【カムカムエヴリバディ】37話│勇(村上虹郎)が雪衣(岡田結実)に「ひでえ」ことをした?

カムカムエヴリバディ37話

【カムカムエヴリバディ】37話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第8週 第37話が2021年12月21日に放送されました。

第37話では、勇()が雪衣()に「ひでえ」ことをして…!?

今回は【カムカムエヴリバディ】37話のあらすじネタバレと感想について。

【カムカムエヴリバディ】37話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】37話の内容は…

安子()は、雉真家を出る覚悟を決めた。

しかし、それは娘・るい(古川凛)と暮らせないことを意味ししていた。

安子はるいを抱きしめて泣いた。

「どねんしたん?お母さん?」るいは母を心配した。

勇(村上虹郎)が雪衣(岡田結実)に「ひでえ」ことを…

その日、勇()は酔っぱらって夜遅く雉真家に帰った。

玄関先に雪衣()が待っていた。

雪衣:「なんかあったんですね。安子さんと」

雪衣は勇の部屋で、勇の傷の手当てをする。

勇:「アメリカじゃ。兄さんを殺したアメリカの男に、あんこは心ひかれとる。」

雪衣:「無様ですね。雉真の坊ちゃんが。お酒くせえ。もう寝てください。朝一番にお風呂に入れるよにしておきます」

去ろうとする雪衣の腕をつかみ、座らせる勇。

勇:「無様でけっこうじゃ。赤チン(=消毒液)くらいでこの傷が治るなら世話あねえ」(※心の傷も治せという意味?)

見つめあう2人。

雪衣:「ひでえ人じゃの。今も、たった今も、安子さんのことを思うとるくせに。」

勇:「わかっとるんじゃったら、出ていきゃええ。出ていけ」

雪衣は勇を見つめて動けない。

***

朝日が昇った頃、算太()は廊下でバッタリ雪衣と会った。勇の部屋から出てきたところだった。

この日、算太は信用金庫へ向かった。

るいのために

算太が信用金庫に行くのを見送った後、安子はるいに重要な話をする。

安子:「るい。信用金庫からお金を借りる話がまとまって、新しい家とお店が手に入ったら、お母さん、算太叔父さんと一緒にその家に住もうと思う。」

るい:「おはぎのおうちに?楽しそう!」

安子:「るいは、このままこの家に住むんじゃ。けど、会えへんようになるわけじゃねえ。お母さん、毎日会いに来る。るいのお弁当だって毎日作って持ってくる。」

るい:「嫌じゃ。なんでそねんこと言うん。ずっと一緒におれるって言よおったが!何があってもお母さんはるいを離さ言うて」

安子:「これは、るいのためなんじゃ。るいが幸せになるために必要なことなんじゃ。」

(回想)千吉:「こないだ、大阪の病院で、るいの傷を見てもらった。雉真繊維のお金がないと治せん。るいにとっては、雉真の子として育てるのが一番ええんじゃ。」

安子は泣きじゃくる、るいを抱きしめる。

安子(上白石萌音)大阪へ

算太()はうつろな表情で街を歩いていた。

鏡に映った、しょぼくれた自分を見て、ハハハと笑う算太。

安子はきぬ()に「できるだけ早く治療費を貯めて迎えに行く」と話す。

きぬは「るいちゃんは賢いからきっとわかってくれる」と励ます。

そんな時、算太が信用金庫へ来ていないと聞かされる。

安子は、街を走り回って算太を探した。

ようやく、算太が大阪行きの切符を買っていたことを知った。

安子は雉真家に戻り準備をする。

るいに大阪で「大事な用ができたんじゃ」と伝えると、「早く帰ってきてね」と言われた。

安子:「もちろんじゃ。」

結末

安子は、大阪に到着。

お世話になった下宿先の大家・くまに相談するが警察は当てにならないし、やみくもに探しても見つからないと言われ…

大阪が拠点のロバート(村雨辰剛)を頼った。

ロバート:「大丈夫。お兄さんを一緒に探しましょう。できるだけ早く、るいちゃんの元に戻るために。お兄さんの特徴をできるだけ詳しく書いてください。」

ロバートが情報を集めて、安子がそれを元に算太を探す。

しかし、数日歩き回っても、方々を捜しても、算太の消息はつかめない。

雨の日。

雉真家では、るいは平川唯一先生の英語会話ラジオテキストを眺める。表紙には「Yasuko,Rui」とサインしてある。

一方、安子は今日も算太を捜していたが、自転車を避けたときに傘を落とす。

安子:(るい)

安子は気を失って倒れた。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】37話の感想

勇(村上虹郎)が雪衣(岡田結実)に「ひでえ」ことをした?

勇()が雪衣()に「ひでえ」ことをしました。

いえ、合意なんですよね。

雪衣もわかっていて、それでも一夜をともにしました。

注:直接的表現が全くないですし、服や布団が乱れたりの間接表現もないので、物凄く分かりにくいのですが、流れ的に男女の営みがあったと解釈するのが自然。

合意なんですけど、「ひでえ」と視聴していて思ってしまったのは…

勇の気持ちは安子にあるのに、実らないから、雪衣に慰めてほしいということだから。

しかも体で・・・。ヒドイ!

いや、ずっと一晩一緒にいただけ、添い寝だったかもしれない…ですけど。

でも「ひでえ人じゃ」のセリフが肉体関係を誘われたことを暗示してると思います。

いやあ、片思いを利用するなんてヒドイ!

そして、それに乗っかってしまう雪衣もバカな女です。

でも恋ってバカになることですからね。雪衣の気持ちも分かります。

両者の気持ち・行動は現代の男女でもよくあることで、とてもリアルで残酷

いやあ、ここでも鬼脚本が来るとは…。

算太の逃亡もヒドイ

ラスト。安子は、おそらく、過労で倒れました。

気を失う直前の最後に思うことが「るい」なのが切ないです。

しかし過労の原因は、兄・算太の失踪です。

ヒドイ!なんであと1歩で夢の「たちばな」再建ができるのに…逃げるの?!

契約の場をすっぽかしたら信用金庫は、安子たちを信用しませんよ。

雪衣への恋が破れたからが原因でしょうが…

「仕事とプライベートは分けてよ!」とツッコミたい、責めたい気持ちに視聴していて思いました。

算太の大阪行きに何か事情があるかもですが。

ともかく、安子が心配ですね。次回が待ちきれません。

36話< >38話

画像出典:NHK

コメント