【らんまん】16話|万太郎の嘘が切ない!

らんまん第16話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【らんまん】16話

朝ドラ【らんまん】第16話(第12回)が2023年4月24日(月曜)に放送。

放送後、万太郎(神木隆之介)のついた嘘が切ないと話題で…。

今回は【らんまん】16話のあらすじネタバレ・感想について!

*本ページの情報は2023年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【らんまん】16話のあらすじネタバレ

【らんまん】16話のあらすじネタバレです。

東京から高知に帰ってきた万太郎(神木隆之介)は、道すがら自由について演説をする男(宮野真守)を見かける。

政治結社「声明社」のリーダーの早川逸馬(宮野真守)は「租税を納める人民にこそ、政治に参加する権利がある! そして、この権利は男に女、みな平等にある! 自由は土佐の山間より発したり~!」と民衆に訴えかける。

男女平等を訴える早川に「ほうじゃ!」と声をあげる女性が現れる。声明社の支援者・楠野(島崎和歌子)だった。「女のわてにも権利をくれっちゃ!」など大声を張り上げた。

演説後、楠野は聴衆の中にいた女性・綾を見つけ、 「これはおなごの話でもあるきよ。ほんじゃき、おなごこそ今から生きんと」とチラシを渡して声をかけた。

帰宅した万太郎は峰屋の面々に博覧会の報告をするが、当主らしく立派になった姿に、綾(佐久間由衣)、市蔵(小松利昌)たちも安堵(ど)する。

さらに万太郎はタキ(松坂慶子)に植物の研究はやめると告げる。

万太郎「植物学がどんなものか、ちゃんと教えてもらいました。いやー、夢のようじゃった。ほんじゃき、終わりです。植物の研究はやめます。」「あまりに情けのうて、嫌いになりました」

東京でないと植物学ができなと万太郎は知ったため、情けなくなって、研究をやめると言い出した。タキは心配するが、その後、万太郎はちゃんと酒屋の仕事に興味を持っているようだった。酒蔵にも入ったり、帳面を描き写したり…。

博覧会での競い合いが万太郎を変えた、と綾も感心。しかし、竹雄(志尊淳)は万太郎の本心に気づいていた。

竹雄は「大奥様、ちとええでしょうか。母ちゃん、すまんが外してくれんか」と母のふじ(石村みか)を部屋から出して、タキと2人きりになる。

竹雄が「若旦那のことで、お話が」とタキに話しかけて…(つづく)

らんまん第16話のネタバレ,あらすじはここまで。

<<前回 第15話 | 次回 第17話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

【らんまん】16話の感想|万太郎の嘘が切ない!

ネット上では、万太郎の嘘が切ないと話題で…

万太郎がついた嘘。それは植物の研究をやめるという決断。そして「あまりに情けのうて、嫌いになりました。清々しました」という発言。

あんなに夢中だった草花について、嫌いになるなんて嘘ですよね。それを気づいているのが竹雄。先週、研究か酒造りの家業か、どっちを取るか迫ってしまいましたし・・・責任を感じてしまいますよね。

とても切ない回で、しかも竹雄がタキに進言しようとした、いいところで終わり。続きが気になりますね♪

【らんまん】16話の出演者

【出演】

  • 神木隆之介……役:槙野万太郎
  • 志尊淳……役:竹雄
  • 佐久間由衣……役:槙野綾
  • 宮野真守……役:早川逸馬
  • 菅原大吉……役:豊治
  • 小松利昌……役:市蔵
  • 石村みか……役:ふじ
  • 中村里帆……役:たま
  • 島崎和歌子……役:楠野喜江
  • 松坂慶子……役:槙野タキ

【語り】宮﨑あおい


<<前回 第15話 | 次回 第17話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

画像出典「らんまん」公式HP