ドラマ【この世界の片隅に】キャストとあらすじ!ガッキー以来の主演女優は?

スポンサーリンク

その他のキャスト一覧

村上虹郎(役:水原哲)

この世界のキャスト19

登場人物:水原哲(みずはら・てつ)……すずの幼なじみ。海軍に志願して水兵となる。すずとは、お互いに淡い恋心を秘めていたもよう。

キャスト:村上虹郎(むらかみ・にじろう)……1997年3月17日生まれ。父は俳優の村上淳、母は歌手のUA。2015年、スペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でドラマ初主演を務めた。以降、ドラマ『デッドストック〜未知への挑戦〜』アニメ『いぬやしき』で主演を務めるなど活躍中。

・TBS日曜劇場への出演は『仰げば尊し』(2016年7月期)以来、2年ぶり。本作では、役のため人生初の丸刈りにした。撮影前に海上自衛隊の訓練にも参加したという。

・片想いの人は学生時代ずっといたから、片想いの役はお手のもの(?)(2018.7.14「開幕!真夏のドラマ祭!」より)

・シュタイナー教育を実践する小中高一貫のシュタイナー学園の出身。俳優の斎藤工が2期生で村上は17期生。中学2年までで、その後、沖縄の公立中学に転入している。

・早見あかりと誕生日が一緒。/母UAのへその緒を切ったことがある。妹を産んだ時。自身が中1のころ。/“総理”(響心SoundsorChestrA)と仲が良く、カンボジア旅行もした。/中学時代に自宅が全焼。親指が焦げたらしい(?)(「A-Studio」2018.8.10より)

伊藤沙莉(役:刈谷幸子)

登場人物:刈谷幸子……ドラマオリジナルキャラクターで、北條家の隣に住む。

キャスト:伊藤沙莉(いとう・さいり)は、1994年5月4日生まれの24才。岡田惠和脚本の朝ドラ『ひよっこ』に出演。2018年1月期は連ドラ『いつまでも白い羽根』にレギュラー出演。

土村芳(役:堂本志野)

この世界のキャスト13

登場人物:堂本志野……北條家の近くに住む、夫が出征中の主婦。

キャスト:土村芳(つちむら・かほ)は、1990年12月11日生まれの27才。朝ドラ『べっぴんさん』や 『恋がヘタでも生きてます』に出演した若手女優。ゴールデンプライムタイム(19-23時)帯で全国ネット放送の連ドラレギュラーは初。

ドロンズ石本(役:浦野十郎)

この世界のキャスト11

登場人物:浦野十郎(うらの・じゅうろう)……主人公・すずの父。かつては海苔の養殖をしていたが、工業港建設で海が埋め立てられ廃業。埋立地に建てられた工場に勤めている。

キャスト:ドロンズ石本(ドロンズいしもと)……1973年10月11日生まれ。広島県広島市出身。マセキ芸能社所属のお笑いタレント。ドロンズのコンビは解散している。かつて、バラエティ番組「進め!電波少年」で「アメリカ大陸縦断の旅」に挑戦し話題になった。

久保田紗友(役:浦野すみ)

この世界のキャスト7

登場人物:浦野すみ…ヒロイン・北条(旧姓・浦野)すずの妹。

キャスト:久保田紗友(くぼた・さゆ)は、2000年1月18日生まれの18才。BS-TBSのドラマ『神様のイタズラ』(2013)主演・主題歌担当、映画『ハローグッバイ』(2017)で長編映画初主演と活躍。連ドラのレギュラーは『過保護のカホコ』(2017・日本テレビ)以来1年ぶり。

新井美羽(役:浦野すず)

登場人物:浦野すず(幼少期)

キャスト:新井美羽(子役)(あらい みう)……2006年9月17日生まれ。大河ドラマ『おんな城主 直虎』(2017) おとわ(幼少期)役、朝ドラ『わろてんか』(2017年度後期)藤岡てん(幼少期)役など、国民的ドラマで主人公の幼少期を演じている。

稲垣来泉(役:黒村晴美)

この世界のキャスト4

登場人物:黒村晴美(くろむら はるみ)……径子(尾野真千子)の娘。国民学校初等科への入学を控えている。母とともに北條家に同居。すずに懐く。空襲のあと、すずと一緒にいて時限爆弾に巻き込まれてしまう…。

キャスト:稲垣来泉(子役)(いながき くるみ)……2011年1月5日生まれ。NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』では水田家の娘を演じ、ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』(2016年10月期)では主演・菅野美穂の娘・高野そら役を演じた。

浅川大治(役:北條周作)

浅川大治

登場人物:北條周作(幼少期)…すすの夫になる。

キャスト:浅川 大治 (あさかわ・だいじ)…2008年06月24日生まれ。テアトルアカデミー所属の子役。日曜劇場「ごめん、愛してる」(TBS、2017年) で律の幼少期役、大河ドラマ「西郷どん」第24回・第25回(NHK、2018年)にも出演するなど活躍中。

二階堂ふみ(役:白木リン)

この世界のキャスト18

登場人物:白木リン……謎多き遊女。すずと同じく広島の出身

キャスト:二階堂ふみ(にかいどう ふみ)……1994年9月21日生まれ。沖縄県那覇市出身。2011年、第68回ヴェネツィア国際映画祭の『ヒミズ』で、最優秀新人賞に相当する賞を受賞。ドラマでは少ないが映画主演は多数。2018年、NHK大河ドラマ『西郷どん』では愛加那役で出演。

・女子高生の制服が好き。理由は輝かしく美しく、まぶしいため。特にセーラー服が好き。制服で何となく学校も分かる。高校も制服で選んだ。都内でセ―ラー服着用の高校名を4つ挙げるクイズで、15秒中7秒残して素早く答えた。(「東京フレンドパーク」2018.7.2放送より)

・「すごく二階堂さんは素敵な方。リンは漫画から出てきたよう。すごく学ばせてもらっています」と松本穂香がコメント。役への向きあい方が貪欲と松坂桃李も二階堂ふみを評価し「裏でどんだやってるか知らないですけど僕は感じるんです」とコメント。(2018.7.14「開幕!真夏のドラマ祭り!」より)

・役・作品について「すずとタイプが違う女性が描かれていて、すごくステキな作品だな」と二階堂ふみがコメント。(2018.7.14「開幕!真夏のドラマ祭り!」より)

木野花(役:刈谷タキ)

この世界のキャスト11

登場人物:刈谷タキ……すずが嫁いだ北條家の隣に住む刈谷幸子の母

キャスト:木野花(きの はな)……1948年1月8日生まれ。朝ドラ『あまちゃん』ドラマ『女囚セブン』ほか多数出演するベテラン俳優。

塩見三省(役:堂本安次郎)

この世界のキャスト12

登場人物:堂本安次郎……北條家の近くに住む堂本志野の祖父

キャスト:塩見三省(しおみ さんせい)……1948年1月12日生まれ。朝ドラ『あまちゃん』の「琥珀の勉さん」から映画『アウトレイジ ビヨンド』の凄味のあるヤクザ役まで幅広く活躍している。

田口トモロヲ(役:北條円太郎)

この世界のキャスト16

登場人物:北條円太郎 (ほうじょう・えんたろう)……周作の父。すずの舅(しゅうと)。

キャスト:田口トモロヲ(たぐち・トモロヲ)は、1957年11月30日生まれの60才。ドラマ『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』の6人の名脇役のひとりとして出演。

仙道敦子(役:浦野キセノ)

この世界のキャスト6

登場人物:浦野キセノ……すずの母

キャスト:仙道敦子(せんどう のぶこ)……1969年9月28日生まれ。1990年代、TBSの連続ドラマ『ホットドッグ』『クリスマス・イブ』『卒業』など主演クラスを多く務めた。連続ドラマへの出演は、『徹底的に愛は…』(1993年10月期)以来で、約25年ぶりとなる。

伊藤 蘭(役:北條サン)

この世界のキャスト17

登場人物:北條サン……周作の母。すずの姑(しゅうとめ)

キャスト:伊藤 蘭(いとう・らん)は、1955年1月13日生まれの63才。伝説のアイドル、元キャンディーズのメンバー。夫は俳優の水谷豊、長女の趣里は2018年4月期の日曜劇場『ブラックぺアン』にレギュラー出演。親子で日曜劇場2期連続出演になります。伊藤自身の日曜劇場出演は『誰よりもママを愛す』(2006年7月)以来実に12年ぶり。

宮本信子(役:森田イト)

この世界のキャスト5

登場人物:森田イト……すずの祖母。不器用なすずの優しさを誰よりも理解し、陰ながらすずを見守り続ける。

キャスト:宮本信子(みやもと のぶこ)……1945年3月27日生まれ。『マルサの女』『ミンボーの女』ほか、夫の故伊丹十三監督作品に多数主演した。

本ドラマの脚本・岡田惠和作品では、『奇跡の人』『ひよっこ』(ともにNHK)、『私という運命について』などに出演している。

次ページ: ”朝ドラ”から”日曜劇場”のキャスト一覧/脚本/音楽…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク