【舞いあがれ!】73話|久留美(山下美月)に恋人ができて祝福の声!不倫疑いも?!

舞いあがれ第73話

【舞いあがれ!】73話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第73話(第73回)が2023年1月17日(火曜)に放送されました。

73話にて、舞の幼なじみ・久留美(山下美月)に恋人がいると発覚!ネットでは祝福の声とともに、不倫を疑う指摘も…?!

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)73話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!
【舞いあがれ!】第16週のネタバレとレビュー!舞が営業職について奮闘へ!?
【舞いあがれ】第16週のネタバレとレビュー!NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第16週「母と私の挑戦」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第16週はIWAKURA再建のため、舞(福原遥)が営業職について奮闘へ!?果たして上手くいくのでしょうか。 今回は【舞いあがれ!】第16週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】73話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)73話のあらすじネタバレです。

ネジの講習

 営業で苦戦中の舞(福原遥)はIWAKURAのネジがどのように作られているかを学ぶため、仕事を終えてからベテラン職人・笠巻(古舘寛治)の講習を受ける。社長のめぐみ(永作博美)も参加した。

 その様子を従業員たちは「笠巻さんもしんどいこっちゃ。素人に一から教えて」「その素人がうちの社長だから情けない」と批判的。

 山田(大浦千佳)は「ようやるわ、なあ?」と同意を求めるも、女性工員の土屋(二宮星)は「ネジ、好きなんで」と笠巻の講義に途中参加する。山田は渋い表情をするが時計を見て「あ、合コン」とつぶやき、急いで出て行く。

悠人の提案

 悠人(横山裕)が突然、自宅を訪ねた。悠人はパイロットを断念した妹にあきれるが、舞は「お兄ちゃんには関係ないやん」と突っぱねる。

 帰りが遅くなっためぐみは悠人に「新しい仕事がどないしてもいるねん。半年以内に経営改善させな、これ以上は融資の返済は待たれへんって信金さんに言われてるよってな」と営業に力を入れていることを明かす。

 めぐみがもらった梨を仏壇に供えていると・・・悠人が「ちょっと話あんねん」と神妙な顔で声をかける。

 悠人はパンフレットを見せて告げる。

悠人
悠人

工場取り壊して、マンションにせえへんか? 初期投資は俺がする。ほんなら借金はなくなって、おふくろはマンションの家賃収入で生活できる。今より楽になるはずや。

 めぐみは、悠人が親や会社のことを考えてくれたことに感謝する。だが…

めぐみ
めぐみ

お母ちゃんな、『楽』やのうても工場続けたいねん

めぐみは工場の取り壊しはしないと告げた。だが悠人は、営業の成果も出ていない現状に、「そんなんで半年後の経営、どないするん。半年ジタバタしたって意味ないわ。連絡待ってる」と言い、実家を去る。

貴司の短歌

夜、舞は営業トークのシミュレーションを一人でしている。しかし、翌日、営業から戻ってきた舞は成果なしで落ち込んでいる。すると、山田がマニキュアを乾かしながら「夜、合コンやから~」などと言い「お嬢さんこそ、どないしたんですかぁ?」と聞かれる。

山田は落ち込む舞に「お嬢さんって、要領わるいですよね。要領良かったらこの工場にはけえへんか。パイロットになるチャンス捨てて」と言い放ち、合コンに出かけていく。

日が暮れた中、舞が仕事を終えて帰宅しポストを見ると、絵ハガキが届いていた。差出人は五島で暮らす幼なじみ・貴司(赤楚衛二)から。

夜空に星が輝く空を映した写真の下には、貴司の字で「君が行く 新たな道を 照らすよう 千億の星に 頼んでおいた」と書かれている。

舞は、貴司の短歌を読んだ後、夜空に輝く月を眺める。

久留美があの医師と恋人関係に

舞は勉強をするため喫茶店を訪れる。するとカウンターに久留美と、医師の八神(中川大輔)が並んで座っていて、楽しそうに会話していた。

久留美は舞に気づいて紹介し、舞も簡単に挨拶だけする。舞は、久留美が笑顔なので幸せな気分になった。

舞はお邪魔にならないよう、ひとり別の席で書籍で勉強する。やがて…八神は電話がかかってきてしまい、病院に戻っていった。

舞は久留美に「いつから付き合ってんの?」と嬉しそうに質問。久留美は、ずっと仕事仲間だと思っていたが、春に告白されたという。だが、仕事できるようになりたいから恋愛なんかしてる暇がないと思って一度断ったという久留美。すると「友達でええから」と言われ、食事したり勉強会をする関係になり、ある日、気づいた。

「別れる時、なんや、胸がキュッとなるなあって」と久留美。舞は「もっとはよ教えてくれたら」というが、舞は自分に気遣ってくれてのことだと分かった。

 舞は「幸せ分けてもらえてめっちゃ嬉しい」と喜ぶ。久留美は八神と付き合ってから頑張れるようになったという。久留美は舞の近況を訪ねる。舞は貴司の絵ハガキを見せた。

 「ええなあ」という久留美だが「星って1000億もあるんやろか」と素朴な疑問をいう。「あるよ。もっともっとある」と舞は答えた。(つづく)

<<前回 第72話 | 次回 第74話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】73話の感想

久留美(山下美月)に恋人ができて祝福の声!

視聴者から、たくさんの祝福の声が上がっていました。

久留美ちゃん、たしかに、お幸せそうですね。よかった、よかった。

久留美の恋に不倫疑いも?!

しかし、久留美の彼氏・八神先生に妻子持ちを疑う声も出ています。なんだか、いい人すぎますが、実は妻子がいるのに隠していて、結果的に不倫になっていたという展開もありそうですが…。どうでしょう。そこまでエピソード描ける尺はないような…。

舞と久留美は反対の立場

父の急逝があったり、貴司がパワハラで退職したり、人生甘くないと思わせる脚本なので、ネガティブな展開を予想しちゃいますが・・・舞の恋が終わり、仕事も大変な状況だからこそ、その分、反対に久留美の幸せを描いていくのかなとも思います。

追いかける夢が違ってしまい恋が終わった舞。一方、久留美は同じ医療関係者ですが医師と看護師で役割は違います。なのに、久留美は【恋をすることで仕事を頑張れる】といっています。恋愛のプラス面を表現する役割を久留美が担当するのかなあとも思います。

そうなると、久留美の幸せは続いていくのかな?と思いますが、何より幼い頃の親の離婚、仕事が長続きしない父の面倒など・・・苦労してきた久留美なので幸せになって欲しいですね♪

あと、第73話では悠人が母が【楽できるように】考えていたことが分かり、ちょっとホッコリしました。けれど、視聴者としてはめぐみが浩太に「楽(らく)じゃないけど楽しい」って言っていたのを知ってるので、納得の拒否でしたね。でも息子に感謝していためぐみさん。こういう細かい会話に、脚本のうまさ、ドラマを見る喜びが現れています。

マンションを断られた悠人は、次はどうするのでしょうか。期待してますよ♪


<<前回 第72話 | 次回 第74話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント