【ちむどんどん】74話|優子の「戦争は終わっていない」に視聴者号泣!

ちむどんどん-74話

【ちむどんどん】74話(74回)

朝ドラ【ちむどんどん】第74話(第74回)が2022年7月21日に放送されました。

前回、暢子たちは戦後に母と亡き父が再会するまでを聞いた。74話はその続き!

放送後、優子の「戦争は終わっていない」発言に視聴者号泣で…。

今回は【ちむどんどん】74話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】74話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】74話のあらすじネタバレです。

優子が賢三と結婚を決めた日

沖縄のお盆の最終日「ウークイ」に、暢子()、賢秀()、良子()、歌子()の4人は、優子()から初めて亡き父とのなれそめなど、過去のいきさつを聞く。

【回想】1946年(昭和21年)、山原(やんばる)。

優子(優希美青)は賢三(桜田通)の生まれ故郷のやんばるに行き、兄妹のように日々を過ごした。だが、優子は食べる気もなくなって、泣くことも笑うこともできなくなっていた。自分だけが生き残ってしまい、この先、生きていても楽しいことがないと思っていた。

賢三から家族の思い出を話して欲しいと何度も言われた。優子は視点が定まらない様子で、「お父ちゃん。お母ちゃん」と泣きながら探すように、呼ぶことしかできない。

そんな優子に賢三が「家族の分まで幸せになれ。優子の心の中に優子の家族は生きている。」と告げた。

優子はその時の気持ちを語る↓

うちはその時、もう絶対離れないと決めた。この人と家族になりたい、2人で生きていきたいって。もう一度、いちからコツコツ働いて生きていきたいって。

優子が遺骨収集を手伝う動機

その後、優子と賢三は結婚して賢秀が生まれた。死んだ弟にそっくりだと思ったという。

そして、良子、暢子、歌子が生まれた。嬉しい出来事が続いた。

4人はそれぞれに、多くの苦労を経てきた母の思いを受け止める。

けれど、優子の両親と姉は今でも山の中に埋まっていると思ったら苦しくなってしまう。

そんな時、新聞で遺骨収集の記事を見つけて、出来ることをしようと思うようになった。

(回想)優子(優希美青)は賢三(桜田通)が洞窟で遺骨収集をしている。

優子は賢三と話して、1年に1日でもいいからお手伝いしたいと思って活動を続けてきた。行方不明になっている人は、ほとんどなく亡くなっているはず。でも、遺品の一つでもなければ、いつまでも辛くてたまらない。そんな思いをしている人が一人でも救われたら、という思いで活動してきたという。

兄はなぜ死ななければならなったのか?

「あまゆ」にて。田良島()が三郎()に、沖縄で戦死した兄の遺骨は戻って来なかったと打ち明ける。

田良島の兄が亡くなった時、田良島はまだほんの10歳。

兄がどうして亡くなったのか?

その理由が、大人になると分かるのかと思って生きてきたが…

田良島は「今でもわからないんです」とつぶやいた。

三郎は、ただ黙って話を聞くことしかできない。

誰も分らないよ。市民が犠牲になる。それが戦争だな。

うちの戦争は終わっていない

フォンターナのオーナー・房子()や善一()が毎年、遺骨収集活動に寄付してくれている。

善一は本当にいい人で、いつも比嘉家の味方をしてくれているが…優子は「でも、再婚はしない」と断言した。

これでやっと「お父ちゃんとの約束を果たせたさ」と安堵する優子。

いつか必ず子どもたちに伝えようと賢三と約束していたのだが、この日まで時間がかかったのは、思い出すと泣いてしまっておかしくなりそうだったからだ。

「この腕の中で、冷たくなった弟」を思い出すという優子。

優子の中で戦争は終わっていなかった。自分の食べる分をわけてあげれば、弟は生きていたかもしれないと思って、自分だけ生きてていいのかと思ってしまうのだ。

優子は子供たちに伝える。

「亡くなった人たちの分まで、あんたたちには幸せになってほしい。幸せになることを諦めないでちょうだい。ずっとそう思っていた。だから、あんたたちには家族を亡くすような思いをさせないはずだったのに、賢三さんが無理をしていたことに気づてあげられなかった。…ごめんね。みんなの大好きなお父ちゃん、守ってあげられなくて。ごめんなさい。ずっと言えなかった。ごめんなさい。」

暢子たちは母に謝ることはないと伝える。そして【幸せになる】ことを誓った。

泣きじゃくる優子に抱き着く四きょうだいは、「大好きだからね」「ありがとう」と声を掛け合った。

74話の結末

比嘉家の縁側にて。歌子が沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」を三線で、弾き語り。

比嘉家の庭、「あまゆ」「フォンターナ」の外の通りでも、それぞれがウチカビを燃やして、ご先祖様を送り出す。※

優子は空を見上げて「また来年ね」とつぶやいた。

(つづく)

※ウチカビを燃やす理由は、あの世へ旅立つご先祖様へ資金を渡すため。ウチカビは「あの世のお金」だそうですよ。

【ちむどんどん】74話の感想

優子の「戦争は終わっていない」に視聴者号泣!

74話は母・優子の語りの続き。

「うちの戦争は終わっていないわけさ」と生き残った者の辛い胸の内を語る優子さん。

視聴者も涙・涙でした。

優子がお人好しすぎる理由が分かった

ヒロインの幼少期パートで、なぜ優子さんは家計が苦しくても、通りかかった智の幼い弟・妹の為にお昼ごはんをあげたのですが…今になって優子がお人好しすぎる理由がよーく分かりました。

夜、母親が病気の砂川家へなぜ豪華な料理を持って行ったのか、自分の子供たちが「食べたいよお」と言っていたのに…。それを賢三が止められないのも今なら納得。ひもじくて弟が亡くなったことが忘れれないのですね(涙)

優子が賢秀に甘い理由も分かった

ちなみに、賢秀は弟に似ているそうです。だから詐欺と疑いつつもお金を貸してしまったり、ボクシングジムに借金していた賢秀を怒らずに家に迎え入れたり…したんですね。

「なんで怒らないの?」「もうホラーだよ」ってネットで批判が溢れていましたが、今なら優子さんの溺愛も納得です。

仲間由紀恵・優希美青の演技が上手い

弟が冷たくなって…と明かすときの優子さんの間のとり方が絶妙でした。辛すぎて、今でもとても言いにくいことが画面から伝わってきましたよ。

上記の「あらすじ」で<視点が定まらない様子>と表現しましたが、ゲストで優子(青年期)を演じた優希さんの演技もお見事でした。セットや衣装・顔の汚しなどスタッフさんの頑張りも見えましたが、両親を呼ぶだけのセリフで、ここまで哀しみを表現しちゃうなんて、凄かったです。

優希さん、ドラマ関係者に見つかったんじゃないでしょうか?もう有名だよと言われてしまいそうですが、今後より一層活躍しそうだと思いました。

・・・と今回は色々と絶賛してしまいました。

さあ、幸せになることを決心した四きょうだい。これからの歩みに注目ですね♪

73話<< >>75話

画像出典:NHK、スポニチ

コメント

  1. 辻浦健一 より:

    ちむどんどんははっきり言って、最近の朝ドラの中では今一な感じですが、やはり戦争の話しになると、内容が締まるというか、感動しますね。沖縄も戦争で大変だったし、戦後も基地の問題があるし、実在する沖縄で活躍した人をモデルにした作品を、ドラマにしたら良かったのではと思います。