ドラマ【スタンドUPスタート】キャスト一覧と相関図!竜星涼がエネルギーあふれる人間投資家に挑む!

さん主演・フジテレビ系水10ドラマは【スタンドUPスタート】に決定しました!

原作は『ドロ刑』の作者・福田秀さんが『週刊ヤングジャンプ』で連載中の大人気コミック。

主人公の三星大陽(みほし・たいよう/)が人生に挫折・失敗してしまった人々に「スタートUP=起業」を持ち掛け、それぞれの可能性を見出していく人間再生ドラマです。

【スタンドUPスタート】のキャスト・相関図・見どころをご紹介します。

【スタンドUPスタート】のキャスト・登場人物一覧

主要人物

三ツ星重工

起業した人たち

  • 小野田虎魂(おのだ・どらごん):吉野北人
  • 林田利光(はやしだ・としみつ):

【スタンドUPスタート】のキャスト

【スタンドUPスタート】のキャストをご紹介します。

竜星涼(役:三星大陽)

竜星涼
(C)フジテレビ

登場人物:三星太陽(みほしたいよう)

  • 投資会社「サンシャインファンド」の社長。
  • 「資産は人なり。資産を手放す投資家はいない!」という理念を持つ、自称“人間投資家”。
  • 三ツ星重工の前会長の息子で、現社長の三星大海の弟である。
  • 渋沢栄一を尊敬している。

キャスト:

さんのプロフィール】
1993年3月24日生まれ(29歳)
東京都出身(出生地は山形県新庄市)
研音所属

スカウトされ、2010年に研音に所属する。
戦隊シリーズ『獣電戦隊キョウリュウジャー』レッド役でテレビドラマ初主演を果たす。
モデルとしても活躍しており、2016年と2017年パリコレにも出演している。

主なドラマ出演

  • アンナチュラル
  • テセウスの船
  • ちむどんどん

さんのコメント

《出演が決まったときのお気持ちは?》
「デビューして初めて出演したドラマがフジテレビでした。それから10年以上がたち、フジテレビの連続ドラマで主演ができることをとても感慨深く、うれしく思います」

《台本を読んだ感想や印象は?》
「投資や起業の話でありながらも読めば読むほど泥臭い人間ドラマです。スタートアップ(起業)させることで新しい人生と生きる価値を手に入れていくストーリー展開に気がついたら心が熱くなっていました」

《三星大陽という役どころについては?》
「無邪気で自分勝手ではあるものの、相手の負の部分も全て受け入れ、手を差し伸べていく姿はとても情熱的で、エネルギーにあふれた存在だと思いました」

《視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。》
「投資や起業という一見自分には関係ないと感じる人たちにとっても、実はとても身近で、そして何より、人と人とのつながりの大切さを改めて感じる、熱い“人間再生ドラマ”になっています。是非楽しみにしていてください!」

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/index.html#blockIntro

小泉孝太郎(役:三星 大海)

小泉孝太郎
(C)フジテレビ

登場人物:三星大海(みほしたいが)

  • 三ツ星重工業の代表取締役社長。三ツ星重工の前会長の息子であり太陽の兄。
  • 父の死去により若くして社長に就任したが、その時会社は多額の負債を抱えてたが改革や大幅なリストラにより4年で立て直した。
  • 常に冷静に判断を下すが、敵も多い。

キャスト:

さんのプロフィール】
1978年7月10日生まれ(44歳)
神奈川県横須賀市生まれ
イザワオフィス所属

父親は元総理大臣・小泉純一郎、弟は元環境大臣・小泉進次郎。
YOSHIKIから「芸能界に入った方がいい」と告げられ芸能界入りを決意。父の総理大臣就任に伴いスカウトが殺到した。

主なドラマ出演

  • 大河ドラマ/義経(2005年)天地人(2009年)八重の桜(2013年)鎌倉殿の13人(2022年)
  • 警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜シリーズ
  • グッドワイフ

さんのコメント

《出演が決まったときの感想》
「7年ぶりにフジテレビの連ドラに出演できること、うれしく思います。この作品はとにかく主人公が前向きで、明るくて、自分の人生に輝きを放ちながら突き進んでいくエネルギーに、台本を読んでいて引き込まれました。とても主人公が魅力的だなと思いました」

《初共演となるさんについての印象》
「竜星くんとは初対面ですが、何も先入観を持たずに、自分のかわいい弟だと思って現場でお会いしたいです。作品の中では、それが表面的に分かりやすい仲の良い兄弟関係ではないですが、竜星くんと兄である僕との“兄弟の絆”の形を、作品を通してしっかり築いていきたいと思っています。」

《三星大海という役どころについて》
「僕が演じる大企業の社長の人柄、兄としての立ち居振る舞いは多くの視聴者に好かれないタイプかもしれません。ただ、そこに彼の人生観や、弟を思う兄の気持ちが込められているのだろうか、という視点も含め見て頂けるように、そして、大きな看板を背負っているとても冷静でクールな兄を演じきりたいと思います。また、竜星くんとの兄弟関係も大切に演じたいと思っています」

《視聴者の皆さんへメッセージ》
「この作品は、異なるタイプの兄弟の生き様がとても見所だと思います。そして、人が真剣に生きるエネルギーが詰まった作品です。人生は、仕事は、自分の考え方ひとつで、今までと景色が大きく変わるような気持ちにさせてくれるステキなドラマになると思っています。もやもやした気持ちがあっても、空を見上げたら雲の切れ間から太陽が顔を出す。そんな前向きな希望を感じさせてくれるドラマをたくさんの人に感じ取って頂けたらうれしいです」

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news01.html

反町隆史(役:三星義知)

登場人物:三星義知

  • 三ツ星重工株式会社の副社長で三星兄弟の叔父。
  • 三ツ星重工の先代の頃から、副社長として三ツ星重工を支えてきた重鎮。
  • 聡明で、会社のあらゆる事を熟知している男。不意に現れては、優しい言葉と笑顔を振りまきますが、周囲には何を考えているのか分からない人物。

キャスト:

さんのプロフィール】
1973年12月19日生まれ
埼玉県浦和市出身
研音所属

デビュー当時はジャニーズ事務所に所属していた。
16歳の時にモデル事務所に所属し、パリコレへ出演の経歴を持つ。
1994年に所属してからは俳優業が主となる。
2001年、ドラマ「GTO」で共演したと結婚し、2女をもうける。

主なドラマ出演

  • ホットマン
  • ビーチボーイズ
  • ドリーム☆アゲイン
  • 相棒

さんのコメント

《出演が決まったときの感想》
「昔からフジテレビのドラマに出演させて頂いておりましたが、またこうして約9年ぶりにオファーを頂くことができ、大変光栄で、うれしく思います」

《台本を読んだ感想や印象》
「主人公が訳アリ人材に投資し、その人自身が自信と生きがいを手に入れる。というだけでなく、投資家という目線から仕事・企業を理解することができる。読んだ人全員が起業できるのではないかと思うほど、細かい部分までしっかり描かれていて、読み進めていくのがとても楽しかったです」

《三星義知という役どころについて》
「義知は、一見おおらかで気前がよさそうですが、決して腹の底を見せない狡猾(こうかつ)な人物です。話が進んでいく中で、義知の過去、人間性が少しずつ明らかになっていきますので、そこにも是非注目して頂きたいです」

さんやさんの印象》
「多くの作品で活躍し、俳優としての輝きを増す竜星くんとの初共演を楽しみにしています。大陽の前に立ちはだかる壁として、全力で義知を演じさせて頂きます。また、小泉さん演じる大海は冷静沈着で、まさしく小泉さんにピッタリな役だと思いました。ご一緒することができて大変うれしく思います」

《視聴者の皆さんへメッセージ》
「起業や仕事を通して、新しいことに一歩踏み出す勇気をくれる魅力的なドラマになっています。コロナの影響で皆さんの働き方も変化していると思いますが、この作品を見てくださった方々の心を、背中を、押せるような作品にできるよう、精いっぱい演じさせて頂きます。是非ご注目ください!」

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news02.html

吉野北人(役:小野田虎魂)

吉野北人
(C)フジテレビ

登場人物:小野田虎魂(おのだどらごん

ゲーム会社「ハイパースティック」の社長。
太陽から出資を受け起業した一人。
前科モチで、服役中にプログラミングの技術を習得した。
太陽を兄のように慕っている。

キャスト:吉野北人

【吉野北人さんのプロフィール】
1997年3月6日生まれ
宮崎県小林市出身
LDH JAPAN所属

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー。
2014年4月、「VOCAL BATTLE AUDITION 4」に合格し、THE RAMPAGEのボーカル候補となる。同年9月、同グループの正式メンバーとなる

主なドラマ出演

  • PRINCE OF LEGEND
  • HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
  • 魔法のリノベ

吉野北人さんのコメント

台本を読んだ時は、シンプルにスタートアップしてみたいな、と思わせるようなワクワク感を感じました。どんな世代でもスタートアップに興味を持ってもらえるような見応えのある内容でしたので、さらにこの作品が楽しみになりました!また、僕が演じる虎魂は、少し社会性に欠けている所もありますが、すごく仲間思いで自分にしかできないことを楽しんでできるキャラクターだと思います。普段はおちゃらけていますが、時には葛藤しながら成長していく魅力たっぷりのキャラクターです!この作品は自分の未来に少しでも希望をもたらしてくれる作品だと思いますので、是非、たくさんの方々に働く楽しさを感じてもらえればうれしいです。楽しみにお待ち下さい!

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news03.html

小手伸也(役:林田利光)

登場人物:林田利光

メガバンクである『みその銀行』融資部門の次長として働いていたが、左遷され、子会社『リリーフ保険』の部長として出向。
嫌味が多く会社の負債と嗤われていたが、大陽に見いだされ、企業と銀行のマッチメイカー「スタートマッチ」を起業して、生きる希望を取り戻していく。

キャスト:

さんのプロフィール】
1973年12月25日生まれ
神奈川県出身
オフィスPSC所属

早稲田大学卒業後、劇団innerchildを主宰。俳優の他にも声優、作家、演出家と多才。
俳優としてブレイクしたのが40歳過ぎてからと、遅咲きだったため「シンデレラおじさん」と呼ばれた。

主なドラマ出演

  • コンフィデンスマンJP
  • SUITS/スーツ
  • TOKYO MER〜走る緊急救命室〜
  • ドクターホワイト

さんのコメント

この物語は、時代の閉塞感や不安が続く経済状況に笑顔で風穴を開ける爽快感がありながら、悩み多き中年(笑)としては、現実的で問題提起される部分も多く、笑ったり泣いたり、とにかく色んな感情を揺り動かすエンタメ作品だと思いました。僕の演じる林田は、大陽との出会いによって50代にして、それまでの人生を激変させていくことになります。それは40代後半になって仕事環境が激変した今の僕の人生とも重なるところが多く、そうした実感や経験を大切に織り込みながら物語に乗せていきたいと思っております。仕事に限らず、人生のあらゆる局面において、苦しい時、追い詰まっている時、自分だけの力ではどうにも立ち上がれない時、それを認めて誰かの手を借りることは決して“負け”なんかじゃない。その手をつかみ、再び踏ん張って立ち上がる勇気があれば、アナタは決して負けはしない。そんな孤軍奮闘する“立ち上がり(スタンドUPし)”たい全ての方々に手を差し伸べるような作品でありたいと思っています。ご期待ください!

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news03.html

戸次重幸(役:高島瑞貴)

登場人物:高島瑞貴

『三ツ星重工』の社長室長。相当な切れ者で仕事においての必要な知識やスキルは超一流、大海の右腕として『三ツ星重工』を支えてきた。

キャスト:

さんのプロフィール】
1973年11月7日生まれ
北海道札幌市出身
CREATIVE OFFICE所属

演劇ユニット・TEAM NACSに所属。妻は女優の

主なドラマ出演

  • グッド・ドクター
  • 監察医 朝顔
  • SUPER RICH
  • ファイトソング

戸次重行さんのコメント

落ちぶれた人間が再生していく過程は、台本を読んでいても爽快でした。また、各話登場するゲストがレギュラー化していくと聞き、そんな形のドラマも珍しいと思いました。瑠東監督の作品ということで、台本にない良い意味での、現場での悪ノリを期待しています(笑)。原作をお読みの方はご存だと思いますが、僕が演じる高島は、実は大陽と大海、二人の良き理解者でもあります。含みのある役どころなので、気持ちのだし加減を考えながら演じていきたいと思います。こんな時代ですが、少しでも皆さまの癒やしになるべく、我々一同、誠心誠意、心を込めて取り組んでいきますので、是非ご覧ください!

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news03.html

 高橋克実(役:山口浩二)

登場人物:山口浩二

『三ツ星重工』の常務。
山口と加賀谷は、現場のたたき上げで数多くの好成績を残してきた2人で、社内では“山谷コンビ”と称されるほどの最強コンビ。

キャスト:

さんのプロフィール】
1961年4月1日生まれ
新潟県三条市出身
シス・カンパニー所属

松田優作に憧れ、役者を志す。
1998年『ショムニ』の寺崎人事部長役でブレイクし、これが大きな転機となり様々な番組にて人気を博す[。2000年代に入り同じ事務所に所属していると司会を務めた『トリビアの泉』は高視聴率を記録し、番組司会者でも活躍の幅を広げていった。

主なドラマ出演

  • 野ブタ。をプロデュース
  • スーパーサラリーマン左江内氏
  • オールドルーキー
  • プロミス・シンデレラ

さんのコメント

このドラマは、今の世の中ならではの新しい社会派ドラマだと思います。とてもリアリティーがあって、その上に楽しめるコミカルなテイストもある作品です。また、僕が演じる山口は、先代に昔から仕えていて、今は常務という立場ですが、たたき上げで、現場に出て実務をやりたいタイプなんです。そんな色合いをしっかり出せたらいいな、と思っています。また、加賀谷役の(鈴木)浩介くんとは、何十年以上もの長い付き合いです。“最強コンビ”の役作りに不安は全くなく、今から楽しみで仕方ありません。台本を読んでいても、笑えるポイントが随所にあって、その点も楽しみですね。ほぼ男ばかりの作品ですが、男ばかりだからこその魅力を、多くの皆さんに楽しんで頂けるとうれしいです。

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news03.html

鈴木浩介(役:加賀谷剛)

登場人物:加賀谷剛

「三ツ星重工」のグローバル推進事業部本部長。現場の最前線に立ち会社を引っ張ってきた。

キャスト:

さんのプロフィール】
1974年11月29日生まれ
福岡県北九州市出身
シス・カンパニー所属

大学在学中に休学し青年座研究所に入所、1997年に劇団青年座に入団。の退団をきっかけに自身も2004年に退団し、その後はテレビドラマを中心に活動。
妻は女優の大塚千弘。

主なドラマ出演

  • LIAR GAME シリーズ
  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜
  • 刑事7人

さんからのコメント

フジテレビの連ドラに出演するのは、『ミステリと言う勿れ』以来ですので、うれしいです。僕が演じる加賀谷は、中間管理職です。上司を気遣い、後輩たちのことも思いやりながら、叱咤(しった)激励するようなバランス感覚が取れている人だと思います。そして、(さん演じる)山口さんのことを尊敬していて、山口さんと過ごす時間を楽しむ会社一筋の人です。高橋さんとは20年以上前にコンビの役をさせて頂きましたが…初めてお会いした日に一緒に帰る道中、急に映画を見ようとなり、ホラー映画を見た思い出があります(笑)。その後、偶然同じ事務所に入ることになり、何度か同じ舞台に立たせて頂き、今ではプライベートでもよく会うので、役作りする必要がないぐらい、“山谷コンビ”の関係性は意識しなくても出てくるのでは、と思っています。このドラマは、色んな人が勇気を持てたり、背中を押され元気になれるドラマだと思いますので、是非多くの人に見てもらいたいです!

https://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/news/news03.html

スタートアップした人々

山下美月(役:羽賀佳乃)

登場人物:羽賀佳乃(はが・よしの)

メガバンク「みその銀行」の融資部門に勤める銀行員。
合理的で物事を白黒ハッキリさせたがる性格で、テキパキと業務をこなす優秀な銀行員。厳格な母親と二人暮らしで過去の経験からギャンブルを毛嫌いしている女性。

キャスト:

さんのプロフィール】
 1999年7月26日生まれ
東京都出身
ソニーミュージック・エンタテイメント所属

女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー。

主なドラマ出演

  • 着飾る恋には理由があって
  • じゃない方の彼女
  • 連続テレビ小説 舞いあがれ!

水沢林太郎(役:立山隼人)

登場人物:立山隼人(たてやま・はやと)

起業を目指す大学生。大学の起業サークルに所属しており、独自の高いビジョンを掲げ、常に“事業計画書”を持ち歩く。

キャスト:水沢林太郎

【水沢林太郎さんのプロフィール】
2003年2月5日生まれ
埼玉県出身
研音所属

主なテレビ出演

  • もしも、イケメンだけの高校があったら
  • テッパチ
  • 個人差あります

塚地武雅(役:武藤浩)

登場人物:武藤浩(むとう・ひろし)

『三ツ星重工』の造船所の現場責任者として約24年間、会社に貢献していましたが、大海が断行した過去最大のリストラで失業。

キャスト:

さんのプロフィール】
1971年11月25日生まれ
大阪府出身
人力舎所属

お笑いコンビ『ドランクドラゴン』のボケ担当。相方は鈴木拓。愛称は塚っちゃん。
主なドラマ出演

  • 花咲舞が黙ってない
  • 正義のセ
  • アトムの童

安達祐実(役:音野奈緒)

登場人物:音野(おとの・なお)

仕事経験ゼロの専業主婦だったが、シニア向けマンションの管理人に。

キャスト:

さんのプロフィール】
1981年9月14日生まれ
東京都出身
IMILIMI所属

芸歴は長く、2歳からモデルデビューし、ドラマ『家なき子』で主人公を演じ、脚光を浴びる。

  • 1993年 日本アカデミー 新人俳優賞 (REX恐竜物語)
  • 1994年 第1回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『家なき子』)
    第32回ゴールデン・アロー賞放送賞

主なドラマ出演

  • 警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜シリーズ
  • にじいろカルテ
  • ザ・トラベルナース

【スタンドUPスタート】の相関図

【スタンドUPスタート】の相関図は公式サイト発表後に更新します。

【スタンドUPスタート】の原作は青年マンガ

(C)フジテレビ

原作は、『ドロ刑』の福田秀さんが描く『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で現在も連載中の大人気コミックです。過去の栄光にすがる中年や前科者、働いた経験のない主婦、就職活動に挫折した大学生など、いろんな人間へ投資する主人公を描いています。

主人公の三星太陽(みほしたいよう)は人間に投資をする自称・人間投資家。
投資会社「サンシャインファンド」の社長で、組織でうまくいかない人や生きづらさを抱えている人々に、「スタートアップ(起業)しよう!」と声を掛け、それぞれの持つ可能性を見いだし、ヒントを与えていきます。
挫折した人々に新な目標を与え、生きがいを見出していく…新しい人間再生マンガです。

【スタンドUPスタート】の見どころ

主人公・三星大陽は、大胆不敵で人がスキでたまらない、ハートも熱く器の大きなキャラクターです。竜星さんは、思わず目にとまってしまうオーラを持ち、どこか大陽と似た雰囲気を持っています。

兄の三星大海は頭脳明晰で常に冷静で、まさにさんのイメージにピッタリ。
会社のために人を切る、ことも厭わない為、太陽と対立することも。

叔父の三星義知は誰よりも会社のことを知り尽くしており、信頼もある人物。
さんは原作よりもカッコイイので楽しみが増しますね。

その他にも、太陽が見出す人々にも注目していきたいですね。

【スタンドUPスタート】の主題歌は?

発表がありましたら更新いたします。

【スタンドUPスタート】の基本情報

タイトルスタンドUPスタート
キャスト・出演者
原作スタンドUPスタート(集英社)
脚本モラル・伊達さん(大人のカフェ)
プロデューサー清家優輝・庄島智之
演出瑠東東一郎・久万真路・的場政行・松下敏也
製作協力ファインエンターテイメント
放送日2023年1月スタート水曜よる10時~
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/stand_up_start/
公式Twitterhttps://twitter.com/stand_up_start
公式Instagramhttps://www.instagram.com/standupstart_fujitv/

【スタンドUPスタート】の放送はいつから?

2023年1月18日(水)よる10時からスタートです。(初回15分拡大)

画像出典:【スタンドUPスタート】公式サイト

コメント