2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】138話のネタバレと感想!手打ち式で宣戦布告。惣吉はかをるを諦めない!

【澪つくし】138話のネタバレと感想!手打ち式で宣戦布告。惣吉はかをるを諦めない!

入兆と利根川丸の手打ち式。

出席しないかをるが泣く泣く新婚旅行の写真を焼いている頃、惣吉は静かに梅木に宣戦布告していた!

【澪つくし】138話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】138話のあらすじネタバレ

【澪つくし】138話のあらすじネタバレです。

入兆と吉武の手打ち式

かをる(沢口靖子)が朝、顔を洗っていると梅木(柴田恭兵)が「言いすぎた」と謝りにくる。二日酔いで頭が痛いといいつつ、罪滅ぼしでよけい働かなければと無理しふ明るく振る舞う梅木をかをるは微妙な気持ちで見る。

入兆と吉武の手打ち式が開かれた。かをるは出席しない。

久兵衛が挨拶をする。今回の争いは若い者の責任じゃない。久兵衛ととねにあるとみんなに詫びる。今日はめでたい日だ。海の漁師と陸の醤油屋が酒を酌み交わして親交を深める歴史的な日だ…。

とね(草笛光子)が挨拶に名乗り出る。久兵衛のいうように「仲良くなれ」ときれい事をいうが、すぐに仲良くなれというのは無理だ。ただこれからはケンカをしないということだけ約束してくれと話す。

英一郎と善吉が盃に酒を注ぐ。向かい合う惣吉と梅木。2人が盃を交わすと手締めをする一同。

庭では、かをるが潮来の新婚旅行の写真を燃やしていた。るい(加賀まりこ)がそれを見つける。

英一郎が惣吉の形見としてもらっていた万祝を惣吉に返す。とねがかをるの絵も返すというが、惣吉はあれは自分が金を出して買ったもの、親父も好きだった絵だからそれはできないという。

るいはかをるの本心を聞く。あんなに好きだったのにねぇ。かをるの思いにほだされて外川に嫁にやって…。あのとき心を鬼にして引き離していれば、こんなに辛い思いをすることもなかった。梅木との結婚も早まった。自分が悪いと悔やむ。

かをるは、梅木の妻としてやっていける。惣吉とは縁がなかった。だから神様がこんな形で別れさせたのだろうと明るくいい、るいを安心させる。

惣吉が梅木に宣戦布告!?

酒席の場で、久兵衛は惣吉に再婚を勧める。吉武家の後継者としても身を固めるべきだというが、惣吉は、自分は一度死んだ人間。後継は善吉に譲り、幽霊は幽霊らしき生きていくという。

惣吉は梅木に、かをるを幸せにしてくれと頼むとともに、不幸にしたら取り返しにいくと宣言する。

【澪つくし】138話の感想とまとめ

跡目は善吉に譲って幽霊らしく生きていく。でもかをるの絵は返さない、不幸にしたら取り返しにいく…。冷静だっただけによけい惣吉の決意を感じましたね。

惣吉はこれからどう出るつもりなのでしょうか?

梅木の猜疑心がまたムクムクと大きくなっていきそうで心配です!

137話◀︎◀︎ ▶︎▶︎139話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】