【ミステリと言う勿れ】のネタバレを最終回まで!黒幕はカウンセラー鳴子巽、星座の謎と結末は!?

【ミステリと言う勿れ(みすてりというなかれ)】のネタバレを最終回まで!黒幕はカウンセラー鳴子巽、星座の謎と結末は!?

2022年1月期月9ドラマのあらすじ・ネタバレを最終回までまとめていきます。

演じるおしゃべりな大学生が巻き込まれる奇妙な事件の黒幕と結末は?

【ミステリと言う勿れ】の全話あらすじ・ネタバレと最終回結末予想について!


ADVERTISEMENT

【ミステリと言う勿れ】のあらすじ・ネタバレまとめ

【ミステリと言う勿れ】のあらすじ・ネタバレを毎週放送後にまとめます。

【ミステリと言う勿れ】1話のあらすじ・ネタバレ

あらすじ
ある日、大学生・久能整(菅田将暉)は、自宅で大好物のカレーを作っていた。料理はほとんどしないが、カレーだけはときどき作る。

カレー作りを楽しんでいると、突然邪魔が入る。近所の公園で殺人事件があり、整の大学の同級生・寒河江が遺体で発見されたと刑事が捜査にやってきたのだ。身に覚えのない疑いをかけられた整は任意同行を求められる。

取り調べ室で事情聴取が行われるが、整は何かと話を脱線させては持論を長々と展開し、警察の矛盾点をズバズバと指摘。

洞察力の鋭い整は、妻との不仲など刑事たちの悩みを見破るだけでなく的確なアドバイスをするため、ついには悩み相談をする人も…。

煙に巻かれて一向に取り調べが進まないなか、整の指紋が付いた凶器が発見される。

整は犯人なのか、犯人にされてしまうのか!?

詳しいネタバレはこちら↓↓

【ミステリと言う勿れ】2話のあらすじ・ネタバレ

ミステリと言う勿れ2話
(C)フジテレビ

あらすじ
バスジャック事件に巻き込まれた久能整(菅田将暉)は、自分をウザがらずに興味を持ってくれる熊田翔(永山瑛太)に興味を持ち、金銭など何の要求もしない犯人たちや乗客を観察する。

一方、大隣署の風呂光(伊藤沙莉)らは、被害者すべてが生き埋めにされていたという連続殺人事件の捜査を進めていた。2つの事件の接点とは!?

【ミステリと言う勿れ】の最終回・結末予想

【ミステリと言う勿れ】の原作は2022年1月現在、単行本10巻が既刊となっています。

1つ1つの事件はかなり込み入っていて、ドラマでは1話完結といかないものが多いので、いくつかのエピソードをピックアップして実写化されると予想。

まるで無関係のようなそれぞれの事件の裏には、鳴子巽なるこたつみという、人気のイケメン心理カウンセラーが関わっています。どうやら、記憶をそして事件の加害者や被害者は星座をモチーフにした指輪などアクセサリーを持っていることが多い。

鳴子巽は、相談にくる患者の記憶や性格を改ざんするなどして、人を操っているようだが、その正体は原作でもまだ見えていない。星座のアクセサリーも鳴子が持たせている線が濃厚だが、星座にこだわる謎も未解明。

何より、主人公の久能整がなぜ鳴子が関わる事件に巻き込まれていくのか、偶然か必然か、運命なのか。

子供の頃の親との関係から心に傷を持つ整も、鳴子と関わって何かを改ざんされている可能性もある。

ドラマのラストでは、すべての黒幕と思われる鳴子巽と、整、最愛の姉・愛珠を犠牲者にされた犬童ガロが対峙すると予想します。

しかし、原作もまだ完結していないので、続きは映画化! となる可能性も大ですね。

各話のあらすじ・ネタバレと結末予想は随時更新していきます!

記事内の画像出典: 「ミステリと言う勿れ」公式サイトより引用

ミステリと言う勿れ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント