【女神(テミス)の教室】3話のネタバレ!ツンデレ照井(南沙良)に視聴者メロメロ!

女神の教室 ネタバレ03

【女神(テミス)の教室】3話のネタバレ!ツンデレ照井(南沙良)に視聴者メロメロ!

【女神(テミス)の教室】3話が2023年1月23日に放送。

3話は「黙秘権」の是非について。いつもクールな照井(南沙良)の様子がなんだか変です。

ですが、徐々にある人に心を開いていく照井。ツンデレな照井が可愛すぎます。

今回の記事では【女神(テミス)の教室】3話のネタバレ、感想をお伝えします。

【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回まで!及川光博が黒幕大本命、その理由は?
2023年冬の月9ドラマは北川景子主演の【女神(テミス)の教室】。ロースクールを舞台に法律だけではなく、それに関わる人々の心も教えます。その裏では何やら雫や生徒たちを狙う事件が起きている様子。学院長の守宮清正(及川光博)が怪しいです。今回の記事では【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回までお届けします。

【女神(テミス)の教室】3話のネタバレ

黙秘権の是非

夜のレストランにて、柊木雫(北川景子)は、刑事の風見颯(尾上松也)から過去に自分が担当した事件について意見を求められる。

塾講師が教え子の女子高生に強制わいせつをした、という裁判。この塾講師は裁判で無罪となった。

雫は「実際に裁判を見聞きしていないため、なんとも言えません」とする。

翌日、雫は新たな実務演習を発表する。

過去の事例

  • 郊外の森で男児A君の遺体が発見された
  • 森に向かうA君と男Xが目撃された
  • だが、それは決定的な証拠とは言えない
  • Xに「黙秘権」を行使されたら無罪になる可能性が高い

今回の課題はこの事例をもとに「黙秘権」の是非について肯定派と否定派に分かれて、ディベートを行う。

声を荒らげる照井雪乃(南沙良)

くじ引きの結果、学生たちは以下のように分かれた。

  • 肯定派:真中信太郎(高橋文哉)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)
  • 否定派:照井雪乃(南沙良)、桐矢純平(前田旺志郎)
  • 勝敗の判定:藍井(山田裕貴)

司法試験合格しか頭にない照井は桐矢に「私は話さないから」と告げる。

ディベート開始。真中は「黙秘権がなければ拷問などを使って被告に自白を強要する可能性がある。被告を守るために必要」と主張。

肯定派の主張に桐矢は押されてしまう。そんな中、照井が口を開く。

照井「拷問を行った者を罰する法律を作り、抑制すればいい。黙秘権は行き過ぎた加害者擁護です。加害者には被害者が受けた苦しみと同等かそれ以上の罰を受けるべきです。」

珍しく感情的に声を荒らげる照井

藍井は否定派の勝ちとする。より説得力があったから。だが、照井に対して「感情的な発言は弁論ではない」と厳しい態度。

雫は「来週は肯定派と否定派を入れ替えて再度ディベートをします」と告げる。

ディベート中の照井はまるで被害者家族の思いを代弁するかのよう。雫は藍井に照井のことを相談。

だが、藍井から「プライベートまで首を突っ込むべきじゃない」と言われてしまう。

横溝検事(宮野真守)の裁判を見学

一か月後の中間試験に向けて天野と水沢は一緒に勉強。桐沢は2人の様子が気になり、雫に相談。

その流れで雫の同期の検事・横溝太一(宮野真守)が担当する実際の裁判を見学することになった

雫は条件として「照井を連れてきて欲しい」と桐矢に頼む。

裁判当日、桐矢に押され照井も渋々やってくる。裁判前、照井は桐矢に「どうして検事になりたいの?」と尋ねる。

「自分は喧嘩が弱かった。テレビで見た検事は言葉で戦ってカッコ良かった。だから憧れた」と理由を語る桐矢。

裁判開始、被告人は父親を撲殺。殺意があったかが裁判の焦点となる。

黙秘を続ける被告人に横溝が語り掛ける。

横溝「どんな感情を持っていたかありのままで話して欲しい。これはあなたの裁判なんだよ。」

被告人は父親に感じていた思いを語り始める。

裁判終了後、横溝は桐矢と照井に検事の責任について話をする。

横溝「もし自分が勝てば被告人は犯罪者になる。責任は重く、一人で戦っていたら持たない。でも弁護士がいる。検事と弁護士が本気で戦って真実にたどり着く。弁護士は敵であり、味方なんだ。

2回目のディベート

天野と水沢は試験勉強。ディベートの準備があるので真中とも話をしたいところ。だが、水沢は「真中は自分たちのことを仲間だと思っていないんじゃないか?」と考えていた。

真中が帰宅。楽しそうに話している家族と夕食を取ることなく、自室にこもって勉強。

照井が自習室に向かうと桐矢が「黙秘権」について調べていた。照井は「どうしてそんなに効率が悪いの?」ときつい一言。

桐矢は自分でも分かっている。でも今日の裁判で感動した。戦って1つの真実を求めるのはディベートも同じ。だからディベートも全力で取り組みたい。

ディベート当日。「一番守るべきは被告ではなく被害者や遺族です」と否定派・真中の独壇場。他の2人は出る幕がない。

自習室での回想。照井はディベートの意見は自分で作り、話すのは桐矢に任せる、と提案。

残り時間わずか、桐矢は照井が作った意見で反撃開始。

桐矢「弁護士と検事(法律家)は同じ法律という武器で戦い、真実を追求することができる。だが、被告人は違い、黙秘権が戦うための武器。黙秘権のないまま被告人が死刑になったら法律家は人殺しになる。黙秘権は法律家を犯罪者にしないためにも必要。黙秘権が必要ないと言うのは無能な法律家の言い訳に過ぎない!!

3話の結末

ディベート終了。藍井はより理に適っていたとして肯定派を勝利とする

真中は照井が意見を作っていた、と見抜く。

天野は雫に黙秘権の考えについて尋ねる。

雫「個人にはいろいろな感情があり国家権力が強制的に介入するべきではない。思いは人が人であるために必要なもの。それを保証する黙秘権は必要だと思う。」

今度は照井が藍井に黙秘権の考えを尋ねる。

藍井「権利として当たり前のものを授業で議論するのは馬鹿げている。だが、憲法19条・思想、良心の自由と照らし合わせると彼女の考えは正しい。」

雫は学生達に「悩みや心配がある時はいつでも来て欲しい」とする。

桐矢は早速「どうしたら検事になれますか?どうしてもなりたいです」と質問。照井は「なりたいならなるべきよ」と発破をかける。

それを聞いた桐矢は思わずうれし泣き。

翌日、照井は雫と藍井に「実務演習を辞めます」と告げる。司法試験の為に道徳や社会科見学をする時間はないから。

その後、掲示板に張り出された内容に学生たちはざわめき出す。突如、藍井塾への入塾テストを来週行う、と発表された

【女神(テミス)の教室】3話のレビューと感想

ツンデレ照井(南沙良)が可愛すぎ

【女神(テミス)の教室】3話は照井(南沙良)が主役の回。

いつもは攻撃的な照井ですが桐矢と協力してディベートに勝利。いい声をした検事・横溝(宮野真守)の仕事と考えで成長した様子。

〇照井(南沙良)の可愛いポイント

  • 桐矢にきつい一言を言った後、「ごめん」と謝る
  • 桐矢の夢を「無謀」と否定しない

照井は司法試験合格に焦っているだけで根はいい子。

「照井さんツンデレかわいい回」、「いい感じにツンデレになっている」と照井のツンデレに視聴者は大盛り上がりでした

ですが照井がデレたのは桐矢だけ。雫のことは認めていないし、実務演習離脱を宣言。

雫にデレる(分かり合える)日は来るのでしょうか?

次週予告

次回の【女神(テミス)の教室】は入塾テストに焦る一同。特に真中は相当プレッシャーを感じている様子。

2023/1/30(月)21:00~の放送をお楽しみに。

2話<< >>4話

画像の引用元:女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~ - フジテレビ

コメント