【ちむどんどん】75話|暢子・和彦が結婚、「祝福できない」とネット反響!

ちむどんどん75話

【ちむどんどん】75話(75回)

朝ドラ【ちむどんどん】第75話(第75回)が2022年7月22日に放送されました。

暢子・和彦がついに結婚へ。しかし放送後、「祝福できない」とSNSで反響が…。

今回は【ちむどんどん】75話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】75話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】75話のあらすじネタバレです。

暢子()と賢秀()、良子()、歌子()の四きょうだいは、ウークイの夜に母・優子()から過去の話を聞いた。

四人は思いを新たにしてそれぞれの人生の課題に向き合おうとしていく…。

賢秀・優子の決心

翌朝。賢秀は朝日に手を合わせて拝んでいる。みんな、まだ休んでいるが…暢子だけ起きてきて賢秀に声をかける。賢秀は「無性に働きたくなってな」と、一足早く実家を後にした。

決心が続けばいいんだけど…。

 

優子は善一()に再婚を正式に断る。

良子の決心

比嘉家に博夫()がやってきて、カレーを作ったのに御飯を炊き忘れたことを笑って話す。良子は真剣な顔つきでこう告げる↓

「ずっと考えてた。うちは、博夫さんのことが好きで、今でもずっと大切な人なわけ。だから、絶対にあきらめない。いつかまた、必ず3人で暮らしたい。博夫さんと晴海が、うちにとってかけがえのない家族だから。」

歌子も踏み出す

名護中央公民館にて。民謡勉強会に、歌子が初めて顔を出して、緊張しながらも挨拶した。

「比嘉歌子です。父が大好きだった、沖縄の民謡を歌えるようになりたくてきました。よろしくお願いします」

年配の方が多い中、若い歌子が入って来てくれて皆、嬉しいようだ。大きな拍手で迎えられた。歌子はほっとして笑顔になる。

歌子ちゃん。がんばれ!

両方つかみなさい

暢子は房子()に電話で明日帰ることを報告。そして房子に嘉手苅の活動をなぜ支援しているのか。どうやって知ったのか尋ねる。

賢三()が亡くなったときのやり取りで、優子から収集活動の件を教えてもらったという。房子は「それより」と切り出して、和彦と今後どうするのか尋ねる。暢子は仕事を優先したいと答えたが…

房子:「両方つかみなさい!仕事も、結婚も。つかみたくても、つかめなかった人の分まであなたは全部つかみなさい。諦めたら許さないから。わかった?命令は絶対だからね。」

「つかめなかった人」って房子さん自身のことね!

嘉手苅が遺骨収集する理由

悩む暢子は海の浜辺へ一人で向かった。すると暢子の前に現れたのは、和彦だった。ここに会える予感がしてやってきたようだ。

和彦が、遺骨収集をしている嘉手苅の取材に来たと言うと…暢子は母も活動を手伝っていることを話す。

和彦は優子に口止めされていたので驚いた。

和彦は嘉手刈にインタビューをできたことを、暢子に話す。

嘉手刈は奥さんとの間に子供がいなかったが、戦時中、逃げている途中の山の中で親と死に別れた女の子と出会った。何日か一緒にその子と逃げた。だがある時、激しい艦砲射撃に遭って、周りが何も見えなくなり夢中に逃げた。気が付いたら、握っていたはずの女の子の手を離していて、はぐれた。

はぐれる前、逃げ延びることができたら養子に取りたい…と嘉手刈は話していたのに。嘉手刈は、遠くで倒れているのが見えたのに、射撃が続いて、奥さんと逃げることで精一杯だった。

戦後。その場所へ奥さんと女の子を探しへ行った。しかし地形が変わるほど削られていて発見できなかった。嘉手苅は遺骨収集に批判もあるが、褒められるものとは思っていない。「自分はあの子をずっと探してるだけ」と嘉手苅は和彦に打ち明けた。

75話の結末

立ち上がり海を見つめる暢子。

和彦は暢子の手をそっと握る。

和彦:「僕は、この手を絶対に離したくない。嘉手刈さんの分まで、絶対に離したくないんだ。」

暢子:「夕べ、お母ちゃんがお父ちゃんとの出会ってからのこと、初めて話してくれた。うちは恋愛とか結婚には向いてないってあきらめていた。だけど、夕べ、当たり前のことに気づいたわけ。お父ちゃんとお母ちゃんが恋をして、幸せになりたくて、結婚してくれたから、うちは生きている。うちも幸せになりたい。 とことん。幸せになりたいく。幸せになりたくてなりたくて、ちむどんどんしている。絶対、何があっても諦めない。うち、和彦くんのことが好き。和彦くん、うちと結婚してください。」

和彦:「うん。結婚しよう。」

2人は両手を握り合いながらキスをして、抱きあった…。

(つづく)

【ちむどんどん】75話の感想

暢子・和彦が結婚、「祝福できない」とネット反響

75話は、比嘉家の四きょうだいが、それぞれの道を歩み始めました。

中でも驚いたのは、ヒロイン暢子と和彦の突然の結婚!

暢子が逆プロポーズはまあ、暢子らしいんですけど・・・

和彦の変わり身の速さにびっくり仰天です。節操ないというか・・・

愛ちゃんと別れて、ひと月も経過してないでしょうね。数日?数週間?

いや、あの「角力大会」のポスターには1978年8月13日(日)ってあったんですよ!!

で、おそらくその翌日8月14日に新聞社で愛が別れの手紙を渡したはず。(正確な日付は不明)

そして今回の「ウークイ」の日は、 1978年8月18日。

一夜明けてのプロポーズなので・・・8月19日。

つまり、8月14日に愛と別れてから、まだ5日後!!!

物語の中の時系列でもビックリな早さです。

和彦は前から暢子のことが好きで、愛のことをキープしてきた…一見優しい、ズルい男ですね 笑

暢子と智は、智の一方的すぎる片思いなので、別に振ってから早いとは思わなかったんですけどね。

さあ、次週は…暢子の最大の敵、和彦の母親が登場でどうなっていくのでしょうか?

74話<< >>76話(第16週

画像出典:NHK、スポニチ

コメント