【DCU】1話のあらすじ│横浜流星の憎悪の表情がヤバイ!

DCU1話

【DCU】1話のあらすじ

主演のドラマ【DCU】第1話が1月16日に放送されました。

放送後、瀬能陽生()がラスト急変!?憎悪の表情がヤバイ!

今回は 【DCU】1話のあらすじ・感想について!

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【DCU】1話のあらすじネタバレ

【DCU】1話のあらすじネタバレを紹介します。

15年前

15年前。 新名正義()と成合淳()は、佐久間(佃典彦)から「我々、海上保安庁と東都重工が共同で進めてきた船の自動運航システムの情報が外部に漏れた」と聞かされる。

リークしたのは東都重工海洋研究所の瀬能博士だという。さらに、海保の中に博士と通じる【裏切り者】がいるらしい…。

新名と成合は、博士の身柄を押さえるため泳いで船に近づく。

しかし電話を受けた瀬能博士は「やめろお!」と叫んだあと、息子・陽生 を海の中に投げた。

直後。船は爆発!!

爆風で新名と成合も負傷する。

あたりは暗くなっていた。

新名は成合を探して泳ぐが…博士の子供を見つけた。酸素ボンベがついていた。

新名は博士の子とロープで繋げて「すぐ戻ってくるからな」と、成合を探しに。

そのころ、成合は壊れた船に入っていて何かを探していた。

新名が近づいて、一緒に上へ。

「成合?探していたのはこれか?お前がスパイだたのか」と新名がカギをみせる。

船がさらに沈む!成合が沈む船のコードに引っかかって、沈む。

しかし博士の子とも繋がっており、救出が困難。成合は首を振って「離せ」と指示。

新名が潜って成合の手を離す。成合は海の底へ沈んだ。

DCUが発足

2022年。海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU」が発足する。

設立目的は、島国日本において海や河川で発生する事件の解決や、水際からやってくるテロなどからの防衛。いわば水際捜査に特化したエキスパート集団だ。

アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズとともに2年間の強化訓練を耐え抜いた精鋭6名の隊長となったのは、50歳を迎えた新名正義()。メンバーは以下の通り。

・海保のエリートで副隊長・西野斗真(高橋光臣)
・女性初の潜水士となった成合隆子(
・過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(
・ムードメーカーな森田七雄(岡崎体育)
・元特殊救難隊員の大友裕也(有輝)

DCUは海上・水中だけではなく陸上の捜査権限も与えられることになった。だが、そのことが警察関係者との間に溝を生んでいて…。

DCUが初捜査

DCUが初の捜査に向かったのは、群馬県のダム湖。数日前に上陸した大型台風によりダム湖内の水流が変わり、ある人物の頭骸骨の破片が発見されたのだ。

その人物とは京国建設の前社長・毛利新(もうりはじめ)。5年前、会社の金300億を横領し疑惑が浮上した途端、警察や報道の目を欺いて国外に電撃逃亡したと思われていた人物だ。

警察には手が出せない水深100メートルというダム湖の水底を、新名と瀬野の2人が潜水捜査する。

2人はリブリーザーの方法で潜る。自分の吐いた息を外へは捨てずシステムの中で再呼吸用に処理しながら循環させる。そうすることで効率的に長時間 潜ることができる方法で、海保でも新名と西野、瀬能の3人しか扱えない方法だ。

やがて遺体の一部を発見して…

捜査会議

DCUが発見した遺体の一部は、毛利新の頭蓋骨部分と一致した。死後 約1カ月経過している。

ダム付近の防犯カメラを過去2カ月にわたって調べたが怪しい人物は上がらない。

死因は塩酸の可能性が高い。

遺体は何らかの形で殺害されたのち、上流の吾妻川に捨てられ、そこからダム湖に流れ着いたものと考えられる。

容疑者は3人

容疑者として名前が挙がったのは…

●小山内正一(中村芝翫):京国建設の社長で、社長就任以前はダム事業を担当していた。●若林朱里(高梨臨):小山内の秘書でどこか陰のある人物。
●野田浩正(宮野真守):会社の金を使い込んだことが発覚し、ロシア出張時に失踪して現在も行方不明。

ダム建設に関わっていた疑惑の3人。

新名たちは、3人を調べていく。

群馬県警が担当する川の捜索が進まない。新名は川もDCUが捜索すると啖呵を切った。

すると県警の反感を買って捜査から撤退へ。

新名は「どんな手段を使っても」解決すると上司の佐久間(佃典彦)に告げた。

彼を忘れられない

新名のやり方に反発する西野。

西野は瀬能に、あいつに助けられた過去は嘘かもしれないという。

瀬能はカッとなり、西野と衝突。

・・・西野は爆発のショックで当時、新名に助けられた記憶がなかった。

成合隆子()はその爆発の時、兄を亡くしている。

DCU科学捜査班の黒江真子()が隆子を訪ねてきた。

隆子の兄のことを、新名も真子も忘れられない。

新名と真子は婚約中。籍を入れるだけだという真子だが、隆子は結婚式を挙げるよう勧めた。

釜めし屋

1か月前、小山内はサンフランシスコに出張中だった。アリバイがあった。

西野が、ダム付近の防犯カメラの映像を調べ直すと、京国建設の社員資料で見た顔を見つけたという。

それは小山内の秘書・ 若林朱里(高梨臨)だ。

朱里は、ダムの近くの釜飯屋へ行っていたと証言する。

その釜めし屋の息子・野田(宮野真守)は、朱里の元恋人だった。しかし今は行方不明だ。

新名と隆子が、その釜飯屋「野田食堂」へ。器から自分の窯で焼いてる珍しい店だった。

ダムに沈む前は焼き物が盛んな町で、泥炭(でいたん)がいっぱいとれたらしい。泥炭は燃える土で、昔はよく石炭の代わりにストーブとかで使われていた。

窯の光沢に気づいた新名。野田の父(誠直也)は「うちだけのオリジナル」だという。

野田(宮野真守)は日本にいる?

真子が調べたところ、窯の光沢を出すのには希塩酸という塩酸を薄めた薬品が必要、とわかる。(※塩酸は前社長の殺害に使われただろう薬品)

DCUはさらに捜査を進める。

野田の息子・浩正は、ダム建設側の一員だった。しかし当時の反対派組合員に、浩正が会社の情報を流していたとわかる。

さらに野田浩正は、 朱里(高梨臨)と連絡を取ってた可能性が出る。浩正は日本に帰って来ていて復讐しているのでは?

野田食堂の釜飯の釜に使う塩酸はいつも市外の薬品工場から取り寄せているが、その工場の防犯カメラに 朱里(高梨臨)が映っていた。

新名は、前社長の次に狙われるだろう小山内正一(中村芝翫) を見張っていると、 朱里(高梨臨) が現れた。共犯者もいたが・・・野田の父だった!?

小山内の秘密

朱里と野田の父が持っていた塩酸の瓶の中身は水だった。

2人は、浩正が殺されているのではないか、と疑っていた。

浩正がロシア行きの直前、会社の秘密をつかんだから、それと引き替えにダムを中止するよう小山内に交渉すると、朱里に語っていた。

朱里は秘書となりずっと調べてきて、ついに「秘密」:小山内が5年前、地元の組合長に裏金を振り込んでいた証拠を見つけた。

真相

新名は川を調べても遺体の一部が発見されないことに疑問を抱いていた。

「理由がわかった。遺体は初めから川に捨てられてなんかいなかった」と新名。

ダムの防犯カメラを避けて死体遺棄するのは困難だ。

前社長・毛利の遺体は、ずっとダムの中にあった。そして今も 水の中で眠ってるのだ。

DCUメンバーは、小山内の海外逃亡を防ぐため、遺体を発見へ潜る。

タイムリミット半日だったが、昔の野田食堂に目星をつけて、新名と瀬能が潜り、なんとか発見する。

取り調べ

新名は、小山内を取り調べる。1か月前、小山内にはアリバイがあるが…

殺人が行われたのは1カ月前でなく、5年前だった。

釜飯の窯を焼くのに使われていた燃える土「泥炭」の中に遺体が埋められていたので、腐敗は進まなかったのだ。 「泥炭」 は酢のような防腐作用がある。ダムの底は低温で酸素が少なくて保存効果もアップされた。

しかもダムの底から見つかった遺体は毛利社長じゃなく野田浩正だった。

小山内は不正を知られた浩正を、口封じに殺した。

5年前、小山内は横領騒ぎの渦中にあった毛利前社長を、野田浩正になりすましてロシアへ国外逃亡させた。

小山内は会社が提携していたホテルに野田浩正が宿泊していたことを知り、そこに毛利が潜伏していたと通報。警察はDNAサンプルを採取し毛利のものとして登録した。そのためダムで見つかった骨のDNAが毛利と一致した。

「殺害した証拠はあるのか?」と小山内。

野田浩正の遺体が小山内のパスポートの切れ端を握っていた。泥炭に守られ当時のままの形で残っていた。

遺体に残された凶器から犯人の指紋やDNAが検出されるのも時間の問題だ。

新名は小山内に告げる。

新名:「小山内さん、あなたが奪ったものは野田さんの命だけじゃない!
故郷を愛し守ろうとした彼の思い。
そしてその彼に汚名を着せたことで父親や婚約者から希望まで奪った。
この切れ端は故郷を思う彼の執念だ!
その執念にあんたは負けたんだ」

結末

公安の清水()は証拠をつかめる自信があったのか?と新名へ問う。

新名は「真実は 必ず水の中にある。水は 嘘をつかないからな」と言った。

霊安室にて。朱里と野田の父は「おかえり」と、野田浩正の遺体に声をかけ涙する。

雑誌に「警視庁公安 海保DCUの大活躍」と報じられた。

新名がリークした。手柄を公安に渡したからおこぼれをもらったのだ。佐久間は合格点をだす。

西野が早川次長に、新名のことで話しに行く。

瀬能は過去を思い出す。

冒頭シーンと逆で、成合()は「お前がスパイだったのか」と新名に言っていた?!

瀬能は新名のロッカーを開けて鍵を発見。「俺の父から盗んだ鍵だよな」と新名を責める。

新名「悔しかったら 思い出せ!記憶、思い出してみろよ

瀬能「俺は あんたを許さない!父のことも 成合さんのことも、その鍵のことも!全てを暴きだして明らかにしてやる

新名は「やれるもんならやってみろ」と瀬能を挑発して…。(つづく)

【DCU】1話の感想

横浜流星の憎悪の表情がヤバイ!

ラストのの憎悪の表情が「ヤバイ!」と視聴者絶賛!

あんなに隊長のことを慕っていたのに、まさかの闇落ち!復讐心がむき出しに!

いやあ、本当の記憶は一体なんなのでしょうね。

新名×瀬能がどうなってくのか今後も気になります♪

1話で気になった点(1)遺体の件

しかしまだ初回で人間関係の把握でいっぱいな上に、ミステリーだから謎解きで頭使いました。

DCU結成ですぐに事件現場へ。とテンポが良すぎます。

気になったというか分からなかったのは遺体のこと

序盤、「台風の影響で死体が移動したことによって今回一部が湖岸で発見された」とのことですが、遺体はずっと湖の中に沈んで腐敗していなかったのでは?

見返すと、小山内が野田浩正を刺した際、薬品が倒れてきて、浩正にかかりました。何か皮膚とか一部が剥がれたりして、窯の中の遺体に埋まらなかった?つまり窯の外に<遺体の一部>が出てたから湖岸に流れて行った?のでしょうかね?(笑)

1話で気になった点 (2)警察がポンコツ

そして警察がポンコツ!

警察は湖岸に流れた遺体の一部を鑑定して毛利と断定しました。

しかし登録したDNA鑑定が間違っていた、と。ずさんすぎるでしょ!(笑)

実際、そういう手違いあるかもしれませんが。

結局、毛利は野田浩正のパスポートでロシアへ出国したので、毛利はロシアで逃亡中ってことですよね。

もうそれは国外のことなので「DCU」にはどうしようもないですが、勧善懲悪になってないのが辛い。

紙切れを握りしめていたのは感動

遺体が証拠の紙切れを握りしめていた!という真相は感動的でした。

保存効果のある土、初めて知りましたし。勉強になります。

けど野田浩正が「ロシア出張のビザが下りました」と小山内へ言って、「小山内のパスポート」を見せてましたが…渡さずに交渉を始めて殺され、落ちたパスポートの端を破る…という展開。なんだか違和感がありました。

ぜ野田浩正は、小山内のパスポートの準備をしてたんでしょう?秘書がするものなんじゃ?浩正はダム建設プロジェクトの一員ですよね。ちょっと腑に落ちない展開でした。

と、ツッコミ出したら止まらないですね。きっと秘書から預かっていて交渉の材料のひとつにしてたんでしょう。


スケールは大きいものの分かりにくさもあり、まだまだどうなるか予測不能な本作。

今後の展開に期待です。

>>第2話

当記事画像出典:「DCU」公式HP

コメント