【舞いあがれ!】104話|舞の起業と様々な恋模様の進展

舞いあがれ第104話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【舞いあがれ!】104話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第104話(第104回)が2023年3月1日(水曜)に放送されました。

104話では舞(福原遥)の起業と様々な恋模様の進展が描かれて…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)104話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】のネタバレ・あらすじを最終回まで!2027年の未来に舞が空を舞い上がる!?
舞(福原遥)は御園と新会社「こんねくと」を起業し町工場の技術を活かした商品開発へ。2027年の未来に舞は島を行き来できる電動小型飛行機のパイロットとして空を舞い上がる!? 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介。
【舞いあがれ!】第22週のネタバレとレビュー!舞の「冒険のはじまり」は起業家!?
【舞いあがれ】第22週のネタバレとレビューNHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第22週「冒険のはじまり」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第22週は舞が東大阪の町工場のため、新たな事業を考え始めます。まさに「冒険のはじまり」な第22週。ついに舞が起業家に?そして電動小型飛行機を作る流れか…。今回は【舞いあがれ!】第22週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2023年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】101話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)101話のあらすじネタバレです。

デザインを依頼される舞

舞(福原遥)は河内大学からの電話で、校舎の外壁を小堺(三谷昌登)の作る金網フェンスで飾る件が正式に決まったと聞いて、お礼を言う。

さらに、河内大学から東大阪の技術を集めて、新しい校舎に作る学生のためのフリースペースのデザインを手伝ってほしいと依頼される。

舞はIWAKURAの社長であるめぐみ(永作博美)に相談すると、「うちの仕事の延長というレベルやないなあ。反対してるのとちゃうで。ただ舞の体は一つしかあらへんからな」と心配される。

盛り上がる2代目社長たち

舞(福原遥)は「うめづ」での社長たちの集まりの際、東大阪の技術を使ったインテリア作りを一緒にやってほしいと持ち掛ける。

的場(杉森大祐)は金属のテーブルを提案するが、出来るか不安になる。小堺(三宅昌登)が「ウチかてハンモックできたんやで。あんたとこもできるで」と力強く的場を励ます。みんなから笑い声が起こり、小堺は手元のお手ふきで口を抑え、やや恥ずかしそうに下を向いた。

うちも、こっちもと工場関係者は舞に商品の企画を相談し、盛り上がる。

世の中にないモノを作る

舞は家で遅くまでデザインを考えていた。起きてきためぐみは、インテリアデザイナーになっている舞に「不思議やな」という。

舞は「世の中にないモノを作るで」と、社長たちと盛り上がったことを話す。それを聞いてめぐみは、笑った。それは浩太(高橋克典)が言っていたことだからだ。めぐみは喜びつつ、舞に無理はしないよう心配する。

ノーサイドにて。舞が久留美(山下美月)に相談するとカバン置き場を提案してくれた。久留美は中堅の看護師だが、これからどうキャリアアップするか悩み中だ。

ホンマに大事なこと

貴司(赤楚衛二)は舞に相談する。日本を旅して、子供たちに短歌を教えながら自分でも作ることの件だ。今の生活が大切だという貴司。だが舞は「旅したいんとちゃう?」と聞く。

それには答えられない貴司は、舞の話を聞く。IWAKURAの工場と町工場を繋げる仕事、両方は無理だと思っているという舞。

貴司は「舞ちゃんがホンマに大事だと思う仕事やったらええと思うよ」と助言する。

悠人が近所に越してきた

カフェ「ノーサイド」にて。久留美の父・佳晴(松尾諭)が店主・津田道子(たくませいこ)を花園のイベントに誘っていた。道子は「まあ、ええけど…」と応じる。

久留美(山下美月)が先輩に話を聞きに行くため、父を置いて「ノーサイド」を出ると、悠人とばったり会う。久留美が「大阪、戻ってきはったんですか?」と聞くと、悠人は「うん。近くに部屋借りた」と明かす。

悠人は久留美が手にしていた本に気づいて「キャリアアップか?」と尋ねる。久留美は「はい。これからどうしていこうかなって、きょうも先輩に話を聞きに行くんです」と立ち去ろうとする。

すると悠人は「待って。オヤジさん元気?」と聞き、久留美は「はい。おかげさまで」と笑顔で返した。

舞が起業へ

舞が「うめづ」でデザインを考えていると、御園(山口紗弥加)が訪れる。

舞がやっていることを目にした御園は「その仕事いいね」というが、「仕事といえるか」と苦笑する舞。すると御園は・・・

御園「仕事にしたら? 会社作って。舞ちゃんがやってること、新しいと思うんだよね。町工場同士を横につなげていく仕事。そうやってできた品物とお客さんとをつなぐ。もしかしたら、これからすごく伸びる仕事かもしれない。冒険してみる価値はあると思う。起業するのは冒険でしょ。もし舞ちゃんが起業するなら、私も一緒にやりたい」

この話を耳にした雪乃(くわばたりえさん)は大きな声で「え、舞ちゃん起業すんの!?」と驚く。勝(山口智充)は「声でかいねん」とツッコミながら、「起業すんのかいな!?」と驚きの声を上げた。

店の外で、雪乃が舞と御園に大声を出したことを謝っていると、めぐみがやってきて「起業って」と話しに入る。舞は思いつめた顔で…。

(つづく)

<<前回 第103話 | 次回 第105話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】104話の感想

舞の起業と様々な恋模様の進展

予告で示されていたとおり、舞ちゃんが起業へ。しかも御園さんと一緒という展開へ。SNSでは「ワクワクする」という声があるその一方、「運転資金はあるのか」との心配の声も。会社は資本金1円から作れるので、起業自体はできるでしょうが…。

また、佳晴さんと道子さんの花園デートや悠人と久留美ちゃんの再会の柔らかい雰囲気なども話題に。

ラグビー場がついに登場するのか。そして家が近くなったとのことで、久留美ちゃんと悠人お兄ちゃんの距離が縮まりそうな予感もしますね。望月親子の今後の恋も注目です。

<<前回 第103話 | 次回 第105話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP