2021年夏ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング
スポンサーリンク

【ネメシス】5話のネタバレと感想!風真(櫻井翔)を狙う犯人は“カンケン”と接点が!?

日テレ日曜ドラマ【ネメシス】5話のネタバレと感想!風真(櫻井翔)を狙う犯人は“カンケン”と接点が!?

【ネメシス】5話は加藤諒登場回!

舞台は【天狗伝説】で有名な山奥。
不可解な事件を追う風真尚希(櫻井翔)に命の危機が!?
犯人の台詞が20年前の事件を解く鍵に……。

5月9日放送【ネメシス】5話のゲスト、あらすじ、ネタバレ、感想、視聴率を紹介します。


ADVERTISEMENT

【ネメシス】5話のあらすじ

ネメシス・5話
【ネメシス】5話
画像:https://www.ntv.co.jp/nemesis/story/

【ネメシス】5話のあらすじを紹介します。

『父の願いに花束を』

風真尚希(櫻井翔)は、ニュースを凝視。画面には、ジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)の姿が…。
そこに、美神アンナ(広瀬すず)の好きな料理店「Dr.ハオツー」の料理人であるリュウ楊一(加藤諒)がやって来た。
リュウは、ある転落死についての捜査を依頼。死亡したのは、天狗伝説で有名な山奥で養殖業を営む天久潮(渡辺哲)。世間では自殺と騒がれているが、リュウは、社長が転落死する前日に会っており、自殺をするはずがないと思っていた。なぜなら、潮は3人の息子が家業を継ぐと戻ってきたことを喜んでいたから。
栗田一秋(江口洋介)は死んだ潮の3人の息子のうちの1人の経歴に目をとめ、依頼を承諾。
栗田、風真、アンナ、リュウは、事件の真相を探るべく山奥の養殖場に向かう。
潮の家族は、3人の息子のほか、後妻の郁子(ともさかりえ)、義弟(渋川清彦)らもいて……。
一方、風真はアンナの父・始(仲村トオル)についてを捜査を順調に進めていくのだが……。

【ネメシス】5話のゲスト

【ネメシス】5話のゲストを紹介します。

・渡辺哲 (役:天久潮/あまひさうしお)
ブランドサーモン「天狗サーモン」の養殖業「天久養殖」の社長。
事件被害者。(転落死)

・野間口徹 (役:天久一魚/あまひさかずお)
潮の長男。

・大鶴佐助 (役:天久二男/あまひさふたお)
潮の次男。

・塚家一希 (役:天久三魚/あまひさみつお)
潮の三男。

・小西桜子 (役:愛留/あいる)
三魚の彼女。

・渋川清彦 (役:洋/ひろし)
潮の前妻の弟。

・ともさかりえ (役:天久郁子/あまひさいくこ)
潮の後妻。

5話から登場:加藤諒(役:リュウ楊一)
・チームネメシスのメンバー
・アクロバティックな料理人
・中国人

ドラマ【ネメシス】のキャストと相関図!櫻井翔と広瀬すずの探偵バディが謎解くミステリー! | 【dorama9】

【ネメシス】5話のネタバレ

【ネメシス】5話のネタバレを紹介します。

リュウ楊一(加藤諒)からの依頼

栗田一秋(江口洋介)は、水着姿の小峰らら夏の切り抜きを張る。

風真尚希(櫻井翔)は、ニュースを真剣に見ている。
ジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)が殺人事件の報道をしている。
アンナ(広瀬すず)に「もしかしてこういう女性が好み?」と言われても、珍しく相手にしない。

そこに、Dr.ハオツーのリンリン(三島あよな)が料理人のリュウ楊一(加藤諒)を連れてやってきた。

リュウはある事件のことで依頼に来たのだ。

天狗伝説で有名な山奥で“天狗サーモン”という鮭の養殖業を営む天久潮(渡辺哲)が、泥酔して崖から転落して死亡した。
週刊誌には自殺とほのめかす記事が掲載。
しかし、事件を怪しんでいる。

リュウは、潮が亡くなる前日に偶然出会っていた。その時、離れていた息子たち、長男の一魚(野間口徹)、次男の二魚(大鶴佐助)、三男の三魚(堀家一希)が家業を継ぐために戻って来たことを喜んでいた。そんな潮が自殺などするはずはないという。

栗田は3人の息子のうちの1人が菅容子と繋がると考え依頼を承諾。
さっそく、栗田、風真、アンナ、リュウは山奥の養殖場に向かった。

風真(櫻井翔)、アンナ(広瀬すず)が事件現場に

風真は、タカ&ユージ(勝地涼&中村蒼)に問い合わせをする。
タカから電話をかわった薫(富田望生)から事件の内容を聞く。

潮は、会社の経営がうまくいかず、酒量が増えていた。
大量のアルコールが検出されたことから、泥酔して転落。
というのが警察の見解。

リュウは、潮は酒が強いからありえない、と言い張る。
風真らは、潮の家族に話を聞く。

洋(渋川清彦)…潮の前妻の弟
・潮から2年前に仕事を任されたが儲かっていない。
・潮は殺された。
・犯人は天狗だという。

郁子(ともさかりえ)…潮の後妻。
・潮はお金もないのにコツコツと天狗のお面を集めていた。

一魚(野間口徹)、二魚(大鶴佐助)、三魚(堀家一希)は養殖場で働いている。

二魚
・養殖場の土地を売却しようとしている。

三魚
・借金に追われて恋人の愛留(小西桜子)と帰って来ていた。

**

食事の席。

潮のやり方は古くて時代遅れ。おかげで赤字経営だった、という一魚と二魚。

洋は
郁子が生命保険目当てに殺したんだろう、だから、探偵に泊まってもらい真相を確かめてもらったほうがいい」と言う。
郁子も洋の意見に賛成する。

郁子は、保険金のことは息子たちに内緒にしていた。
潮から口止めされていたのだ。
保険金の受取人は「私です」と郁子。

**

再び、聞き込みをする。

一魚
・過去に大手の水産会社で養殖の研究をしていた。
・保険金のことは知らなかった。

二魚
・会社のお金の管理の担当。
・土地売却の件で潮と喧嘩していた。
・保険金のことは知らなかった。

三魚
・二人の兄に劣等感を抱いていた。
・潮から見下されいたと思っている。


・会社の金を使い込んだ。
・後妻が来ていて、姉の遺産も保険金も持っていかれたことで、潮を恨んでいた。
・物置から「ゲノム」という一魚の声を聞いている。

アンナは、その後、洋が一魚からお金を貰うところを見る。

風真(櫻井翔)の過去

アンナは物置が気になっている。
建物は古いのに鍵が新しく、最近つけたものらしい。
中に入ることができないため、リュウが栗田を踏み台にして飛びあがり、2階の窓から写真を撮る。しかし、画像は暗くてよくわからない。

風真は、始(仲村トオル)の同僚の大和猛流(石黒賢)に連絡をとる。
写真は、インジェクター付きの顕微鏡だろう、とう意見をもらう。
「科学に詳しい知り合いがいるんですね」というアンナに、風真は、昔やっていたという。

風真(櫻井翔)の命が狙われる

その夜、風真とアンナとリュウは夕飯をご馳走になる。
一魚の手料理もおしいくいただく。

泊まる部屋がなく、風真やアンナらはキャンピングカーで寝ることに。
風真とリュウは同じ車に。アンナは二人とは別のキャンピングカーに。

風真とリュウが寝る車の隣に1台の車。
運転しているのは天狗の面をかぶった人間。

二人の乗る車を引き車が走り出した。
リュウと風真は車の中で焦りまくり。

風真
「死ぬの嫌だ~」と叫ぶ。

アンナは車の音を聞き走り出す。
リュウは、車から脱出し、なんとか車を止めようとする。
アンナが綱を引き、リュウが運転席に行き車を止める。

運転席には誰もいなかった。
ガソリンタンクでクラッチを止めていた。

影から物音がし天狗の姿が。
追いかけていくと、小屋の扉が開いていた。
中に入ると、洋がクビを吊っていた。
遺書と思われるものがある。

翌朝。
アンナは「入ります」といつもの時空移動。

犯人ネタバレ

風真の真相解明の時間!

事件関係者が集まる。

・犯人は天狗のお面をかぶり、様子をうかがっていた。
・天狗のお面は洋の部屋にあった。
・遺書に違和感がある。→洋の手は汚れていたが、遺書は汚れていなかった。→誰かが偽造したのでは。

風真「なぜ、私たちが狙われたのか」
理由は、潮の死の真相、天狗サーモンの秘密に近づいたから。

・夕食のときに薬を飲まされたのではないか。だから、眠くなった。それは、一魚の作ったシチューの中に入ってたのでは。
・事件に関する縄の結び方には特徴がある。それは、一魚が結び方と一致する。

以上のことから「犯人は一魚」と風真は告げる。

動機:
スマホで撮った写真には秘密が隠されていた。ボンヤリと映っているのは、遺伝子研究用の顕微鏡。
風真らが写真を撮っているのを見た一魚は、秘密がバレたと感じた。
洋は一魚を脅してお金を要求していた。

決め手。
風真が説明をするとき「天狗のお面」と言った。その時、一魚は「天狗のマスク?」と口にした。
潮の持っているものは大半がお面だ。
マスクだと知っているのは犯人しかいない。

事件全容

一魚は、物置の中で、ゲノム編集による魚の品種改良をしていた。
そこに潮がやってきた。

潮は一魚の研究を認めず、会社を継がせないと言い出した。
出て行った潮を追いかけた一魚は、言い争いになった。
そこで、潮は転落してしまったのだ。
潮を追いかける一魚を洋は見ていた。
「お前、やばい研究でもしているのか」と言い出し脅してきたのだ。

一魚は、父に認めてほしいだけだった。
泣き崩れる一魚に、郁子はいう。
「あの人は、あなたのことを認めていました」
と。

郁子は潮から預かっていた遺書を見せる。
そこには、会社を一魚に任せる。遺産は三等分するように、と記してあった。

二魚と三魚は、自らの行動を反省し、一魚に謝る。

怪しい女

事件は終わり、ネメシスに戻る。

事件途中からいなくなった栗田に風真は、一魚の部屋の写真を見せる。
そして、一魚から聞いた話を伝える。

一魚は、管容子と大学院を卒業した年に会ったことがあり、遺伝子研究所にと誘われたことがある、と話していた。しかし、そこで働くのなら、宿舎も外出も制限されるため、一魚は断ったという。
「同じような話を聞きにきた女性がいた」とも。

栗田「ついに出てきたな“カンケン”が」

**

19年前の事故現場。
花を添え手を合わせる女性。

<続く>

【ネメシス】5話の感想

【ネメシス】5話の感想を紹介します。

 

ネメシス見てた母親がここ可愛いから見て?ってわたしに見せてきたのは、本日第5話の「死ぬの嫌だァァァァァァ」なぽんこちゅ風真でした。可愛すぎる……って悶えてたら巻き戻してもう1回見せてくれました。大野担の母が櫻井翔を可愛いと認識している事実……山推しになったか……?

 

社長と風真さんはなにもかも情報共有している訳ではなさそう、過去の事件を追うという点では一致しているけれど目的はそれぞれ違かったりして…?

 

ジャケット脱いで腕まくりしてる風真さんかっこよすぎてありえないくらいきゅんきゅんした ネメシスさんありがとうございます

【ネメシス】5話の視聴率

【ネメシス】5話の視聴率は、わかり次第更新します。

視聴率記事
【ネメシス】の視聴率一覧!1桁突入で櫻井翔と広瀬すずに黒歴史!? | 【dorama9】

【ネメシス】5話のまとめ

【ネメシス】5話は、加藤諒さんが中国人の料理人・リュウ楊一役で登場しました。派手系アクションが笑えます。
事件は遺産相続にまつわるものかと思われましたが、最後に判明したのは遺伝子研究から発生したもの。この遺伝子研究の話が、20年前の事件と関係していると思われます。
5話のタイトルは「父の願いに花束を」。
父親は転落して死んだ潮のことでもあり、最後の場面で、女性が捧げる花束のことも意味しているのでは。
少しずつ20年前の事件に近づいているようですが、まだまだ、深き謎が渦巻いています。
次回は、神田凪沙(真木よう子)の登場回です。次回もお楽しみに♪

4話<<>>6話

関連記事

【ネメシス(ドラマ)】の原作ネタバレ!小説版全巻、驚愕トリックの連続! | 【dorama9】

【ネメシス】の最終回ネタバレと全話あらすじ!アンナ(広瀬すず)は父(仲村トオル)に会える!? | 【dorama9】

コメント