【ちむどんどん】68話|愛の相談さえぎる和彦にネット「無理」の声!

ちむどんどん68話

【ちむどんどん】68話(68回)

朝ドラ【ちむどんどん】第68話(第68回)が2022年7月13日に放送されました。

愛の相談さえぎる和彦にネットでは「無理」の声が殺到して…。

今回は【ちむどんどん】68話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】68話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】68話のあらすじネタバレです。

和歌子にプロポーズ

暢子()と房子()は、フォンターナで見た家族の新しい門出の様子を肴に酒を酌み交わした。そこで、暢子は自分の店をやりたい気持ちがあることに気づいた。

1978年8月13日。沖縄県人会の遠足の日、当日。余興で『沖縄角力大会』が行われる。毎年お弁当が配られる。今年は暢子と和歌子(駒井蓮)が手作り弁当を作った。魚とゴーヤのてんぷらが入っている特製弁当だ。

暢子はいつか店を持ちたいと語る。和歌子はお嫁さんになることが夢だ。・・・立ち聞きしていた賢秀()は角力大会で優勝して、和歌子にプロポーズすると暢子に宣言。

愛のお別れフラグ?!

智()の初戦は和彦()だが、和彦は取材に来ただけと乗り気じゃない。

和彦に話があるからと愛()もやってきた。そして、暢子と一緒にお弁当を食べる。愛は、暢子のおかげで自分が何に「ちむどんどん」するか気づいたと感謝した。あの日、4人で過ごした夜を一生忘れないという愛。(暢子は全く気づいてないがお別れのフラグ?!

三郎()と金城順次(志ぃさー)は、智が角力大会に並々ならぬ意欲で参加する理由を聞いた。優勝したら暢子にプロポーズする、と…。智に口止めされたが、順次が和彦に、つづいて愛に教えてしまう。

愛の相談・和彦の分かったこと

愛と暢子が、和彦を発見。海を見ながら一人で弁当を食べていた。和彦は暢子の弁当が美味しいと褒めた。無邪気に喜ぶ暢子。「今まで食べた中で一番美味しいてんぷら」と、ちょっと過剰に褒める和彦。暢子は今度は無言。(このときの愛の表情は映されていません。気にしてますよね、きっと)

暢子は立ち去って、ひとりで海を見ながら、和彦のことを諦めたことをもう一度自分に言い聞かせる。

2人きりになった愛と和彦。愛が切り出す。

愛:「実は、相談があるんだけど…。昨日、田良島さんに呼ばれて…」

和彦:「やっと分かった。聞いてほしい。僕たちの結婚のことだけど、僕はやっぱり」

※和彦の「やっとわかった」という時の視線の先は遠くの暢子でした。そういうこと?

運悪く、このタイミングで、和彦は角力大会に呼ばれる。

68話の結末

智と和彦が対戦する。背中が先についた方が負けの相撲のようなものだ。

意外にも頑張る和彦。接戦に持ち込む。

無邪気に2人を応援する暢子。複雑な気持ちの愛。

そして、2人同時に倒れこむ。果たして判定は?

(つづく)

【ちむどんどん】68話の感想

愛の相談さえぎる和彦にネット「無理」の声

和彦が愛の相談をさえぎったり、暢子の弁当を過剰に褒める行動に対して「気持ち悪い(キモイ)」「生理的に無理」とSNSで批判殺到!

みなさん厳しいですね。でも素直な感想なんでしょう(笑)

1972年(昭和47年)5月に上京した暢子。1973年(昭和48年)に新聞社で和彦と再会しています。そのとき、すでに和彦と大野愛と付き合っていました。

68話時点の時代は1978年(昭和53年)。ということは最低6年目の付き合いなわけですよ。

こんなに長く待たせておいて、しかも女性差別について厳しいくせに・・・一番そばにいる女性の話を聞かない。大切にしていない。結婚の話が進んでいくのを、愛に任せたりしている。もうすべてが、なんていうんでしょうね。ズルい!

<愛をキープしている>ようにしか見えません。と、筆者も厳しく指摘したくなってしまいました。(笑)

果たして、愛と和彦の行方は?智は勝ってプロポーズできるのか?次回も注目♪

67話<< >>69話

画像出典:NHK、スポニチ

コメント