【東京タワー】ネタバレ5話感想!高校生編が大好評の裏で本編は修羅場目前!?衝撃ラスト!

東京タワー5話ネタバレ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

2024年5月18日放送の永瀬廉主演ドラマ【東京タワー】5話のネタバレと感想を紹介します。江國香織小説を令和版にアレンジしテレビ朝日オシドラサタデー枠で放送。
King & Princeの永瀬廉とTravis Japanの松田元太の共演作。アイドルとは思えぬ激しめベッドシーンが話題の「東京タワー」第5話は耕二と喜美子の不倫愛に衝撃展開!

【東京タワー】5話のネタバレ&感想をお届け!

【東京タワー】ネタバレあらすじ全話!原作小説と違うドラマの結末予想!永瀬廉主演

ドラマ【東京タワー】キャスト相関図!永瀬廉主演で実写化・登場人物一覧まとめ |

配信情報:動画配信「TELASA(テラサ)」では、オリジナルスピンオフドラマ【東京タワーアナザーストーリー】を配信中です。透と耕二の高校時代を描いた「第2話高校生編」が配信スタートしました。

【東京タワー】5話のあらすじネタバレ

5話は透(永瀬廉)と耕二(松田元太)が高校生姿で登場。5話も透の名言がズラリ!透にとっての幸せを描きます。

【東京タワー】5話のあらすじネタバレを紹介します。

 どんなに強く思い、追いかけても、結局は夫のもとへと戻っていってしまう浅野詩史(板谷由夏)――そんな詩史との恋に、苦しさが募るばかりの小島透(永瀬廉)。そんな透に、白石楓(永瀬莉子)は「恋ってもっと楽しいものだよ、そんな風に苦しむためにするものじゃない」と言葉をかける。楓の優しさと明るさを目の当たりにした透は、詩史との恋を忘れられたら、という思いから、楓と一夜を共にしようとホテルに…。
 一方、森山由利(なえなの)と一緒にいる大原耕二(松田元太)には、川野喜美子(MEGUMI)から電話が。「今から会いたい」と無理を言う喜美子に耕二が応えられずにいると、そこに由利が声をかけてしまい、その声を電話の向こうで聞いた喜美子は、激しい嫉妬に駆られる!

 そんなある日、透は由利からある頼まれごとを。それは「透と耕二が通っていた高校を見に行きたい」というものだった。自分が知らない高校時代の耕二について熱心に聞いてくる由利に、透は真実を隠していることを後ろめたく感じ…?

 奇しくも、年上の女性と同年代の間で葛藤を抱えることになっていた透と耕二。やがてその恋は大きな代償を払うことに…!

第5話|ストーリー|オシドラサタデー『東京タワー』|テレビ朝日 (tv-asahi.co.jp)

透(永瀬廉)と楓がホテルに!

東京タワー・5話・ネタバレ

透名言<<この胸の痛みを捨てられたらどんなにいいだろう。彼女のことを好きになれたら>>

白石楓(永瀬莉子)とホテルに行った小島透(永瀬廉)は、楓のピアスを見て詩史を思い出す。
楓を抱く気にならず…。
「ごめん、無理だ」と謝りシャツを着始める。

「どうして、あんなおばさん。絶対、不幸になるよ」
楓は涙を流す。

透名言<<こんな時でも彼女に会いたいと願ってしまう僕は病気かもしれない>>

透の恋は代わりのきかない大恋愛 by 耕二

一方、喜美子(MEGUMI)から電話を貰った耕二(松田元太)だったが、喜美子の元にはいかずに由利(なえなの)と過ごした。

そのことを透に「これで正解だったよな」と相談する耕二。
「悩めるだけいいな。俺はもう詩史さん以外無理だ」と透。

耕二は、俺達は21歳だ、もっと若くて可愛い子がいるじゃないかと意見するも「可愛いだけで人を好きになれるの?」と透は答える。

<<こいつは代わりのきかない大恋愛をしている>>
と感じる耕二は透を凄い奴だと思う。

透と詩史のカフェデート

東京タワー・5話・ネタバレ

カフェで会う透と詩史(板谷由夏)。
透は電話に出られなかったことを謝る。
「いいのよ」と言う詩史。
そして、詩史といるのが辛くなって逃げ出そうとしていたと打ち明ける。

「でも気づいたんだ。僕の目の前に詩史さんがいる。それが一番大切なことなんだって」

「あなたはそれで幸せなの?」

「わからない。でも僕には詩史さんが必要なんだ」

「私も同じよ。あの夜は残念なんてもんじゃなかったわ。私の中の別の誰かがどうしょうもなくあなたに会いたがってた」

透はテーブルの下でそっと詩史の手をにぎる。

欲望がたかまる耕二

東京タワー・5話・ネタバレ

由利は耕二のことを疑い始めている。
「考えすぎだよ」と透は耕二のことをさりげなく庇う。

喜美子は会えなかったこともあり耕二に冷たい。ふたりは言い争いになる
「出て行って」という喜美子。
こんなヒステリーな女はうんざりだと思いながらも耕二は喜美子にキスをする。
耕二は欲望がたかまっていく…。

**

バイト中の耕二のもとに家庭教師の生徒・比奈がやってきた。
「学校さぼっってるな、喜美子さんに連絡するぞ」と言う耕二。
喜美子さんという呼び方に違和感を持つ比奈。

透と耕二の高校時代

由利に誘われた透は通っていた高校に行く。
由利は耕二のことをもっと知りたいのだという。

「耕二は高校時代も今と変わらない。自信満々で強引で」と透。

耕二のことを大好きだという由利。

高校時代に通ったラーメン屋にも行き、ふたりで食べる。

ここからが本題、と言う由利。

「耕二、浮気してるよね?」と問いかける。

透はしていないと嘘をつく。

由利はそれを信じたのかは疑問…。

由利は透に詩史のことを聞く。
「彼女のどこを好きになったの?」

透「しいていうなら空気」

由利は何それ、と笑う。普通なら見た目とか将来性とかを好きになると言うのだ。

それが幸せなのだと。

しかし、透にとってそれは幸せといえるものではなかった。

透名言<<僕が欲しいのはこの時間だ。詩史さんと過ごす時間は家にいるときとも大学にいるときとも違う。どこにも属さない僕がいる。ありのままの時間がたまらなく好きなんだ>>

喜美子を捨てるのは俺からだ by耕二

耕二は喜美子に会いに行く。
喜美子は「もうそろそろやめなきゃ」と言うも耕二を求める。
耕二は「わかってる」と言いつつ喜美子を抱く。

そして思う。
<<捨てるのは俺からだ>>

結末:修羅場の予感

透は詩史と会う。
手を繋ぎ歩く。

夫の秀雄(甲本雅裕)が事務所に来る。
詩史が透と食事に行ったと聞き、詩史に電話をかける。
電話が繋がらない。

その頃、透と詩史はホテルにいた。

透名言:幸せとは…
<<僕はようやく気が付いたんだ。幸せかどうかはそう重要じゃない。
詩史さんに与えられる不幸ならどんな幸福よりずっと価値がある。
誰かにとっての幸せが他の誰かにとっても幸せとは限らない>>

ホテルの窓から東京タワーが見える。
東京タワーは今日も赤く光りふたりを見ているかのようで…。

そして衝撃ラストに!
耕二と喜美子が抱き合っているところに比奈(池田朱那)が帰ってきてふたりの姿を目撃してしまう。

【東京タワー】5話の感想

【東京タワー】5話の感想を紹介します。

綺麗なベッドシーン

5話もベッドシーンはもちろんあり。5話までくると永瀬廉さんと松田元太さんのベッドシーンに慣れてきた視聴者も多い感じです。永瀬廉さんのベッドシーンはかなり綺麗に描かれていて、松田元太さんのベッドシーンは欲望を見せる感じで激しめですね。ふたりの恋の在り方、性格を表している感じでそこが魅力にもなっています。

修羅場目前!?衝撃ラスト!

ラストは衝撃的でしたね。とうとう、耕二と喜美子の関係を比奈が知ってしまうという…。しかも、その現場を目撃しちゃういう手法。大変なことになりました。
そして、詩史の夫の秀雄もなんとなく気づき始めた感じもします。
いよいよ、修羅場に突入?
原作とは若干違う展開にもなってきていますが、今後は、比奈がかなり耕二に付きまとうと思われます。
喜美子と耕二の関係も気になりますね。

高校生編が大好評

スピンオフのアナザーストーリー「高校生編」が大好評です。永瀬廉さんと松田元太さんの制服姿もいいですね。
透と耕二が何故親友になったのかが描かれていてます。

【東京タワー】5話のまとめ

【東京タワー】5話のあらすじネタバレ(結末に衝撃展開など)
【東京タワー】5話の感想(修羅場の予感など)
以上を紹介しました。

透がいかに詩史さんを愛しているかが描かれた【東京タワー】5話。詩史さんもまた透に夢中という感じ。一方の喜美子もまた耕二に夢中。不倫愛とはいえ、女は嫉妬もする。そんな喜美子をMEGUMIさんが好演。
今後も楽しみです。

次回は耕二が比奈と付き合う!?
次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【東京タワー】公式サイト