【舞いあがれ!】35話|久留美(山下美月)の涙に「泣いた」「幸あれ」の声

舞いあがれ第35話

【舞いあがれ!】第35話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第35話(第35回)が2022年11月18日(金曜)に放送されました。

35話は望月久留美(山下美月)がついに母と再会して我慢していた涙が流れ、視聴者からは「泣いた」「幸あれ」の声が…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)35話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!
【舞いあがれ!】第7週のネタバレ|「パイロットになりたい!」
【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第7週のネタバレ!NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第7週「パイロットになりたい!」(11月14日~11月18日)のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第7週は舞がパイロットになりたい夢を両親に伝えて…。 今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第7週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】35話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)35話のあらすじネタバレです。

久留美と母親が再会

舞いあがれ第35話
(C)NHK

福岡の喫茶店にて。久留美(山下美月)は離別していた母・久子(小牧芽美)と久々に再会し、バースデーカードを見せ「ありがとう」と感謝した。

久留美は久子に、なぜ自分と父・佳晴(松尾諭)を置いて行ったのか問う。久子は「おいてくつもりなんてなかった」という。

久子は、佳晴がケガで失業後、夫が立ち直るまで家族を支えるため、看護師としてまた働き始めた。しかし、佳晴はどんどん無気力になってしまった。「私がいてたらこの人このままアカンようになる」と思った久子はしばらく実家へ帰りたいと申し出た。

すると佳晴は「せえせえするわ。お前と一緒になれへんかったら、俺もっとマシな人間やった」と言い放った。久子は久留美と家を出ようとしたが…。久留美は「行けへん!私はお父ちゃんとおる!」と父に泣きついた。久子は、涙をこらえながら家を出た。

久留美は「私が行けへんかったらお母ちゃん戻ってくるて思った。ホンマは…戻ってきてほしかった」と、父といたいと言った理由を説明。

母は「何べんも帰ろと思たんやけど一人で生きる道選んでしもた。薄情な母親でごめんな」と謝罪した。

久留美「お母ちゃんの気持ちちょっと分かる気ぃする。お父ちゃん変わってへん。仕事も長く続けへん。文句ばっか言うて自分で頑張ろうとせえへんねん。せやから私、頑張ってんねんで。あの時お母ちゃんに言うてしもたから。お父ちゃんとおるて…。たまにしんどいねん。ずっとこのままなんかなって思たら…私…幸せになれるんかなぁて。」

久子「ごめん。久留美にこんな思いさしてしもうて。久留美、ホンマによう頑張ってねんな」

久留美「私な…看護学校に通ってんねんで。お母ちゃんとおんなじ看護師になる

笑顔で自分と同じ進路を報告してくれる娘を、久子は抱き締めた。

貴司と両親

舞いあがれ第35話
(C)NHK

一方、東大阪では、貴司(赤楚衛二)がようやく帰宅。

貴司は「しばらく考えたいねん。どないして生きてくか」と両親に伝える。

ただ普通に幸せになって欲しいと言う母・雪乃(くわばたりえ)だったが、貴司は「その普通が僕には難しい」と言った。今まで言えなかったのは我慢していたからだが、「それをやめたい」と貴司。

そして、貴司は旅をしながらその土地で働き、自分の居場所を探したいと両親に訴えた。

雪乃は理解できなかった。勝(山口智充)も息子の気持ちが分からないが、それでも認めた。

勝「お前がそう言うんやったらな、やったらええ。ほんで答え見つかったら教えてくれ。お父ちゃんもお母ちゃんもな、お前のこと分かりたいねん。」

貴司「ありがとう」

勝「こっからおらんようになってもな、お前とバッファローズはいつまでも俺の希望の星やで」

むっちゃんは海外へ

舞いあがれ第35話
(C)NHK

五島に残っていた舞(福原遥)は、さくら(長濱ねる)の経営する「みじょカフェ」へ。

一太の父・信吾(鈴木浩介)とさくらと会話する。

さくらは、舞が東大阪にもう戻ると聞き「どうしてみんな、すぐ行っちゃうとやろか。むっちゃんも行っちゃったし」とつぶやく。

舞は「むっちゃん!」の話題に歓喜。さくらの彼氏だと覚えていた。

だが、さくらは「長か遠距離恋愛、ようやく終わって『やっと一緒にいられるね』って言ったら、新しい仕事で海外に行くって…」と、残念がった。

舞は一太はどうするのかと信吾に尋ねると…木戸豪の造船所で働くつもりだという。

一太は舞に恋していた

舞いあがれ第35話
(C)NHK

舞は木戸(哀川翔)の仕事場を訪ねると、そこでは一太(若林元太)が手伝いをしていた。一太は第34話の放送で、舞が貴司を婚約者として連れてきたと勘違いした。

木戸は「何かよぉ。フィアンセじゃなかったとか!」と驚く。舞は「ただの幼なじみやで」と説明。

木戸が「さっきまで、ざまに落ち込んどったとぞ。昔から舞ちゃんのことば好きやったもんな」と、一太の片思いを暴露。

一太は「何ば言いよっとか!関係なか」と取り繕う。

一太の進路の話の流れで舞がパイロットになると宣言すると…木戸と一太は「ばえー」と驚愕。

浩太と祥子

舞いあがれ第35話
(C)NHK

    祥子の家にて。浩太(高橋克典)は、義父の仏壇の前で手を合わせていた。そこへ祥子(高畑淳子)がやってきた。

    浩太は「お義母さん。すんません勝手に」と謝った後、2人は向き合って話す。

    浩太「お義母さん。めぐみさんを大阪に連れていったこと許してください。僕はめぐみさんのおかげで何とかここまでやってこられたんです。子供たちも元気に育って、工場も大きできて…。僕、めぐみさんを幸せにするつもりが、幸せにしてもろてました。けどその分、お義母さんにはさみしい思いをさしてしもて…申し訳ありません」

    祥子「めぐみや、すぐ逃げて帰ってくるっち思っちょった。け、どあん子は帰ってこんかった。そっが、さみしくて、うれしかった。あん子も頑張ったとやろ。浩太さん、めぐみば幸せにしてくれてあっがとね」

    浩太に対して感謝の言葉を伝える祥子。浩太も「お義母さん」と深々と頭を下げた。盗み聞きしていためぐみも思わず涙を流す。

    帰り。祥子の船に乗っているとき、舞は上空の飛行機を発見。「きっと、飛んだるで」と決意を新たにする。

    (第8週に つづく)

    【舞いあがれ!】第8週のネタバレとレビュー!柏木(目黒蓮)と舞の最悪な出会いは恋の伏線?!
    NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第8週「いざ、航空学校へ!」のあらすじネタバレとレビューをお伝えします。第8週は、舞が航空学校を受験。火曜日から本格的に航空学校編へ突入します。目黒蓮(SnowMan)もついに出演で、盛り上がっていきそうです。今回は【舞いあがれ!】第8週のネタバレとレビューについて。

    <<前回 第34話 | 次回 第36話>>
    舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

    【舞いあがれ!】35話の感想

    【舞いあがれ!】35話の感想です。

    久留美(山下美月)の涙に「泣いた」「幸あれ」の声

    35話では、ついに久留美(山下美月)が母親と再会。バイトに勉強にと頑張って来た久留美が「たまにしんどいねん。ずっとこのままなんかなって思たら…私…幸せになれるんかなぁて」と

    視聴者も、もらい泣き。幸せになってほしいと応援する声も多く上がりました。

    久留美ちゃんのお父さん。立ち直ってほしいですね。

    佳晴さんは元ラガーマンなので・・・私(筆者)は佳晴さんが復活するならラグビー関係だと予想しています。

    日本開催のラグビーワールドカップ2019の建設工事に関わるとか?

    あるいは世界中に「ブライトンの奇跡」と称賛された、ラグビーワールドカップ2015の日本代表が南アフリカを破った試合で勇気づけられるとか?

    でも朝ドラの現在の時代は、2005年。少なくとも、あと10年後?長すぎますね(笑)

    久留美ちゃんがしんどそうなので、予想がハズレてほしいと願いますが…。

    貴司・祥子・一太・むっちゃんについて

    そした貴司も両親のもとに戻って、旅して自分の居場所探しをすると宣言。両親に認めてもらえました。

    祥子の娘がいなくて寂しいけど、嬉しいって言葉も…深いです。子供が自立することって寂しいけど、喜ばしいことですよね。

    ほかに気になるのは一太くん。一太くんの恋心がさらっと木戸さんにバラされたのに・・・舞ちゃんは何でもないかのようにする―(笑)一太くん、本気だと思うんですけどね。手紙やメールなど、連絡は取り合っていたのでしょうか。

    そして、いまだ登場しない「むっちゃん」も気になります。もしかしたら実在しないのかな。回想シーンはもちろん、容姿のことも一切でてきてないし、想像上の人だとしたら、さくらさんヤバい人ですけどね(笑)『おかえりモネ』で人前に出るのが苦手なため、最後まで姿を現さなかった宇田川さんのような演出か。でも『舞いあがれ』での演出意図が見えませんね。

    さあ。ラストは舞ちゃんが飛行機を見上げて、決心していました。いよいよ航空学校編。楽しみです♪


    <<前回 第34話 | 次回 第36話>>
    舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

    当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

    コメント