【相棒21】13話のネタバレ!薫'sヒントに「懐かしい」!

相棒21 ネタバレ13

【相棒21】13話のネタバレ!薫'sヒントに「懐かしい」!

【相棒21】13話が2023年1月18日に放送。

13話では画家の心中事件が発生。生き残った愛人の女、油絵に隠された真実とは?

薫(寺脇康文)のヒントが炸裂。ここから事件を解決していく展開は初期を彷彿とさせ、懐かしい。

今回の記事では【相棒21】13話「椿二輪」のネタバレ、感想をお伝えします。

【相棒21】配信情報

【相棒21】は放送後からAbemaTVで見逃し配信予定。

さらにAbemaTVでは一部の過去シリーズがレンタル可能です。

※ 全て2022年9月27日(火)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。

【相棒21】13話のネタバレ

絵画切り裂き事件発生

右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)と共に故人となった画家・牧村遼太郎の追悼展覧会を訪問。

2人は遺作となった『椿二輪』という油絵を鑑賞。牧村は自分と愛人を椿に例え絵を描き、心中をした。その為、牧村は“情熱の画家”と呼ばれるようになった。

右京は薫に『椿二輪』の感想を求める。

薫「正直言うと情熱を感じませんね。」

そんな中、男がナイフで『椿二輪』を切り裂く事件が発生。その際、客の男性に怪我を負わせる。薫が追いかけるも取り逃がしてしまう。

捜査一課の伊丹(川原和久)らが現場に到着。オーナーの薬師寺によると『椿二輪』を完全に復元するのは難しい、という。

心中は愛人による殺人?

更に牧村の妻・智子(中山忍)も到着。無残に切り裂かれた『椿二輪』を嘆く。

智子は愛人の女流画家・大宮アカネ(花澄)の差し金、夫は彼女に殺された、と訴える

3か月前、アカネと心中。牧村だけが死亡し、アカネは生き残った。

更に智子は「椿に描かれたのは自分。夫に愛を注がれていた」と主張する。確かに売れない牧村を支えていたのは智子。

牧村は胸にナイフを突き刺し死亡したのに対してアカネは神経毒を飲んだ。心中にしては方法が異なるのはおかしい。

翌日、右京と薫はアカネから話を聞く。牧村と出会ったのは昨年の4月。交際は秋まで続いたが彼は心のバランスを崩していった。

共に死ぬことで愛を永遠のものにしようとした、とアカネは妖艶に語る。

切り裂き事件は自作自演?

一方、伊丹達は『椿二輪』を切り裂いた男・小島純一を逮捕。小島は何者かに金で雇われていた。

右京と薫は再び展覧会へ。事件が話題になり、長蛇の列が出来ていた。

2人は薬師寺を問い詰める。切り裂き事件を起こすことで牧村の名前を高めようとしたのではないか(自作自演)、と

薬師寺は「大切な絵を傷つけてまでするなんてありえませんよ!!」と否定。証拠はないのでこれ以上は追及できない。

本当のモデルは誰?

右京と薫は牧村の特集が載った美術雑誌を読む。その中に椿のスケッチがあった。

2人はスケッチを元に寺にある椿の花を発見。住職がいうにはこの椿は遅咲き、3月には花は落ちてしまう。

右京は智子に牧村のスケッチを見せて貰いながら推理を披露。

牧村はだいぶ前から『椿二輪』の構想があった。アカネが牧村と出会ったのは去年の4月。この椿は3月に枯れてしまうのでアカネではありえない

牧村とは本当に恋愛関係だったのか?薫も同じ疑問をアカネにぶつける。アカネは「不愉快よ!!」と怒ってしまう。

右京は絵を入れずに飾られた額縁が気になる。美術雑誌の表紙から元々『椿二輪』を入れていたもの。

更に額縁の端にオレンジ色の繊維を発見する。

『椿二輪』の真実

右京と薫は展覧会で怪我をした梅田の元へ。実は梅田は本物の『椿二輪』を盗んでいた

額縁のオレンジ色の繊維は梅田の作業着のもの。一度は作業着にくるんで盗もうとしたが大きすぎて断念。絵だけ盗んだ。

右京と薫は梅田の自宅から本物の『椿二輪』を発見。眺められるように丁寧に飾られていた。

つまり、展覧会に飾ってあった『椿二輪』は贋作。智子が気が付かないのはおかしい

事件の真相

右京と薫は心中事件の真相にたどり着き、智子を問い詰める。

梅田が窃盗に入ったとき、牧村はすでに死亡していた。梅田は本物の『椿二輪』を盗んだ。

その後、智子と薬師寺は牧村の遺体と「自分の才能に絶望した」という牧村の遺書を発見した。

智子はアカネに偽装心中を持ち掛けた。心中が話題になれば多くの人の目に留まり、夫の才能が認められると思ったから。アカネも自分の名を売るために偽装心中に協力した。

更に薬師寺と共に贋作(アカネに描かせた)切り裂き事件も計画。目論見通り、ますます話題になり、多くの人が展覧会に訪れるようになった

13話の結末

右京は梅田が金銭ではなく『椿二輪』を盗んだ理由を聞かせる。心を動かされた。絵から力を貰い、真面目に働くことを決意した。

偽装心中などしなくとも牧村の絵には人の心を動かす情熱があった。智子は「私の夫は本物の芸術家だった」とする。

事件が終わり、薫は右京にどうして『椿二輪』が贋作だと気づいたのか?と尋ねる。

理由は薫が言った「情熱を感じない」という感想。そこから右京は『椿二輪』に違和感を持った

事件を解決できたのは薫が持つ自由な直観のおかげだった。

【相棒21】13話のレビューと感想

薫の何気ない一言(ヒント)が初期を彷彿

【相棒21】13話は自殺した画家の才能を世に知らしめるために心中を偽装したのが真相。

『椿二輪』に関わっていた人物ほぼ全てが犯人という珍しいパターン。

事件解決のきっかけになったのは『椿二輪』を見た薫の感想。薫は芸術をみるセンスがあるようです。

薫の何気ない一言がヒントになり、事件解決。初期の【相棒】らしい展開に視聴者は大盛り上がり。薫だから信じられる、という右京の信頼も感じます

過去には冷凍イカを食べた薫の味覚で事件を解決したこともありました(シーズン2第3話「殺人晩餐会」)。

【相棒21】13話のゲスト紹介

  • 牧村智子役:中山忍
    多くの刑事ドラマに出演。中山美穂の妹。
    【相棒】はシーズン11第16話「シンデレラの靴」以来、2度目の出演。
  • 大宮アカネ役:花澄(かずみ)
    『だから殺せなかった』中村香織役などに出演。
    アカネを演じる際の妖艶さは見どころの1つ。

次週予告

次回の【相棒21】は薫の愛する妻・美和子(鈴木砂羽)が襲われる事件が発生してしまいます。

2023/1/25(水)21:00~の放送をお楽しみに。

12話「他人連れ」<< >>14話「まばたきの叫び」

画像の引用元:テレ朝POST

コメント