【高嶺の花】5話のネタバレと視聴率!石原さとみの決断のキーワード罪悪感とは?

高嶺の花表紙2

【高嶺の花】5話のネタバレと視聴率!

石原さとみ主演の日本テレビ系・水曜ドラマ『高嶺の花』第5話が2018年8月8日に放送されました。

5話はもも(石原さとみ)の母の死の真相が明かされる!

ももが決断したキーワード・罪悪感とは?

今回はドラマ『高嶺の花』5話の視聴率・あらすじネタバレ・感想・キーワードの罪悪感について。(※放送を見逃した方はHuluがオススメ)

2018年7月期の水曜ドラマは『高嶺(たかね)の花』 主演は、石原さとみ!相手役は峯田和伸。原作なしでおくる、美女と野獣の格差…
【高嶺の花】5話のあらすじ・動画! 石原さとみ主演×野島伸司脚本で話題の水曜ドラマ『高嶺の花』(日テレ系)。 第5話が2…
スポンサーリンク

【高嶺の花】5話の視聴率

高嶺の花5話1

【高嶺の花】5話の視聴率は、8・2

前回の4話から1・0ポイントのダウンとなりました。

【高嶺の花】の視聴率と最終回ネタバレ! 主演・石原さとみ(『アンナチュラル』)×脚本・野島伸司(『彼氏をローンで買いました』)…

【高嶺の花】5話のあらすじネタバレ

月島もも(石原さとみ)が破門覚悟の結婚へ

月島もも(石原さとみ)直人(峯田和伸)は一夜を共にし、恋人関係を深めた。

ももは、家族に紹介するため直人を月島家に招いた。

ももは、市松(小日向文世)に、直人と結婚するので異母妹・なな(芳根京子)を次の家元にしてほしい、と告げた。

市松は、家元の意向にに背(そむ)くなら破門にすると言い渡した。

ななと龍一/直人と高井/ももと真由美/吉池と家元…

ももは龍一に会いにいき、「ななを泣かせたらあんたも泣かすよ」と脅した上で、家元になるななを守ってあげてほしいと頼んだ。

一方、ななは、龍一(千葉雄大)が自らの母・ルリ子(戸田菜穂)と密会を重ねているとは露知らず、龍一への思いを深め、彼の企みも受け入れていく…。

直人は月島家の運転手・高井(升毅)から手切れ金で身を引くように迫られる。話しを聞いていた秋保(髙橋ひかる)が激怒。高井を追い返した。

そんな中、吉池(三浦貴大)の妻・真由美(西原亜希)がももに会いに来た。夫がいなくなったという。謝罪をするが、実は喜んで命令を受け入れたという。ももは冷静に受け止め、連絡が来たら家に帰るように説得すると伝えた。

そのころ、吉池が月島家に現れ、市松に12針を縫う大ケガを負わせて逃亡する。

ももはキャバ嬢をしていたが…連絡があり、慌てて病院に駆けつけた。市松はお風呂場で転んだことにしていた。

イルカ(博多華丸)への電話…

直人は、日本一周中の宗太(舘秀々輝)が謎の男・坂藤イルカ(博多華丸)のもとにいると知り、電話した。電話に出たのはイルカ。本人・宗太は絵を描いているという。イルカは元・美術の教師だった。直人は犯罪者かどうか心配で、スマホを通してイルカの顔を見てみた。大丈夫と思う顔だった。

母の真相とももの決意 / そのころ、直人は…

家元は、ももにだけ吉池が殴打してきたことを話した。市松はももの母の話しをする。胎盤に問題があったが、「自分の命に代えても産む価値がある。この世に生きた証しとなるのだから奪わないでください」と言って、毅然と産み、やすらかに微笑みながら逝った。

母の頼みだから、ももの才能をつぶすことはできない。だから、市松はももと吉池の結婚をつぶしたのだ。母の願いを知ったももは涙した。

ももは罪悪感が必要なことも理解し、もうひとりの自分を取り戻すことを決意。宿命だから、と。


高井がお詫びに佳代子(笛木優子)のスナックにやってきた。ももは母を生まれたときから知らない、と始めた。ももの出産のために命を落とした、という。とても受け止められないだろうと告げる。…佳代子は高井の意見は男の言い分だ、と全否定。ノープロブレムと励ます。

そのころ、ななと母・ルリ子は支援者を集めていた。吉池はももの自宅に来る。「離婚するから僕を愛してほしい」とももを抱きしめる…。

朝。直人が起きると…

朝。直人が起きると、ももが勝手に家に上がっていって、台所で朝食を作っていた。直人の亡き節子によると朝から上機嫌な女は亭主に抱かれたか、何か狙いがあると言っていた…

回想:節子「夫婦間は不機嫌なくらいが安心できていい。意味不明なご機嫌や点数稼ぎには要注意。ごまかしてるのよ、嘘と裏切りを」

食卓を囲む直人ともも。何でもももに合わせている直人だったが、風間家で受け継がれている指輪を桃の前に差し出す。ももは玉手箱じゃないか、と冗談交じりに疑う…

もも「わたし、白髪のおばあちゃんになっちゃう?お祖母ちゃんは、嫌だよ」

直人「大丈夫です。それでも、愛します」

もも「(開けて)これって」

直人「人魚の涙から産まれました」

「アクアマリン」ももは指輪をはめて天にかざし、涙した…。

【高嶺の花】5話の感想

キーワードは罪悪感!?

【高嶺の花】のキーワード”罪悪感”について

罪悪感という意味不明ワードにダブる朝ドラ『半分、青い。』

華道の家元になるためには罪悪感が必要。

罪悪感とは何?……見ていて分かったような・分からないような、その道を究める世界観の話しで、視聴者も混乱。

朝ドラ『半分、青い、』でも妻子がいると満足して、映画監督の道を究められないと言っていた涼次(間宮祥太朗)の姿がダブる展開です。

朝ドラでも両立できないのか、と賛否あった展開。【高嶺の花】スタッフ、特に脚本・野島伸司も賛否両論は当然として、このテーマを自由に描かせてもらっている感じです。

『高嶺の花』を理解するためのキーワード”罪悪感”とは?

個人的な解釈では、『半分、青い。』『高嶺の花』でいう罪悪感とは……背水の陣、後がない感じ、切羽詰まる感覚のことな、と思います。

結婚しての家庭生活や恋にうつつを抜かさず、その道だけに集中する。

そうして一流になる(映画監督や家元)ために、罪悪感を持って退路を断つ。負の感情が創作のエネルギーともなりますし。

そうまでしないと家元になれないのか、とは理解しがたいですが…。

【高嶺の花】5話のまとめ

『高嶺の花』5話は、賛否両論の意外な展開でした。

次回予告では結婚式で何かが起きる!?

プーさんこと直人が捨てられるのか?第1章の最終回ということから一度別れそうな勢いです。

次回第6話は8月15日(水)よる10時から放送!注目です。


記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク