【カムカムエヴリバディ】25話│安子とるいが交通事故に!?

【カムカムエヴリバディ】25話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第5週 第25話が2021年12月3日に放送されました。

第25話では、るいのために稼ごうと無理した安子。しかし、るいとともに交通事故に!?

今回は【カムカムエヴリバディ】25話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】25話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】25話の内容は…

千吉(段田安則)の説得

安子()の前に突如現れた千吉(段田安則)。安子に、るいを連れて雉真家に戻ってくるよう説得するためだった。

美都里(YOU)は体調を崩していた。そのため、るいがいたら元気になると千吉は考えていた。再婚しなくていいから「雉真の嫁として堂々といればいい」と勧める。

しかし、安子の固い決心は揺らがない。

岡山を出た日、どねえにつろうても 苦しゅうても 顔を上げて前を見て、日向の道を歩いていく。その姿をるいに見せていく」と安子は決心したのだ。

安子:「どうかここで るいと生きていかせてください」

千吉:「ええかげんにせられえ!るいのことを一番に考えたら、おのずと答えは出るじゃろうが!」

そこへ、るいが立ちはだかり、「お母さんをイジメたらいけん」と守った。

帰り際、千吉は「るいにふさわしい教育を受けさせたい、ここでは無理だろう」と残念そうに言い残した。

余裕がなくなる安子(上白石萌音)

安子は一層おはぎ作りに精を出し、大口の契約を増やすために営業にも回った。

注文が増えるにつれて、安子はますます忙しくなる。

安子は、日々の楽しみだったカムカム英語を聴く余裕すらなくなった。

るいが一人でラジオを聞いていた。

放送では親子など2人で聞いてください、その方が上達しますと語っていた。

安子、事故に遭う

ある日。おはぎを自転車で配達している際、曲がり角から来た三輪自動車を避けようとして転倒!

交通事故にあってしまった安子は、左腕側から倒れた。

泣き叫ぶ るい。ひたいから出血していた。

「るい!今。お医者さんに!」

安子はるいを抱えて走るが…。

25話の結末

安子が目覚めると、自宅で寝ていた。勇()が看病してくれていた。

「るい!るいはどこ?」

起き上がろうとすると腕が痛む安子。左腕が骨折しているらしい。

勇によると、千吉が倒れているのを発見し、今、るいを大きな病院に連れて行っているという。

命に別条はなかったが、大事をとって診てもらっている。

勇は、安子に雉真家に戻ってくるよう説得する。

安子は反対するが、「その腕では菓子作りは無理だ」という勇。

安子:「バカにせられな!お菓子くれえ、右腕一本で作れるわ!今さら甘えるわけにはいかん。逃げるわけにはいかん。るいがいるもん。るいのためならどねえなことでも!

「ただいま!お母さん!」

るいが元気よく戻ってきた。

しかし頭の包帯が痛々しい。千吉によると頭の傷は一生残るという。

ごめんなさい。ごめんなさい

安子はるいを抱きしめて泣いて謝った。

安子はるいを連れて戻ることにした。玄関を入ると、美都里が

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】25話の感想

25話で、大阪編が早くも終了。いやあ、辛い回でした。

どんなに辛くても前を向く。日向の道を歩く。そう決意して娘とふたりで過ごしていた日々。

思わぬ事故で、味方だった勇からも戻ってくるよう説得されます。

言い出しっぺなのに!

るいのためなら」右腕ひとつでやっていく、という安子。

ちょっと狂気でした。母の愛の凄さ、とうか。

しかし、るいの傷が一生残ってしまう事になってしまい、自分のしたミスの大きさを実感してしまったのですね。

るいが取られないように岡山を出て、るいの幸せのために岡山に戻る…という展開に!

結局戻るのか、とは思うのですが、それもまた人生。

安子は創作上の人物ですが、この右往左往する感じ、なんだかリアルです。

ラスト。雉真家の玄関で正座して待っていた美都里さん。

いやあ、怖いですね。

ここで今週終わるの!って感じで、月曜までざわつく気持ちをどうしたら?(笑)

容赦ない作品なのは分かってきましたが、安子の笑顔をもっと見せて!と願ってしまう第25回でした。

24話< >26話

画像出典:NHK

カムカムエヴリバディ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント