【カムカムエヴリバディ】85話│五十嵐(本郷奏多)の「寂しいだろ、バカ」に大反響!

カムカムエヴリバディ85

【カムカムエヴリバディ】85話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第18週 第85話が2022年3月2日に放送されました。

第85話では、五十嵐()の「寂しいだろ、バカ」に大反響で…。

今回は【カムカムエヴリバディ】85話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】85話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】85話のあらすじネタバレです。

一子(市川実日子)「ぎこちなかったわあ」

すみれ()が映画村のステージの仕事で茶道家の役をするため、お茶の稽古をすることに。

一恵()・一子()と向きうすみれ。

ひなた()・榊原()も付き添いで来ている。

すみれ:「美咲すみれです。よろしくお願いいたします。」

一子:「ホンマやわ。テレビで見たことある人や。」

すみれ:「サインしましょか。」

一恵:「お母さん!」

一子:「いや、それはいりません。去年やったやろか、破天荒将軍にゲストで出てはりましたね。」

すみれ:「ええ。珠姫の役で」

一子:「あのときもお茶たててはって。ぎこちなかったわあ。」

悪い空気を変えようと、榊原が「茶室まで使わせてくれてありがとうございます。」と感謝を述べる。

一子:「ああ、かまへん。そやけど私は、あくまでも一恵の後見やから。あんた(=一恵)が責任もって指導しよし。失礼します」

すみれ「何よ!お師匠さんが教えてくれるんじゃないの?」

すみれは不機嫌に。ひなたは自分がますます忙しくなることを覚悟した…。

その頃、五十嵐()は道場で、虚無蔵()から稽古をつけてもらっていた。

五十嵐は、ひなたが「読み合わせ手伝おうか仕事終わったら道場行くわ」と言っていたのに、来ないことに不満げで…。

すみれ(安達祐実)の愚痴

茶道の稽古の後、すみれはひなたを居酒屋に誘って、酒を飲む。

すみれは「大女優」と書かれたおちょこで酒を飲み、愚痴をこぼす。

すみれ:「何なの、一恵!百恵の百分の一が偉そうに!なんで私が映画村のバイトにしごかれなきゃならないの!」

一恵が細かい指導に、すみれの不満はたまっていた。主役じゃないことにも怒るすみれ。

ひなた()は「すみません」「ホンマすみません」と謝ってばかり。

お酒を飲んでいないひなた。「未成年です」というと「さっさと成長しなさいよ、気が利かないわね」と怒るひなた。

ひなたは「すみません」と受け流した。

ひなたは榊原に電話して会報作りは明日まででいいか確認する。道場にまだいるのかも尋ねてみたが、「電気消えていたわ」という。

ひなたは茶道の付き添いと日常業務もするため、忙しい。

また茶道の稽古の後、居酒屋に誘われたひなた。抹茶を飲みすぎてお腹タポタポだ。

ひなたは、何日も五十嵐に会えなくなる。五十嵐の扮装バイトのシフト表を確認したりもした。

お茶は相手のことを思う気持ち

やがて、すみれの不満がピークに達する。

すみれ:「もう、やってられない。」

すみれが茶室を出て行こうとすると、榊原が「すみれさん。稽古を続けてください。」と立ちはだかる。

すみれはステージの客の半分は子供だから茶道なんて誰も見てない、と怒る。

榊原は「僕が見てます」というが、すみれは「映画村の平社員が見ててなんになるの」と言い放つ。

一恵が間に入り「榊原さんは、ここがすみれさんの正念場やと思ってるんです。それはつまり、榊原さんにとっても正念場やと思います。せやから私も未熟ながらお手伝いさせてもらってるんです」と告げる。

そこに、一子()がやってきて「はい。そこまで。みんな座りよし」という。

そのころ、五十嵐は虚無蔵から「今日はここまで。雑念がある限り、いい殺陣はできん」と稽古を早めに終わらせられる。

茶室にて。お茶を飲んだみんなはホッとしていた。

一子:「落ち着いたか?お茶はなあ、作法の正確さでもない。仕事の成功の道具でもない。相手のこと、思う気持ちや。それだけのもんや。」

その言葉を聞いた ひなたがなぜか泣き出して、「すみません。失礼します」と立ち去る。

結末

ひなたは、五十嵐に会いに行った。しかし道場には誰もいない。

トボトボと下を向きながら家に帰るひなた。

すると、商店街のベンチに五十嵐が座っていた。

五十嵐は立ち上がり「何なんだよ、お前。いつもうろちょろ、邪魔ばっかりするくせに。映画が決まったとたん、姿くらませやがって」

ひなた:「映画村のステージにすみれさんの出番が決まって。茶道の稽古に付き合うように、榊原さんから言われて。毎日、いっちゃんちの茶室行って。お茶がぶかぶ飲んで。すみれさんの愚痴聞かされて…」

涙するひなた。五十嵐はそんなひなたを抱きしめて・・・

五十嵐:「ちゃんと毎日、顔見せろ。寂しいだろ。バカ

そう言って五十嵐は去って行く。ひなたはその場で腰がくだけて座り込む。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】85話の感想

五十嵐(本郷奏多)の「寂しいだろ、バカ」に大反響!

五十嵐()が「寂しいだろ、バカ」と、ひなたを抱きしめました。ツンデレがさく裂したシーンにSNSは大反響で…。

すごい急展開なラストでした。ビックリです。

朝ドラ受けでも「昨日見逃したかな?」と驚いていましたが…ひなたも、座り込みますよね。そりゃあ。急にこんなデレをされたら(笑)

五十嵐(本郷奏多)のハグは急なのか?

急は急なんですすけど…振り返ると、五十嵐()のハグが急展開にならないように、と演出・構成してたのが見て取れます。

五十嵐が稽古に気持ちが入っていない様子や、ひなたが来るのを道場で待っている数秒シーンがあったのは今回のラストのため。

でも、映画デートや大月家での食事シーンはありましたが、ボディタッチ、触れ合う関係ではなかったのですよね。

それでも…ひなたのことを「気になる存在」になっていったのは充分、感じ取れると思います。

私(筆者)は五十嵐に「なにこの感じ!?」と思ったのが明確にあって…

それは80話でのこと。

「大月家」の隣の空き地で、ひなたが回転焼きを買いに来た五十嵐と雑談していたとき。

バイトのことで、いっちゃん()がひなたを訪ねてやってきたのですが…

一恵が来たとたん、「これで」と去っていったんですよね。

その去り方が、なんか見られたくないという感じがにじみ出てて…二人だけの時間だったんだなあ、と私は感じました。考えすぎかもしれませんけどね(笑)

すみれ(安達祐実)に応援の声

朝ドラ受けを見ていて、私(筆者)が驚いたのは、「すみれさん健気(けなげ)」「すみれさん頑張って」と応援していたこと。

私は、すみれの態度ひどいなあと思って見ていたんで。お酒飲めるように成長しろってムチャブリすぎるし(笑)

しかし芸人さんの「博多華丸・大吉」さんはイベント的なステージにもたくさん出ているからでしょう。その経験から、茶道なんて「遠くて見えない」という観点で、すみれさんをかばっていました。何日も稽古をするなんて凄いと。

たしかにそうなのかも。これはステージに立つからのリアルな視点ですね。

そして、すみれさんの居酒屋のシーンは裏を返せば、ひなたの前でしか不満言わずに頑張っていたとも言えますね。

すみれさん、頑張って!って、応援したくなりました。

84話< >86話

画像出典:NHK

コメント