【寂しい丘で狩りをする】2話のネタバレと感想!久我の手づかみケーキが恐怖最大級!

寂しい丘で狩りをする

【寂しい丘で狩りをする】2話のネタバレと感想!久我の手づかみケーキが恐怖最大級!

【寂しい丘で狩りをする(さびおか)】2話が4月29日深夜に放送されました。

みどり()の前に現れた久我()に異常な行動に!
押本(丸山智己)は着実に敦子()に近づく。

二人の男が恐怖をあおる“ハラハラストーリー”!

テレビ東京【寂しい丘で狩りをする(さびおか)】2話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【寂しい丘で狩りをする】はパラビで全話視聴できます。(2022年4月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください


ADVERTISEMENT

【寂しい丘で狩りをする】2話のネタバレ

【寂しい丘で狩りをする】2話のネタバレを紹介します。

久我がみどりの前に!

みどり()の前に現れた久我()は、ヌード写真を撮ると迫るが、突然、苦しみはじめ薬を口に入れる。

「また来るから。写真撮影を断ったら僕とのことを浅野に伝える。前に撮影した写真を送りつけてもいい」
と言い残し部屋を出て行った。

過去に久我はみどりに暴力的な性行為を強いていた。

みどりは久我のことは過去のことだと思っていた。
もっと強く抵抗できると思っていたが、久我を前にすると何もできないことに気づく。
<私はまたあの地獄に落ちてしまうのだろうか>

**

浅野()から「会えないか」と電話がある。
浅野はみどりのマンションの前まで来ていた。
みどりのことを心配する浅野に「疲れたから」と会うことを断る。

**

みどりは家の鍵を交換することにする。

みどりの覚悟

敦子()が探偵事務所にやってくる。

みどりは、敦子に押本の写真を見せ押本(丸山智己)が敦子を追っていることを報告する。
みどりは警察に届けるように言うが、敦子は過去に警察に断られた経験があり、警察は動いてはくれないという。

みどりは「探偵ができるのはここまで」だと言い報告書を渡す。
敦子は、ここから先は自分で対処するから、と料金を払う。

これで、この案件は終わりになったはずだが…。

**

みどりが部屋に戻ると、テーブルにサラダと久我との写真が置いてあった。
久我は勝手に入りこんでいるのだ。

みどりは敦子と自分の立場が似ていると思う。そして“男たちに立ち向かうしかない。どんなことをしてでも敦子と自身を守る”と覚悟を決める。

こうして、みどりは独自に調査を始める。
早速、押本を尾行。
押本が部屋を探しているとわかり、ある部屋に盗聴器をつける。そこに押本と不動産屋が訪れた。

ギリギリに隠れて難を逃れる。

**

ふたば図書館。

敦子は遠山大輔(黒羽麻璃央)から食事に誘われる。
敦子がOKを出すと、大輔は「やったー!」と喜ぶ。

**

みどりは車で押本の部屋の傍にいる。
盗聴器で押本の様子を窺っている。
押本が図書館に電話をして敦子のことを訊ねているのを知り、敦子に気を付けるように伝える。

押本の部屋にお金で雇われた女がやってきた。
押本は「首を絞めたい」と女に襲いかかる。
女が逃げる。
思わず車からみどりが出てしまうと、その姿を押本が見ている。

岡庭がみどりを心配する

探偵事務所の岡庭(高橋英樹)は、みどりを労う。

5年前。
みどりは依頼人としてイビサ・レディスを訪れた。依頼内容は久我の行動を把握してストーカー行為から逃れること。

岡庭はみどりのことを知っていて
「久我から連絡はない?」と訊ねてくる。
「大丈夫です」というみどりに、岡庭は
「ここでは依頼を別調査ですることはルール違反だよ」
と言う。

敦子の依頼をみどりが続けていると考える岡庭は心配をしているのだった。
みどりは、押本の調査はしていないと言う。

みどりの次の調査は浮気調査。
押本の調査ができずにいる。

みどりの誕生日

みどりの誕生日。
浅野がレストランを予約してくれた。

浅野はみどりが元気がないことを心配している。

浅野に探偵の仕事を辞めるように言われていたみどりは、敦子の仕事を終わらせるまで待ってほしいと頼む。

ふたりのテーブルにケーキが運ばれてきた。
「ありがとう」と喜ぶみどりに、浅野は「俺はたのでいない」と。

そこに久我が拍手をしながらやってきた。
「誕生日、おめでとう」

久我の狂気

一方、敦子の前に押本が現れた。
敦子は逃げ出す。
押本が追いかける。

**

「カメラマンをしている久我です」
と自己紹介をする久我は、浅野のことも知っているという。
「偶然、みどりさんを見かけてサプライズしちゃおうと思って」とニヤリ。

浅野に久我のことを聞かれて「仕事で一緒になった」というみどり。
浅野は、ケーキに返して「みどりと結婚する」と告げる。

「もし、また姿を見せたらどうします?」
「容赦しません」
という浅野に久我は
「それは怖いですね」と怪しく笑う。

浅野は「もっと頼って。どんな小さなことでも頼ってほしい」
と。
みどりは感動するが、外で久我がケーキを手で食べているのを見て恐怖におびえる。

<続く>

【寂しい丘で狩りをする】2話の感想

「怖い」の声が圧倒的に多いです!

【寂しい丘で狩りをする】2話の感想を紹介します。

【寂しい丘で狩りをする】まとめ

【寂しい丘で狩りをする】2話は、みどりと敦子の境遇が似ていることから、みどりは押本の調査を単独で開始。久我の狂気と押本の執拗さを描いた恐怖の物語です。

久我がとにかく怖い。バースデーケーキの手づかみシーンは強烈です。
どこまでもみどりを追う久我は、とうとう浅野の前にまで姿を現しました。浅野はみどりを守れるのでしょうか。何も言えないみどりの想いが辛いです。

敦子にも恋の予感がありましたが、押本の出現で壊れてしまうのか気になります。

過去は消せない。みどりと敦子の過去が辛くのしかかります。二人に明るい未来があることを祈るばかり。

次回予告

・敦子をみどりが匿う!

・久我のストーカー行為がエスカレート!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【寂しい丘で狩りをする】公式サイト

コメント