【ちむどんどん】25話|暢子(黒島結菜)の旅立ちにネット応援と心配の声

ちむどんどん25話

【ちむどんどん】25話(25回)

朝ドラ【ちむどんどん】第25話(第25回)が2022年5月13日に放送されました。

25話では暢子()の旅立ちが描かれ、ネットでは応援と心配の声が…。

今回は【ちむどんどん】25話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る

*本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【ちむどんどん】25話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】25話のあらすじネタバレです。

暢子(黒島結菜)と正男の最後の徒競走

1972年(昭和47年)春。

暢子()は兄・賢秀()のおかげで東京に行けることになった。

早苗(高田)は卒業後、すぐに東京へ行くらしい。暢子より先だ。

ある朝、暢子は新城正男()と徒競走で勝負。フライングでスタートした暢子はなんとか勝った。インチキしないともう勝てない年頃だった。

当番だからと先に校舎へ行く暢子。「好きだったのによ」とつぶやく正男。早苗は「今は違うの?」と驚く。「そういうこと言いたくなくなった。暢子は暢子のまま。俺は俺のままでいいって」という正男に「わかる」と同意する早苗。

音楽に「ちむどんどん」するかしないか

山原高校の音楽室にて。

転勤が決まっている音楽教師・下地()が歌子()と、最後のレッスン。

下地のリクエストで歌子は「芭蕉布」を歌う。

下地は三線(さんしん)を取り出す。

下地:「沖縄では昔、三線は男の楽器でした。女が三線をやるのは本職の芸人だけ。でもこれからは違う。男も女も関係ない。音楽にちむどんどんするかしないか。それだけやさ」

歌子:「はい」

♪海の青さに 空の青
南の風に 緑葉の
芭蕉(ばしょう)は情けに 手を招く
常夏の国 我した島沖縄(うちなー)

それは歌子の心に深く刻まれる、大切な時間となったのでした。

暢子は、無事に山原高校を卒業した。

暢子は早苗と「3年間あっという間だったね」と語り合い、サーターアンダギーを食べながら語り合う。

売店で買い物したり、智()の豆腐店で「ゆしどうふ 」を食べたり、比嘉家で海へ行き、ピクニックしたりして…あっという間に月日は流れてゆく。

本土復帰と旅立ちの日

明日は『プロの料理人』を目指す暢子が生まれ故郷の沖縄を旅立つ日になった。

暢子が荷造りをしていると、優子が賢三()の包丁を暢子に持たせてくれた。

それは賢三「これは昔、世話になった人がくれたお父ちゃんの宝物さ」と言っていた包丁だ。

暢子は父の遺影に手を合わせる。夕食は沖縄そば。食後、家族で「芭蕉布」を歌った。

♪昔を偲ぶ かたほとり 実れる芭蕉 熟れていた 緑葉の下~

1972年5月15日。アメリカ統治下にあった沖縄が本土に復帰する日。

暢子は母・優子、姉・良子()、妹・歌子とバスを待つ。

優子が「あの日を思い出すね」と切り出す。

「昨日のこと見たいさ。お母ちゃん。今までたくさん、ごめんね」と暢子。

「歌子が言ったとおりだね。あの日からずっと幸せだったね」と良子。

「うちもずっと思ってた。ずっと幸せだなあって。うちらはもっとずっと幸せになる」と歌子。

バスが見えてくると不安になって「大丈夫かな。やっていけるかな」と弱音を漏らす暢子。

「帰りたくなったたいつでも、帰ってきていいよ。暢子。18年間ありがとう」と優子。

暢子が涙して母に抱き着くと、良子と優子も抱き合った。

暢子はバスに乗り込んだ。

「行ってきま~す!バイバ~イ」暢子は懸命に手を振った。

途中、暢子の声を呼ぶ声が聞こえる。

「俺も行くから東京!待っとけよ!」と智が自転車で追いかけてきて叫んだ。

やんばるのある家族の物語は暢子とともに旅立った。

(つづく)

【ちむどんどん】25話の感想

暢子(黒島結菜)の旅立ちにネット応援と心配の声

暢子の旅立ちに「行ってらっしゃい」「がんばれ」と応援の声が殺到。

しかし不安視する感想も…↓

沖縄編ラストとなった第25話。

沖縄の本土復帰の5月15日に東京へ出発した暢子。

母親の「いつでも帰ってきていいよ」は慈愛に満ちていて良い言葉ですね。

現実的には簡単に帰れないけれど、帰る場所があるというのが安心する、拠り所になるはずでしょう。

あれ?そいうこと、和彦の父も言ってましたね。

しかし、なぜ4月でなく、この日に旅立ちなのか。どこに住み、就職先は決まっているのか。

色々と気になってしまう視聴者が多いのもわかります(笑)

まあ、「なんくるないさー」ですね。東京パートも楽しみにしてますよ♪

24話<< >>26話

画像出典:NHK

コメント