【ハヤブサ消防団】の視聴率一覧と推移!

ハヤブサ消防団
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ハヤブサ消防団】の視聴率一覧と推移!
2023年7月期・テレ朝木曜ドラマ【ハヤブサ消防団】の視聴率と推移、過去作の視聴率についてまとめていきます。

【ハヤブサ消防団】の視聴率一覧

【ハヤブサ消防団】の視聴率をまとめていきます。以下、視聴率は関東地区、世帯、リアルタイム のデータ、放送日は予定です。

放送日 視聴率
1話 7月13日 10.5%
2話 7月20日 9.4%
3話 8月3日 7.5%
4話 8月10日 8.4%
5話 8月17日 8.8%
6話 8月24日 9.6%
7話 8月31日 8.6%
8話 9月7日 10.1%
9話 9月14日 10.6%

【ハヤブサ消防団】番組最高視聴率・番組最低視聴率

【ハヤブサ消防団】番組最高視聴率は、 10.6%(9話)

【ハヤブサ消防団】番組最低視聴率は、7.5%(3話)

※毎話放送後に更新します。

【ハヤブサ消防団】の視聴率

【ハヤブサ消防団】の視聴率をまとめていきます。

1話の視聴率

ハヤブサ消防団1話

1話の視聴率は10.5%でした。なかなかの好発進ですね

仕事に行き詰まり、都会での孤独にも疲れた主人公のミステリ作家・三馬太郎(中村倫也)が、ハヤブサ地区に移住。地元の人たちと触れ合う中で自分が消防団に入団。のどかで平和な町に似つかわしくない、連続放火事件に巻き込まれ始める。

2話の視聴率

2話の視聴率は9.4%でした。

ハヤブサ消防団2話

三馬太郎(中村倫也)は、消防団が日頃の訓練の成果を披露する“消防操法大会”の練習で連日へとへと。ハヤブサ地区を襲った連続放火事件の犯人が、先日遺体となって見つかった山原浩喜(一ノ瀬ワタル)というウワサが広がる中、太郎はハヤブサの町おこし動画企画に関わることになる。絶対負けられない“消防操法大会”でハヤブサ消防団はたいへんな失敗をやらかしてしまう…。

3話の視聴率

3話の視聴率は7.5%でした。

ハヤブサ消防団3話

ハヤブサ地区の町おこし動画のシナリオを書き上げた太郎(中村倫也)は、彩(川口春奈)と打ち合わせ。以前のような素っ気なさはなく、はつらつと企画を進める彩との会話に心地よさすら感じる太郎だったが、彩には重大な秘密があった!
太郎は、写真好きだた亡き父の昔のアルバムから、独特のオーラを漂わせる女性(小林涼子)のポートレートを発見。シャクナゲの花を手に微笑む彼女はいったい何者なのか!? 太郎は彼女の素性を調べ始める。

4話の視聴率

4話の視聴率は8.4%でした。

ハヤブサ消防団4話

亡き父の法要のため“随明寺”を訪れた太郎(中村倫也)は、放火事件の被害者がいずれも高額の寄進をしていたことに気づく。また中山田(山本耕史)から、ハヤブサのPR動画企画が町長・村岡信蔵(金田明夫)のダメ出しによってぽしゃったことを聞き、太郎はがく然とする。なぜ嘘をついたのか…、彩(川口春奈)を問い質すと、彩は完成した脚本を町長に見せて考え直してもらうつもりだったと訴える。しかし太郎は嘘をつかれたことがやるせなく、2人の関係には亀裂が入ってしまう…。

5話の視聴率

5話の視聴率は8.8%でした。

ハヤブサ消防団5話

意中の彩(川口春奈)と一夜をともにして、浮かれていた太郎(中村倫也)を地獄に突き落としたのは、中山田(山本耕史)からの衝撃の情報だった。彩は「東京アーツムービー」という制作会社に勤めていたが、退職してからは新興宗教、しかも12人の信者を殺戮した恐ろしいカルト教団「アビゲイル騎士団」に入信、広報担当として教団のPR動画を制作していたという。衝撃の事実を聞いた太郎は彩とどう接すればよいのかがわからないでいた…。

6話の視聴率

ハヤブサ消防団6話

6話の視聴率は9.6%でした。

彩(川口春奈)の過去をすべて受け入れて交際し始めた太郎(中村倫也)。次なる放火事件を阻止するためにいろいろ調べていると、そのターゲット候補の家にルミナスソーラーの真鍋(古川雄大)が出入りしていることがわかる。消防団員とともに張り込みをするが、逆に警察に通報されてしまう。

7話の視聴率

ハヤブサ消防団7話

7話の視聴率は8.6%でした。衝撃の注目回でしたが、1%ダウンしたのは、バスケットボールW杯と一部重なった影響か?

江西和尚(麿赤兒)らと協力して消防団内に潜む放火犯を突き止めた太郎(中村倫也)。新刊のサイン会と消防団の研修旅行を兼ねて東京へ。楽しいはずの東京旅行で太郎は、放火犯の正体を明かす。その頃、ハヤブサでも大きな異変が起きていた…。

8話の視聴率

ハヤブサ消防団8話

8話の視聴率は10.1%でした。

省吾(岡部たかし)の死にショックを受けた太郎(中村倫也)と消防団員がハヤブサに戻ると、明らかに普通の観光客ではないたくさんの人々で街が賑わっている。彩(川口春奈)のもとに駆けつけた太郎を迎えたのは、アビゲイル騎士団の顧問弁護士だった杉森とルミナスソーラーの真鍋(古川雄大)。彩は太郎と目を合わさず部屋に入ってしまい…。

9話/最終回の視聴率

ハヤブサ消防団最終回

9話の視聴率は10.6%。1話の10.5%をわずかに超えて自己最高を記録しました!

アビゲイルの信者が聖母・山原展子(小林涼子)の出生地であるハヤブサを乗っ取り、聖地=ユートピアを建設しようとしている。アビゲイルが記念すべき日、皆既日食の日には彩(川口春奈)を新たな聖母とする儀式を行う予定だ。太郎(中村倫也)と消防団員はハヤブサは自分たちの手で守る!と決意。太郎は、作られたニセ聖母ではなく、リアルな展子の人生を文章で綴り、彩を思いとどまらせようとするが…。

中村倫也主演ドラマの視聴率

過去に放送された、中村倫也が主演またはヒロイン相手役で出演したおもな連続ドラマ(GP帯)の視聴率を見てみましょう。

ドラマ名 期間平均視聴率 放送枠 放送年
凪のお暇(主演は黒木華) 9.9% TBS金10 2019
美食探偵(主演) 8.6% 日テレ日曜10:30 2020
この恋あたためますか
(主演は森七菜)
9.5% TBS火10 2020
石子と羽男-そんなコトで訴えます?-
(有村架純とW主演)
7.3% TBS金10 2022

テレ朝木曜ドラマの視聴率

【ハヤブサ消防団】と同じテレ朝・木曜ドラマ枠で放送された過去2年間の連続ドラマの視聴率をまとめました。

ドラマ名 主演 期間平均視聴率 放送クール
緊急取調室4 天海祐希 12.1% 2021夏
ドクターX〜外科医・大門未知子〜7 米倉涼子 16.5% 2021秋
となりのチカラ 松本潤 9.2% 2022冬
未来への10カウント 木村拓哉 10.9% 2022春
六本木クラス 竹内涼真 9.3% 2022夏
ザ・トラベルナース 岡田将生 12.1% 2023秋
警視庁アウトサイダー 西島秀俊 9.5% 2023冬
ケイジとケンジ、時々ハンジ。 桐谷健太 8.2% 2023春

【ハヤブサ消防団】の視聴率予想と結果

TVerなどの配信が一般的になり、リアルタイムの視聴率が総合的に低くなっている中でも、テレ朝の木曜ドラマはわりと安定的な視聴率を記録しています。

今回は、中村倫也主演で、実写化ドラマにほぼハズレのない池井戸潤原作なので、10%越えからスタートするでしょう。

→10.5%からの好発進となりました!

最終回は10.6%で、初回をわずかに超えて有終の美を飾りました!

記事内画像出典: 番組公式HPより引用