【罠の戦争】のネタバレあらすじを最終回まで!黒幕の意外な正体は?

罠の戦争2023

【罠の戦争】のネタバレあらすじを最終回まで!黒幕の意外な正体は?
2023年1月期のフジ/カンテレ月10ドラマ【罠の戦争】のあらすじ・ネタバレをまとめていきます。
草彅剛扮する議員秘書・鷲津亨と、その妻(井川遥)が息子の復讐を果たす犯人と黒幕はいったい誰か!? 登場人物名に事件の真相のヒントがある?

【罠の戦争】のキャストと相関図!草彅剛主演・復讐シリーズ最新作!
【罠の戦争】のキャストと相関図!草彅剛主演、復讐シリーズ続編が6年ぶりにスタート!カンテレ“復讐シリーズ”待望の最新作。草彅剛の議員秘書が復讐する理由は? 事件の犯人とラスボスは?ドラマ【罠の戦争】のキャスト・登場人物・相関図・スタッフ・放送予定など最新情報をお届けします。

【罠の戦争】のあらすじネタバレ

【罠の戦争】のあらすじネタバレを一覧にまとめていきます。詳しいネタバレは放送後にアップします。

1話のあらすじネタバレ

あらすじ
鷲津亨(草彅剛)は、衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)の第一秘書。20年前、路頭に迷っていたところに手を差し伸べてくれた犬飼に恩義を感じ、以来命がけで尽くしてきた。

犬飼は、付き合いの良さと得意の土下座、亨の献身的なサポートにより与党・民政党の議員として内閣府特命担当大臣にまで上り詰める。しかし女性軽視発言から世論の強い反発を招き、鶴巻憲一幹事長(岸部一徳)や厚生労働大臣の鴨井ゆう子(片平なぎさ)、内閣総理大臣の竜崎始(高橋克典)からも距離を置かれている。

犬飼の大臣就任後初の政治資金パーティーが開催された。謎の青年・蛯沢眞人(杉野遥亮)も、招待客に紛れ犬飼の様子をうかがう。パーティーの最中に、亨は妻の可南子(井川遥)から、中学生の息子・泰生(白鳥晴都)が何者かによって歩道橋から突き落とされて意識不明の重体だと知らせが入る。

息子は何らかの事件に巻き込まれかと心配する亨は、翌日、刑事から事故の可能性を告げられ、犬飼大臣から思いもよらない要求を突きつけられて・・・。

詳しいネタバレはこちら↓↓

【罠の戦争】1話|草彅剛の熱演に「つよぽん、おかえり」の声!
【罠の戦争】1話|草彅剛の熱演に「つよぽん、おかえり」の声!1月16日、草彅剛が6年ぶりに民放連ドラ主演を務める【罠の戦争】が始まりました。円熟した演技で魅せた草彅剛に「つよぽん、おかえり」の声がSNSをにぎわせました。今回は、【罠の戦争】1話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想とレビューについて。

2話のあらすじネタバレ

あらすじ
鷲津亨(草彅剛)は、まず犬飼大臣(本田博太郎)の政策秘書・虻川(田口浩正)を排除するべく罠を仕掛ける。女性秘書に対するパワハラ、亨が釈明会見での原稿をすりかえたことで、犬飼のイメージを失墜させるミスを連発する虻川だが、それでもクビにならないのは、事務所の金庫番で裏帳簿を握っているから。
亨と眞人はその裏帳簿を手に入れようと画策。虻川の性格を利用して何重にも罠をかけていく。

詳しいネタバレはこちら↓↓

【罠の戦争】2話のネタバレと考察!亨の「俺のせい」の意味は?
【罠の戦争】2話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想とレビュー!自覚のないクズ・虻川への復讐にスカッと!亨の「俺のせい」の意味は?1月23日放送の第2話では、亨(草彅剛)は虻川(田口浩正)を排除する。眞人(杉野遥亮)が復讐に加担する理由も判明。さらに泰生を突き落とした犯人の手がかりが!

【罠の戦争】登場人物の名前に意味がある?

【罠の戦争】の登場人物の苗字には、主人公の津をはじめ、鳥の名前、動物や昆虫などの名前がついています。誰が味方か敵か、また力関係など事件の真相に近づく手がかりが隠されているのかもしれません。それではグループ分けしてみましょう。

グループ登場人物
鳥の名前
(空を飛ぶ動物)
津亨(草彅剛)・津可南子(井川遥)・津泰生(白鳥晴都)
野聡史(小澤征悦)・
井ゆう子(片平なぎさ)・ 巻憲一(岸部一徳)
動物の名前
(陸に棲む動物)
飼孝介(本田博太郎)・飼俊介(玉城裕規)・
谷由貴(宮澤エマ)・田正和(飯田基祐)
水中・水辺に棲む
生物の名前
沢眞人(杉野遥亮)・原梨恵(小野花梨) ・
川勝次(田口浩正)・沼永太(坂口涼太郎 )    
水中・空中にいる
架空の生き物
崎始(高橋克典)

空を飛ぶ鳥の仲間は味方なのか?この中では鷲津のワシがいちばん強そう。

陸上の動物は敵か味方か?

水中・水辺の生物は、ほかのグループに比べて弱い。川のアブはハエの仲間なので、セクハラだけでなく、いろいろ嗅ぎ回ったりしているかも。原梨恵のホタルは成長期は貝を食べるが、成虫になるときれいな水しか飲まない。沼との関係はまだわかりませんが、正論好きなので正義感の強い人物なのではないかと思います。

ただ1人、水中に棲み、空を舞うグループの崎始は、内閣総理大臣なのに優柔不断でどっちつかずの行動を取るのではないでしょうか。

ただ、『銭の戦争』は色、『嘘の戦争』は数字がそれぞれの登場人物の名前に入っていましたが、それが敵味方を分けていたわけでもありませんでした。

でも今回は何かあるかも? 名前と力関係の構造の考察は、ドラマを見ながら更新していきたいと思います。

【罠の戦争】の最終回・結末予想

放送前なので情報が少ないのですが、1話のあらすじから黒幕予想をしてみましょう。

鷲津亨(草彅剛)の息子・泰生(白鳥晴都)の事件を揉み消せと鷲津に指図したことから、犬飼大臣(本田博太郎)が関わっていることは明白です。

その理由は犬飼が大臣秘書官に任命した息子の俊介(玉城裕規)が、地元の建設会社から不正な金を受け取っているという疑惑に関係しているのではないでしょうか。

でも、犬飼が黒幕だったらつまらないので、このことを鷲津にチクった、黒幕としては長年の友人で二世議員の鷹野聡史(小澤征悦)が怪しいですね。

草彅剛主演の復讐・戦争シリーズは、“裏切り”もテーマの1つになっているので、鷲津の息子を突き落とした実行犯が別にいるとしても、味方&友達ヅラした鷹野が黒幕ではないかと予想します。

【罠の戦争】は1月16日(月)よる10時からフジテレビ・カンテレ系で放送スタート!
ぜひお見逃しなく!

【冬ドラマ一覧】2023年1月スタートの新ドラマ情報まとめ!〔47番組掲載中〕
【冬ドラマ一覧】2023年1月スタートの新番組情報まとめ!〔47番組掲載中〕2023年1月期放送の冬の新ドラマ情報を、地上波・BSまで総まとめ!新番組の概要・キャスト・主題歌・放送開始日・公式SNSなど知りたい情報を随時更新中!

コメント