【カムカムエヴリバディ】36話│ロバート(村雨辰剛)からのお花

カムカムエヴリバディ36話

【カムカムエヴリバディ】36話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第8週 第36話が2021年12月20日に放送されました。

第36話では、ロバート(村雨辰剛)からお花をもらった安子()。

しかしその場面を目撃されて…

今回は【カムカムエヴリバディ】36話のあらすじネタバレと感想について。

【カムカムエヴリバディ】36話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】36話の内容は…

勇(村上虹郎)の告白

安子()は、勇()に告白される。

勇は進駐軍との試合で勝ったら兄と認めてくれると思って試合に挑んだという。

勇:「これからはわしが守りてえ。おめえのこともるいのことも」

「たちばな」再建

勇が安子にプロポーズをしてから数日が経った。

算太()は「たちばな」再建のめどがつきそうだった。

算太:「おかげさんで、ええ物件がみつかりまして。信用金庫で、お金を借りればいよいよ『たちばな』再開です。」

千吉は算太に背広を貸すことを約束する。

きぬ(小野花梨)の気遣い

安子は、きぬ()に勇のことを相談する。

きぬ:「勇ちゃんのことは、好きじゃろ?」

安子:「もちろんじゃ。」

きぬ:「だったら、何が問題なん?」

そこに、ロバート(村雨辰剛)がやってきた。

きぬは、安子からロバートに紹介されたが、何かを察した安子は耳打ちする…

きぬ:「安子ちゃん、今日は店に戻らんでええよ。安子ちゃん、自分がどねんしてえんか、はっきりさせんといけんよ。」

算太(濱田岳)が求婚?!

算太が信用金庫へ行く日。雪衣()が算太の身なりを整える。

算太:「雪衣ちゃん。店を始める家が手に入ったら、そこでわしと一緒に暮らしてくれんか?

算太は雪衣にプロポーズともとれる言葉を告げる。

勇(村上虹郎)に目撃される

安子は、きぬの計らい(=残りのおはぎを売ってくれる)もあり、ロバートとジャズ喫茶へ行った。

夢だった「たちばな」の再建がもうすぐ叶うと、安子は笑顔で話す。

その帰り、ロバートは安子のおはぎが美味しいのは、おまじないだけでないと分かったという。

ロバート:「子どもの頃の思い出の味、悲しみの味、それから、るいちゃんへの愛情なのですね

ロバートは花を買って、安子にプレゼントした。

亡き奥さんへのだと思っていた安子は驚く。

ロバート:「I'm impressed by .You are an amazing woman」(あなたには感服です。あなたは素晴らしい女性だ。

別れ際、安子は「さん」を付けずにロバートと呼んだ。

安子とロバートが別れたあと、勇が声をかけてきた。

勇:「誰?今の人、誰なら?」

安子:「違うんじゃ。あの人、進駐軍の・・・今は、一緒にテキスト・・・るいも一緒に。違うんじゃ。そげなことじゃ。」

必死に取り繕う安子。

勇は「そうか。わかった。」と言って去るが、その日、勇は遅くまで店で酒を飲み、家に帰らない。

しかも英語のラジオが気に入らず、客と喧嘩して…。

結末

安子は「たちばな」再建のめどがたったこの機会に雉真家を出る決断をする。

兄と、るいと家をでることを千吉()に話すが…。

千吉:「そうか。そういうことか。それがあんたが出した答えなら止めはせん。じゃけど、それは るいとは暮らせんいうことじゃ。」

安子:「るいは、私の子です。けっして離れません。」

千吉:「赤ん坊のるいをあんたに任せた結果、どげんなった?」

千吉は大阪の医者に、るいの傷を見てもらった結果、目立たないようにすることはできると聞いたという。

安子は、たちばなの資金とは別に、るいの手術費用は貯めていた。

しかし、千吉は「途方もない金がかかることじゃ。雉真繊維の力がなければ、治してやれん。それでも、るいを連れてでるいうんか。それが、るいのためじゃいうんか。雉真の子として生きていく。それが、るいにとって一番ええんじゃ。」と告げる。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】36話の感想

ロバート(村雨辰剛)からお花をもらった安子。これはもう恋ですよね。

きぬちゃんも気が付いたようです。

勇ちゃんに見られて「違う」と焦る安子。やましい(?)ことがある証拠。

勇が酒に溺れてしまうのもそういうことですね。

恋人のような雰囲気が出てる、と。

しかし別の問題もあります。るいを雉真家においていくのが一番るいのため、なのか問題。

親子は一緒に暮らし生きるのが何よりだと思うのですが…。今週も辛い展開がありそうですね。

35話< >37話

画像出典:NHK

コメント