

5話のあらすじネタバレ

・郡司のカプセル殺人
・麻帆の退院と不倫、そして離婚
・鶴下看護師長の嫉妬と復讐
・白鳥が第4の殺人を実行

5話のあらすじ

藤巻(反町隆史)の目の前で、郡司(津田健次郎)が君島(高橋光臣)とその部下をギフトで殺した。そこには水溶性カプセルにギフトを仕込むというトリックがあった。遺体の処理は「アルカナム」の立花(市川知宏)が担当する。殺人事件にも死体の処理にも動じない杏梨(倉科カナ)は、客が困っていたら全力で力添えをすると言う。

ギフトで稼いだ金も郡司に奪われ、杏梨の沼にハマった本坊(筒井道隆)は、杏梨の本命・郡司への反撃を決意。理事長選の命取りとなる郡司の不倫スキャンダルをつかもうと躍起になる。しかし郡司は郡司で、ギフトのことを知りすぎてきた鶴下(片山萌美)の身を案じてしばらく距離を置いていた。

5話のネタバレ

郡司の不倫の証拠をつかもうとしていた藤巻は、郡司が自分の妻・麻帆とも関係があったことを知る。麻帆は離婚届を突きつける。すでにあかりとも相談済みだった。ずっと家族を顧みてこなかった自分のせいでもあるが、さすがの藤巻も自分でも驚くほどにショックを受けて落ち込む。

郡司と麻帆との関係を確信した鶴下は、白鳥を脅してギフトを手に入れ、復讐を仕掛けるが…。

あわせて読みたい
【グレイトギフト】5話のネタバレと視聴率!久留米(波瑠)は裏切り者? 【グレイトギフト】5話のネタバレと視聴率!久留米(波瑠)は裏切り者?闇の皇帝を目指して藤巻と本坊を牛耳る郡司。その郡司に反撃しようと企む本坊と共闘することにな...

6話のあらすじネタバレ

・藤巻が白鳥に反撃開始
・神林と共同戦線を組む

6話のあらすじ

妻と同期の裏切りを知り、傷心の藤巻(反町隆史)に、白鳥(佐々木蔵之介)は同志だとして、郡司(津田健次郎)、本坊(筒井道隆)、杏梨(倉科カナ)だけでなく、久留米(波瑠)を集めていた。白鳥の次の目標は医学系大学連合会議の議長の座につくこと。議長選に勝つための裏金を作るため、杏梨が持つ闇ルートでギフトを売りさばくと宣言する。

白鳥は麻帆(明日海りお)にギフトを贈ると藤巻を脅迫するが、悪事に加担してまでも必死に守ろうとしてきた麻帆に裏切られ、離婚まで切り出された藤巻はもはや怯まない。自らの意志でギフトを作ると宣言し、白鳥に“とんでもない交換条件”を出す。

「すべてを終わらせる」と決意した藤巻と久留米は、ギフトによる連続不審死を捜査する警視庁の元刑事・神林育人(尾上松也)に事件の全貌を密告。白鳥逮捕のために証拠を手に入れようと奔走する3人は、ギフトの闇取引を利用して白鳥に罠を仕掛ける。
 
そして、ついに真犯人が登場!「ギフトの創造者」を名乗る犯人から藤巻に電話がかかってくる!

1 2
グレイトギフト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次