2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【朝ドラエール】35話の視聴率とあらすじ!志村けんのシリアス演技が話題!

エール35話

https://mantan-web.jp/article/20200513dog00m200058000c.html

【朝ドラエール】35話の視聴率とあらすじ!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第35話が2020年5月15日(金)に放送されました。

裕一(窪田正孝)は、必死で作曲を続けるが、どうしても曲が採用されずにますます追いつめられていく。一方、音は「椿姫」の記念公演のオーディションにチャレンジして…。

今回は【朝ドラエール】35話の視聴率とあらすじネタバレについて。

朝ドラ【エール】のキャストとあらすじ!窪田正孝主演、二階堂ふみヒロイン!
朝ドラ『エール』のキャストとあらすじ! 2020年4月スタートのNHK朝ドラ第102作(連続テレビ小説)は『エール』。 主演は窪田正孝、ヒロインは二階堂ふみが務めます。 今回は朝ドラ『エール』のキャストとあらすじなどについて。 生糸輸出量世界一となった明治42(1909)年。福島の老舗呉服店に、古山裕一が誕生した。…
朝ドラ【エール】のネタバレと視聴率一覧!最終回まで最新情報まとめ!
窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』は2020年3月から同年11月まで放送。作曲家・古山裕一(窪田正孝)と歌手・音(二階堂ふみ)夫婦の物語を描きます。モデルは東京オリンピック(1964)開会式の「オリンピック・マーチ」も手掛けた作曲家。2020年の五輪は延期となったものの、朝ドラから全国へ「エール」を送ります!今回は 朝ドラ【エール】のネタバレと視聴率一覧などについて紹介します。
【朝ドラエール】第7週のネタバレあらすじ!「夢の新婚生活」
朝ドラ【エール】第7週のあらすじネタバレ!窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第7週「夢の新婚生活」が2020年5月11日(月)から5月15日(金)まで放送!今回は 朝ドラ【エール】第7週のあらすじネタバレについて紹介!裕一(窪田正孝)は上京して、音(二階堂ふみ)と新婚生活をスタートさせた。みんなに認めてもらったわけ…
スポンサーリンク

【朝ドラエール】35話の視聴率

【エール】35話の視聴率は21.2%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【朝ドラエール】35話のあらすじ

あらすじ

裕一(窪田正孝)の契約が小山田(志村けん)からの推薦で決まったことを知った裕一は、ある日サロンで偶然見かけた小山田に意を決して話しかけるが、あらためて自分がまだ曲を出せていない現実に直面する。早く結果を出さないと小山田の顔に泥をぬることになると、とりつかれたように仕事に没頭する裕一。一方、音(二階堂ふみ)は音楽学校の記念公演「椿姫」の主役選考会にチャレンジする…。

出典:テレビ番組表

あらすじネタバレ

裕一は「…小山田先生! は…初めまして。あの…こ…古山裕一です! えっと…えっと…あの…わ…私 あの…よ…幼少の頃から 先生…先生の本で あの 音楽の勉強を…。」とどもりながらも声をけた。「何だね、君は」と言われ、「ありがとうございます!いつか、先生と同じ青レーベルで音楽を書けるように精進してまいります!!」と必死に声をかけた。

小山田は「古山君。赤レーベルではどんな曲を出したのかな?君は赤レーベル専属の作曲家だよね?」と尋ねてくる。

「じ、実はまだ採用には至らずで…。」と答える裕一に、返事をせず小山田はたくさんの付き人と共に帰ってしまう。

それからの裕一は夜も寝ず、小山田先生の顔に泥をぬることになると、とりつかれたように仕事に没頭する。しかし、出来上がった曲は廿日市(古田新太)に「こんな音域で歌う人間いるか」と酷評されてしまった。

一方、音(二階堂ふみ)は音楽学校の記念公演「椿姫」の主役選考会にチャレンジする。千鶴子に対しても「今の私は千鶴子さんの足元にも及ばないかもしれない。でも、やらないで後悔するよりやって後悔する方がいいから。よろしくお願いします。」と宣言した。

その頃、裕一は喫茶バンブーで作曲しながら、コーヒーのおかわりを続ける。心配する恵(仲里依紗)に、保(野間口徹)は5杯目から麦茶を出していると伝えた。

音の選考会当日。裕一が胃痛で倒れた。医者に来てもらうと「何か悪いもの食べましたか?あるいは、刺激物を摂ったとか。」という。恵と保はコーヒーのことだと謝った。

裕一は「俺のことはいいから学校行って。き、今日、選考会でしょ。」と音を行かせる。…急いで選考会が行われる部屋へ入った音だが、遅刻のため選考会の資格は失効となると言い渡された。

そこで、千鶴子が「教官。わたくしの時計はまだ8時59分を指しています。」さらに久志(山崎育三郎)も「僕の時計もです。さあ、どうぞ。」と助けてくれて参加を許された。

そして一次選考の合格者10名が発表されるとそこには千鶴子の名前とともに音の名前も!帰り道、久志に会った音は裕一の苦悩について相談をした。「分かった!僕に任せておいて」という久志。

数日後。裕一の家に学生服を着た男たちがやってきた。「私、早稲田大学応援団5代目団長!田中貴であります!」と男(三浦貴大)が自己紹介をしながら裕一に迫り・・・。

【朝ドラエール】35話の感想

裕一が胃痛で倒れるという展開、とともに音の一次突破な回。

そして注目の小山田(志村けん)と裕一の初対面はとてもシリアスでしたね。

結果的に小山田に追い詰められる展開でした。なぜ裕一は流行歌向けのレーベル(赤レーベル)で書くのでしょう。

若い芽を摘む策略か?それとも、西洋音楽レーベル(青レーベル)より大衆向けのほうが向いていると見抜いているのか。

聞く人を喜ばせる音楽の本質を身に着けさせるため?

善か悪か、敵か味方か、よく分からない不気味さが、志村けんさんの演技もあり醸し出されていますね。

ラストでは早稲田大学の応援団たちが裕一のもとへ!

これはチャンス到来、早稲田の応援歌の作曲につながる展開です。

苦悩するストーリーばかりでは滅入るので、はやく曲を聞かせて欲しいです。

【朝ドラエール】基本情報

【番組タイトル】連続テレビ小説「エール」

【出演】窪田正孝,二階堂ふみ,志村けん,仲里依紗,野間口徹,山崎育三郎,三浦貴大,小南満佑子,加弥乃,清水葉月,金澤美穂,高田聖子,一ノ瀬ワタル,大門崇,菅原健,斎藤嘉樹,ほか

【脚本】清水友佳子

【語り】津田健次郎

【音楽】瀬川英史

【放送局:放送時間】

  • NHK総合:月~土 あさ8時~、(再放送)午後0時45分~(土曜はバナナマン日村さんによる解説回)
  • BSプレミアム:月~金 あさ7時30分~(再放送)午後11時~
  • BSプレミアム(1週間まとめて再放送):土曜 あさ9時45分~午前11時
  • 毎週日曜 午前11時~11時15分:NHK総合で土曜の回の再放送。

※放送は変更される場合があります。

エール
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】