【寂しい丘で狩りをする】ネタバレとあらすじを最終回まで!小説との違いを徹底解明、結末は違う?

寂しい丘で狩りをする

【寂しい丘で狩りをする(さびおか)】のネタバレとあらすじを最終回まで!小説との違いを徹底解明、結末は違う?

主演のドラマ【寂しい丘で狩りをする(さびおか)】のネタバレとあらすじを最終回までまとめていきます。

ストーカー犯罪を描く同名の人気小説(著:辻原登)を初ドラマ化!

DV、ストーカー。
男に追われるみどり()と敦子()が恐怖に怯えながら、反撃にでる前代未聞なクライムサスペンス。

みどりと敦子の復讐は犯罪になるの?
結末は小説と同じ?

テレビ東京【寂しい丘で狩りをする】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで紹介します。

動画配信:【寂しい丘で狩りをする】はパラビで独占先行配信!全話を配信しています。
(2022年4月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【寂しい丘で狩りをする】のネタバレ・あらすじを最終回まで!

ドラマ【寂しい丘で狩りをする】のネタバレ・あらすじを最終回までまとめていきます。

1話『再会』のネタバレ・あらすじ 4月22日放送

寂しい丘で狩りをする

あらすじ

探偵の桑村みどり()は、恋人で刑事の浅野()から結婚を申し込まれる、幸せになるとウキウキしていたある日、探偵事務所に野添敦子()がやってきた。
敦子は、7年前に自分を強姦した男=押本(丸山智己)の動向を調べて欲しいという。押本は刑期を終え出所しており、敦子は、裁判の際「復讐してやる」と言い放った押本の言葉に怯えていた。
みどりも交際をしていたカメラマン役の久我()からDVとストーキングを受けた経験がある。
心に傷を負うみどりは、敦子の気持ちを痛いくらいわかり、依頼を引き受ける。
みどりが調査を始めると押本の異常な復讐願望が浮かびあがってくる。
そんな中、みどりの前に久我が現れた。久我はみどりの抵抗を無視し撮影を始める。

脚本:政池洋佑
監督・演出:萩生田宏治

ネタバレ

・久我は勝手にみどりの部屋に入り込んでいた。
・ラストシーンで久我が現れた場面に恐怖が走ります!

2話『執着』のネタバレ・あらすじ 4月29日放送

あらすじ

みどり()の前に現れた元恋人の久我()は、みどりの写真集を出すためにヌード撮影を強要する。
一方、敦子()にも押本(丸山智己)が近づいていた。7年前に通報されたことを逆恨みし続ける押本は、あらゆる手段を使い敦子の居場所を探っていたのだ。
押本の復讐におびえる敦子にみどりはかつて久我に怯えた自身の姿を重ね、調査に没頭していく。
そんなみどりを、探偵事務所所長の岡庭正(高橋英樹)は心配をする。
みどりの誕生日。レストランで浅野()と過ごしていると、久我が現れる。

脚本:政池洋佑
監督・演出:萩生田宏治

ネタバレ

・遠山(黒羽麻璃央)は敦子を好きなようです。今後の恋の展開に注目!
・誕生日ケーキを届けた久我は、みどりのことを「みどり」と呼んだみたりしてさりげなく、みどりとの関係をにおわせる。
・久我がケーキを食べる場面が怖すぎ!久我を演じるさんの怪演がお見事!

エピソード:
敦子は図書館に勤める司書。
多くの本に囲まれた図書館での場面で、遠山が敦子に「船乗りと罪人がかよわせる小説」は何かを訊ねています。
敦子は書籍に詳しく「森鷗外の高瀬舟」だと答えます。
「森鷗外の高瀬舟」は、船乗りと罪人の会話から罪の善悪、安楽死を問う名作です。
【寂しい丘で狩りをする】の小説では、敦子が映画製作に関わる仕事をしていたことから映画のことが詳しく掲載されていましたが、劇中では敦子の仕事が司書というので小説が取り上げてられているようです。今後、小説のことがまた出てくるかもしれませんね。

3話『恐怖』のネタバレ・あらすじ 5月6日放送

あらすじ

みどり()の元に敦子()から電話がある。家に押本(丸山智己)がやって来たというのだ。みどりは敦子の家に駆け付けるが、敦子は警察への通報を嫌がる。押本が通報したら絶対に殺すと言ったからだ。復讐に怯える敦子をみどりは自分のマンションで匿うことにする。すると、押本はみどりをも恨み始める。一方、浅野()は、久我()のことを調べ始めていた。

ネタバレ

・押本が敦子と遠山(黒羽麻璃央)の邪魔をする。
・久我はみどりの前に現れ腕のタトゥーを見せる。

脚本:政池洋佑
監督・演出:萩生田宏治

エピソード
3話に出てきた書籍は「老人と海」。みどりはこの本がお気に入り。
敦子も好きだといい、ふたりで好きな一説を口にする。

4話『決断』のネタバレ・あらすじ 5月13日放送

あらすじ

みどり()は、久我()に復縁を持ち掛け、二人で初めてデートした埠頭に向かう。復縁に喜ぶ久我はみどりのヌードを撮影しようとカメラを構える。すると、みどりの行動により状況は一変する。久我は激高しみどりに襲いかかる。みどりは反撃に出る。みどりを尾行していた押本(丸山智己)は二人が争う現場を目撃していた。そこへ、押本が働いていたラーメン店の店主から押本に金を持ち逃げされたと連絡が入る。一方、浅野は、久我とみどりの過去を調べていた。そんな中、久我が行方不明になったというニュースが流れ、岡庭(高橋英樹)や敦子()も知ることになる。その夜、みどりの家を探し当てた押本が現れた。

脚本:政池洋佑
監督・演出:萩生田宏治

ネタバレ

・押本は敦子の居所を教えろとみどりに包丁をつきつける。

5話『反撃』のネタバレ・あらすじ 5月20日放送

あらすじ

久我()が行方不明になったと知った押本()は、みどり()の埠頭での行動を思い出す。また、入院中の敦子()もニュースを見てみどりを心配していた。そんな中、警察で浅野()は安田(忍成修吾)から行方不明になる直前の久我の写真を提出され驚愕する。そこには、みどりが一緒に写っていたからだ。一方、みどりは弁護士の桂(藤田弓子)を訪ね、押本と敦子の過去を聞きだす。その話から、押本の身勝手な行動が浮き彫りになる。

脚本:今西裕子
監督・演出:毛利安孝

ネタバレ

・押本が敦子の居場所を突き止める。
・敦子が押本と会う。

エピソード

入院中の敦子がみどりの「老人と海」を製本修理をしています。敦子の手で綺麗になった「老人と海」は最終回に敦子からみどりに手渡されるのかなと思います。

6話『悪戯』のネタバレ・あらすじ 5月27日放送

あらすじ

みどり()は、敦子()が押本(丸山智己)に会いに行ったと知り、助けに向かう。押本を逃げてしまい、敦子は傷つき入院をすることに。敦子の姿をみて改めて「狩りをする」と覚悟を固めたみどりは、浅野()と別れ、岡庭(高橋英樹)には辞表を提出する。一方、入院中の敦子に「退院したらどこに行きたい?」と尋ねると「景色のいい丘に行きたい」と言う。みどりは再び押本を呼び出し計画を実行するが、そこに久我()が現れた。

脚本:政池洋佑
監督・演出:権野元

ネタバレ

・敦子は退院したら「一緒に丘に行こう」とみどりと約束をする。

7話『地獄』のネタバレ・あらすじ 6月3日放送

あらすじ

みどり()のマンションで押本(丸山智己)が意識不明の状態で発見された。その後、押本は死亡。警察は姿を消したみどりの行方を追う。一方、久我()に殴られ意識を失っていたみどりは目を覚ます。そこは人気のない久我の別荘。みどりは縄で束縛され監禁生活を強いられる。そんな中、浅野()は岡庭(高橋英樹)にみどりの過去を尋ねる。敦子()は同僚の遠山(黒羽麻璃央)とともにみどりの行方を追う。手がかりを探そうとみどりの家に侵入しあることに気づく。

脚本:政池洋佑
監督・演出:権野元

ネタバレ

・久我に捕えられたみどりを浅野が助ける。
・みどりは押本殺人容疑で逮捕される。

7話の見どころ

さんがウエディング姿を披露。恐怖におびえるみどりを見事に演じています。

最終回の前におさらい!

久我が生きてみどりに迫り狂うというストーリー展開は、ドラマオリジナル。浅野が刑事としての職務を全うする姿も描かれ、いよいよ最終回に突入します。

最終回『希望』のネタバレ・あらすじ 6月10日放送

あらすじ

みどり()は、押本(丸山智己)殺しの容疑がかかる。正当防衛を主張するみどりだが、検察側は殺意があったと主張する。みどりの弁護をする桂(藤田弓子)は、敦子()に証人になってほしいと頼む。証言をすることは、過去をさらけだすこと。敦子は迷うもみどりのために証言をする覚悟を固める。男たちの身勝手な欲望に身も心も傷つけられた敦子とみどり。ふたりに希望はあるのか。衝撃のラスト!

脚本:政池洋佑
監督・演出:権野元

ネタバレ

【寂しい丘で狩りをする】の最終回ネタバレ・小説との違い

【寂しい丘で狩りをする】は芥川賞作家の辻原登の同名小説のドラマ化です。

脚本は【絶対正義】や【死役所】などヒット作を手掛けた政池洋佑と【スナックキズツキ】【星から来たあなた】などを手掛けた今西祐子です。

女に異常に執着する男(押本と久我)に怯えていたみどりと敦子が反撃に出る復讐物語。

主な登場人物は4人。

・桑村みどり()女探偵
・野添敦子()司書
・久我健次郎()みどりの元カレ、別れてもなおみどりを追う。
・押本忠夫(丸山智己)敦子を犯した犯人、執拗に敦子を追う

ドラマ【寂しい丘で狩りをする】はオリジナル要素もあり、小説とはまた違う楽しさが。ここでは、小説との違いを掲載します。(ネタバレありです。ご注意ください)

【人物設定の違い】

・敦子()の職業(小説では映画フィルム会社に勤務)
・浅野()の職業(小説では保険会社勤務)
・押本(丸山智己)の職業(出所後、ラーメン屋に勤務していますが、小説ではぶらぶらしたのち映画館に勤務)

【ストーリーの違い】

ストーリーの大きな違いは、押本が死んでしまうこと。小説では押本は生きています。
敦子が入院するのも、みどりのマンションに隠れるのも、久我がみどりを監禁するのもドラマオリジナル。
ドラマオリジナルの要素はあれど、男にストーカー行為をされ、怯えるのではななく“狩り”に出るという主軸はそのまま生きた内容になっています。

【「寂しい丘で狩りをする」のタイトルの意味】

狩り…山野で鳥獣を追いかけて捕らえること。

男たちがみどりと敦子を追い捕えようとする、つまり「狩ろう」とする。ならば、狩られる前に狩る、と決意をするのがみどり。
追われていた女が追う側(狩る側)に回るということでしょう。

あらすじから察するに、タイトルの意味が最終回で感ずることができそうです。
小説では「丘」の件は描かれていないので、こちらも楽しみのひとつですね。

【寂しい丘で狩りをする】ネタバレのまとめ

【寂しい丘で狩りをする】は、地上波放送前から全話をパラビで配信しています。

すでに視聴した方からは好評のコメントも。

【寂しい丘で狩りをする】は、暴行、ストーカーという犯罪を描いた作品。女がいかに弱い立場であるか、どうしたら、未然に事件を防げるのか、どうしたら男から逃げられるのか、深く問いかける作品だ思います。久我と押本という、狂った男の異常さに立ち向かう、みどりの姿を通して、幸せになるための権利を改めて考えていこうと思います。

【寂しい丘で狩りをする】は、小説同様にドラマもかなりハラハラするのは間違いなし!
深夜にみるのが怖い人は、パラビやTverでの視聴をどうぞ♪♪

【寂しい丘で狩りをする】は、金曜深夜、テレビ東京で放送!(6月10日に最終回を迎えました)

本記事は【寂しい丘で狩りをする】のネタバレとあらすじを最終回まで更新しました。

記事内画像:【寂しい丘で狩りをする】公式サイト

 

コメント