【カムカムエヴリバディ】80話│虚無蔵(松重豊)とモモケンの噂

カムカム80

【カムカムエヴリバディ】80話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第17週 第80話が2022年2月23日に放送されました。

第80話では、虚無蔵()とモモケン()の噂が明かされて…。

今回は【カムカムエヴリバディ】80話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】80話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】80話のあらすじネタバレです。

オーディション開催

日本映画史上最大の駄作と言われた「妖怪七変化!隠れ里の決闘」がリメイクされることが決まった。

ひなたは家に帰って、ポスターを見つめる。そこにはひなたの知らない侍たちの思いが交錯していた。

五十嵐()は新選組のかっこうで、観客と写真を撮っていた。ひなたは映画村のパンフレット用に五十嵐を撮影。

休憩室にて。ひなたと五十嵐は、テレビでのモモケンの制作発表を見る。

するとそこで「妖怪七変化!隠れ里の決闘」の小野寺左近という敵役(かたきやく)だったが、今回はオーディションで決めると発表がある。※前回は、伴虚無蔵()が敵役。

すみれ(安達祐実)の不満

五十嵐は、回転焼きを買いにきた。

ひなた:「ホンマに受けるん?勝ち目あるん?」

五十嵐:「お前でも、条映のコンテスト出られただろ?虚無蔵さんに特訓してもらうよ。だって虚無蔵さんが演じた役のオーディションだから」

そこへ一恵()がひなたを訪ねて来てバイト募集の件を聞いた。

映画村にて。ひなたは榊原に一恵を紹介する。

美咲すみれ()がやってきて榊原に不満をぶつける。

すみれ:「なんで、女優のオーディションはないのよ。」

榊原:「モモケンさんの映画は、管轄外のもので。」

虚無蔵(松重豊)とモモケン(尾上菊之助)の噂

そして、すみれに連れられて、ひなたは食事に行く。

伴虚無蔵とモモケンの関係の噂を美咲すみれから聞く。

そもそもロクな男じゃないのよ、あの2代目モモケンは。先代は映画一筋の人だった。でも息子である2代目は、これからはテレビの時代だって先代と仲違いしたの。そのくせ先代が亡くなったとたんに二代目モモケンを襲名してさ。今度はモモケンの遺作を再映画化なんて、調子いいったらありゃしない。」

ひなた:「すみれさん、やめてください。おゆみちゃんが黍之丞の悪口いうの聞きたくありません。」

「可哀そうなのは、虚無さんよ。本当はあの映画、先代と2代目の親子共演で企画されてたらしいわよ。でもテレビのスターだった二代目が拒否した。」

ひなた:「えっ。そうだったんですか」

ひなた:「それで、当てつけみたいに虚無さんを抜擢したの。でも映画は失敗。駄作だっていわれて、先代は亡くなり、虚無さんは大部屋に逆戻り。あの役をオーディションにするなんて、2代目の虚無さんに対する嫌味じゃない?」

うしろの席には、赤螺家の家族がいた。吉之丞()がすみれにサインをもらうが箸袋?!嫁の初美(宮嶋麻衣)が「せめて伝票に」というので、すみれが怒った。

ひなたは、吉右衛門がモモケンに興味あるのか尋ねる。吉右衛門はモモケンのデビューした年に産まれたという。

母・清子()は、あの日は賑やかだったと懐かしむ。朝早くに産気づき、店を空っぽにしまい…近所の和菓子屋さんの子に貴重なラジオを盗まれたという。ひなたは犯人を許せなかった。

吉右衛門・清子は吉兵衛につらく当たったのが最後なのを悔やみ「お父ちゃん!」「あなた!」と泣いた。

結末

その頃、虚無蔵と五十嵐は雑巾がけをしていた。

五十嵐:「虚無蔵さん。左近の殺陣教えてください。」

虚無蔵:「断る。」

五十嵐はひとりで練習する。

そして、モモケンがやってきて虚無蔵に「悪く思わないでくださないね。このたびのオーディション」と告げた。

虚無蔵は自分もオーディションを受けるとモモケンに告げた。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】80話の感想

80話は、虚無蔵()とモモケン()の噂が明かされました。

モモケンは、虚無蔵に対する嫌みでオーディションを開催する、と。

モモケン、お父さんと仲違いしてて、敵役を断ったのに、リメイクするんですね。

リメイクはヒットしなかった映画だからこそ、するようですが…

モモケンは、父の遺作が駄作と言われている、その印象を覆したいのかな?と私(筆者)は思いました。

ただオーディション開催は、敵役が問題だったとモモケンは思っている?

今週はあと2回。モモケンと虚無蔵の因縁はいかに結末を迎えるのでしょうか。注目してます♪

79話< >81話

画像出典:NHK

コメント