【院内警察】7話ネタバレ・感想!武良井(桐谷健太)と榊原(瀬戸康史)それぞれが大切な人を亡くした背景とは?

院内警察7話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【院内警察】7話ネタバレ・感想!武良井(桐谷健太)と榊原(瀬戸康史)それぞれが大切な人を亡くした背景とは?

【院内警察】7話「pray」が2月23日(金)に放送されました。
今回は、かつて榊原の妹に何があったのかを描いていきます。

前回の6話で、外科部長の倉田先生が昔自分の患者を優先して手術したために榊原先生の妹が助からなかったという描写があったよね。

武良井さんも榊原先生も大切な人を失っていて、今もその苦しみから抜け出せていないのよね。


それでは、【院内警察】7話のネタバレと感想をお届けします。

【院内警察】7話のネタバレ

武良井の恋人の死の謎

院内警察7話武良井
ネタバレ
美咲が治験に参加

かつて警視庁捜査1課の刑事だった武良井治(桐谷健太)には恋人・夏目美咲(入山法子)がいた。
美咲は胃がんのステージⅣということがわかり、阿栖暮総合病院で抗がん剤の新薬の治験に参加した。
しかし2ヵ月後に突然、間質性肺炎を発症し亡くなってしまった。
新薬の治験責任医師は榊原俊介(瀬戸康史)だった。

ネタバレ
病院に対する疑惑

武良井は、美咲の死の真相を探るために阿栖暮総合病院の院内交番に勤務することに。
武良井は独自に捜査を進め、武良井と同様かつて警視庁にいて今は院内交番室長の横堀仁一(市村正親)、警視庁捜査1課の城川尚(テット・ワダ)に、これまでわかったことを随時報告していた。
城川は、治験患者が相次いで間質性肺炎で亡くなったことを製薬会社側も把握していて、秘密裏に内部調査を始めたと教えてくれた。
武良井は美咲の日記を読み直して、亡くなった患者たちは治験を中止にしたくなくて肺炎の症状が出たことを黙っていたのかもしれないと言う。
そして、治験の裏で何が起こっているのか、美咲を殺したのは誰なのかを知りたいと話すのだった。

榊原の妹の死の背景

院内警察7話榊原
ネタバレ
緊急搬送された妹

15年前、榊原の妹の榊原希(共田すず)は、HLHS(左心低形成症候群)という先天的な疾患で入院していた。
希は当時14歳で兄の榊原は高校生。(高校時代の榊原:齋藤潤)
榊原が誕生日プレゼントに真っ白な帽子を渡すと希は喜んだ。
退院後、希の願いを叶えるため2人で海へ出かけた時、希がかぶっていた白い帽子が風に飛ばされてしまい、取ろうとした榊原は足を滑らせて海へ落ちそうになる。
希は近くの釣り人たちのところまで走って行き榊原を助けてもらうが、心臓に負担がかかって倒れてしまった。
阿栖暮総合病院の救急外来に搬送される希に、榊原は付き添う。

ネタバレ
妹と同じ病気の少女

現在、阿栖暮総合病院内に入院している14歳の少女・今井結依(梨里花)もHLHS(左心低形成症候群)で、背格好も天真爛漫な性格も希によく似ていた。
結依の“退院したらやりたいことリスト”に「海へ行く」とあるのを見て、榊原は妹の面影と重ねてしまう。

ネタバレ
妹との約束

少年時代の榊原は、将来医者になって病気を治す、と希と約束していた。
その時に借りたシャープペンシルは医師になってからも白衣の胸ポケットに大切に入れてある。
榊原が医師になるまで、妹の命は待ってくれなかった。
希の月命日に墓参りに行った榊原は、そこで住職に「もらってばかりで何も返せていない」と言うと、住職は「返せないならほかの誰かにあげるのもありじゃないですか」と言われる。

ネタバレ
過去にとらわれ過ぎでは

武良井は、治験患者から6人目の間質性肺炎患者が出たと聞き、「どう考えてもおかしい」と治験の責任者である榊原に食ってかかるが、「過去にとらわれ過ぎではないですか?いくら調べても夏目美咲さんは帰ってこない」と突っぱねる。

清宮からの依頼

院内警察7話武良井と川本
ネタバレ
別れた妻を捜してほしい

ある日、退院が決まったという清宮松雄(でんでん)が「依頼したいことがある」と院内交番へやって来た。
10年以上前に出て行った元妻を捜してほしいという。
それは流石に院内交番の仕事ではない、と川本響子(長濱ねる)は渋ったが、武良井は自分がやると引き受けた。
武良井と川本は病院のデータベースを手掛かりに捜して、清宮の別れた妻、遠藤康恵(山本道子)の元を訪れる。

ネタバレ
元夫と元妻それぞれの本心

武良井は、家の権利のことで署名がほしいという清宮からの伝言を伝えたが、康恵は会いたくないと拒否した。
川本が、清宮は昨日も「絶好調」と言っていてもうすぐ退院するのだし元気な姿を見せたいのではと一生懸命説得すると、康恵は清宮が「絶好調」という時は相当無理している時なのだと話す。

実は清宮は余命わずかと宣告されていた。
武良井は、康恵から託された電話番号のメモを清宮に渡す。
意地を張っていた清宮だったが、その後電話をかける。それがかつての夫婦の最後の会話になった。

死にたくない

ネタバレ
死ぬ前にやっておくこと

清宮が亡くなった。
よく遊んだり話したりしていた結依は強いショックを受ける。
結依は、自分が“退院したらやりたいことリスト”を書くきっかけとなった清宮のノートを見つけた。
ノートを開くとそこには“死ぬ前にやっておくこと”と書いてあった。
リストの最後に「わらびもちを飲む」と書いてあって、それは結依と約束していたことだった。

結依からノートを受け取った武良井は、病院にやってきた康恵にそれを渡した。
リストの最初には康恵と娘と孫に会うことが書かれていた。
康恵はそこにチェックの印をつけ、武良井に丁寧にお礼を言う。

ネタバレ
俺が治す

結依は清宮の死を受け止めきれず、「死にたくない」と榊原に訴える。
結依の声がかつての希の声と重なり、胸のシャープペンシルを握りしめる榊原。
ゆっくりと結依の肩に手を置き、榊原は強い瞳で静かに告げる。
「大丈夫だ。俺が治す」

【院内警察】7話の感想

榊原の悲しい過去

榊原先生の高校生時代を演じているのは、齋藤潤さん。
瀬戸康史さんに面差しが似ていますね。
妹を大切に思う気持ちが繊細な表情から伝わってきました。

妹を失ってからずっと感情を表すことを自分に許していなかったのかと思うほど、榊原先生はこれまでほとんど表情を変えませんでしたが、妹の希と重なる存在の結依と出会うことで激しく感情を揺さぶられます。
瀬戸康史さんの瞳の色の変化にグッときました。
「過去にとらわれ過ぎ」と武良井さんに告げていましたが、それは榊原先生自身のことのようでもありました。
白い帽子が風に飛ばされてからの一連の出来事は誰のせいでもない。
わかっていても、大切な存在を守れなかった苦しみから抜け出せないままなのでしょう。
結依を救うことで榊原先生自身が救われるのではないかと期待します。
住職に言われた言葉、「返せないならほかの誰かに」がキーになりそうですね。

清宮の存在感

清宮さんは1話から、物語の導入を担ったり、事件を解決するヒントを提供したり、緊張を緩和する役割をしたりと、抜群の存在感でした。
言いたいことをズケズケ言っても、どこか憎めないチャーミングな魅力がありました。
でんでんさんの絶妙な間と豊かな表現力が心に残ります。お別れが寂しいです。

7話のタイトル「pray」は「祈る」という意味。
Eve が歌う主題歌のタイトルでもありますね。

次回、8話は3月1日(金)夜9時からです。どうぞお楽しみに!

記事内画像出典:「院内警察」フジテレビ