2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【エール】97話のネタバレと感想!津田健次郎出演にファン歓喜!役名・犬井は乾から!?

【エール】97話のネタバレと感想!津田健次郎出演にファン歓喜!役名・犬井は乾から!?

久しぶりにあった久志(山崎育三郎)はプリンスの面影もなく酒と麻雀の日々。

そんな場面にナレーター津田健次郎のサプライズ登場にファン歓喜!

【エール】97話のネタバレと視聴率、感想について!

スポンサーリンク

【エール】97話の視聴率

【エール】97話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【エール】97話のネタバレ

前回のあらすじネタバレはこちら↓↓

久志(山崎育三郎)はやさぐれていた…

コロンブス・レコードにいる裕一(窪田正孝)と鉄男(中村蒼)。

もとの裕一が戻ってきてよかった、と鉄男。藤丸(井上希美)が入ってくる。現在はキャバレーで歌ったりときどきレコードを出したりしているという。

藤丸の手のケガ気にする鉄男。藤丸は2人に時間をもらい、久志(山崎育三郎)のアパートに連れて行く。

久志はすっかりやさぐれて、プリンスの面影もなかった。一升瓶を抱えて酒浸り。

裕一は福島の実家に手紙を送ったが宛先不明で戻ってきた、という。久志は裕一たちを連れてきた藤丸に文句をつける。

久志の実家は農地改革で土地も屋敷もとられてしまい、もっていた土地も二束三文で取られてしまったという。

戦争中は福島を慰問して歌っていたが、お父さんが亡くなってからは酒と博打でどうしようもない生活をしている。

ときどき食事を持ってきたりする藤丸も疎んじる。

藤丸は一人じゃどうしようもなくなって裕一たちに相談しにきたのだった。

裕一と鉄男は明日にでも久志と話すという。

翌日、裕一は闇市で麻雀をしている久志に声をかけるが、麻雀仲間の犬井(津田健次郎)らに追い出される。アパートで待つ裕一。でも久志は帰ってこない。

音は時間をかけるしかないかもね、と慰める。

高校野球の歌は「栄冠は君に輝く」に決定!

大阪の高等学校野球大会の歌詞選考会に参加する裕一。優秀な作品が多く、選考は難航していた。

裕一が選んだのは「栄冠は君に輝く」。一見勝った人に向けた歌のようだが、負けた人へのあたたかいまなざしも感じるいい歌だ。

勝ち負けではなく精一杯頑張ってる人たち全てに向けた温かい歌と裕一。高校球児みんなを応援できる歌を選んだのだった。

裕一は甲子園球場に立ち、球児の気持ちを思う。グラウンドで譜面を書き始める。

帰宅すると譜面を見た音が歌ってみる。

すごくいい!と音。

裕一は久志に歌わせたいという。立ち直るにはきっかけが必要。久志にはやはり音楽だろう。

久志のアパートを訪ね、「栄冠は君に輝く」を歌って欲しいと頼むが、「君の顔をみると気分が悪くなる」と拒絶される。

【エール】97話の感想

久志、やさぐれてるけど、言葉の端々に隠せない品の良さが出てた~
早く立ち直って(‐人‐)

やさぐれても久志は友達の事を「君」「この人達」と言ってて、「あんた」とか「こいつら」とか言わない所に育ちの良さを感じる。

すっかりやさぐれてしまった久志。いつも妖精のように現れて裕一を助けてくれた大切な友達です。今度は裕一が助ける番ですね。

津田健次郎登場がトレンド入り!役名はもしかして?

え”〜! 裕一を追い払う時にアップになったから!サプライズでしたね!

わーい!ドスの効いたイケボで確信しました

ツダケンさんいたんですか⁇久志に夢中すぎて気付かんかった疲れた顔夜のBS再放送で確認します‼︎

ナレーション担当の津田健次郎さんが久志の麻雀仲間で出演していましたが、暗いシーンだったし久志に気を取られて見逃してしまった人、声で気づいた人、さまざまな声が上がりました。

犬井という役名は、もしかして「テニスの王子様」の乾から!?

エール
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】