【あと15秒で死ぬ】の原作ネタバレ!衝撃結末は悲しい真実!

あと15秒で死ぬ
©Amazon/©フジテレビ

【あと15秒で死ぬ】の原作ネタバレ!

「世にも奇妙な物語2021夏の特別編」の1編、【あと15秒で死ぬ】の原作は小説「あと十五秒で死ぬ 」(東京創元社、榊林銘:著)所収の短編「15秒」(第12回ミステリーズ!新人賞佳作)です。

衝撃的な結末は悲しい真実で・・・

今回は【あと15秒で死ぬ】原作小説のストーリーと結末をネタバレ!


ADVERTISEMENT

【あと15秒で死ぬ】の原作ネタバレ

【あと15秒で死ぬ】の原作小説を簡潔にネタバレ紹介します!

犯人は宝林佐奈(山口まゆ)

冒頭。「私の目の前に、銃弾が浮いている。」

私(演:吉瀬美智子)の胸には穴が空いている。貫通して、銃弾のお尻が空中で止まっていた。

そこへ猫の顔をもつ死神が現れた。(人によって見える姿が違うという)

私は背後から撃たれて死んだ、らしいが・・・

命のロウソク(=余命時計)は、まだ15秒残っていた。死神の手違いだ。

時間が止まっているので、うしろを振り向けないため、犯人がわからない。

死神の手違いもあって、「余命十五秒」を使って、現世を動かしたり、止めたりできるサービスをもらった。

私は自分を撃った犯人を告発し、反撃できるのか? 

「動き出せ」命じると(当然だが)私は凄いショックを体に感じる。

なんとか振り返ると、背後から撃ったのは宝林佐奈(たからばやし・さな)(演:山口まゆ)だった!

(ちなみに銃は、猟銃。猟師が崖から転落して大けがした際に、紛失したもの。つまり銃の入手経路からは足がつきません。佐奈は偶然拾ったもよう)

佐奈の犯行動機

佐奈の犯行動機は、母親を薬剤師の「私」に殺害されたから。

「私」は佐奈の母の在宅診療に関わっていた。佐奈の母は自律神経を患っていて、向精神薬を飲んでいた。(母子ともに常に精神薬を飲んでいた。)患者の求めるままに向精神薬を渡したため、薬漬けにされた…と佐奈は恨んでいると、「私」は思っていたが・・・

佐奈は「私」が毒を盛ったと思い込んで、恨んでいた…。

その日、「忘れ物したから」と家を訪問してきた「私」を家にあげた佐奈は、母の薬を交換しているのを目撃。

その後、母は強い農薬を飲んで、亡くなった。自殺とみられたが・・・。

佐奈は、「私」を恨んでいたのだ。

「私」は、たった15秒で、犯人を殺害する方法を思いついた。

「私」は白い粉をまいた。そして佐奈にスリッパを取りに行かせた。

薬剤師がまいたからには劇薬かと思うだろうし、靴の跡(げそこん)をつけないために来客用スリッパを取りにいくだろう、と「私」は推理。

たしかに「私」は取りに行った。が…目的は、げそこんでなく、(電流を通さない)ゴム靴を脱がせること。さらに、とりに行ってる間に、佐奈の名前を書き残すこと。いわゆるダイイングメッセージ。

「私」はバケツの水もばらまいた…。実は、これもすべて作戦!

「私」はコンセントに二輪の花の茎をさす。これは水につながっているから、電流を通して感電させる!

衝撃結末は悲しい真実

「私」は佐奈を感電させる気だったが、死神に止められたため、茎を1本だけにした。

佐奈は感電したが、気絶までしなかった。

佐奈は、2発目の銃弾を窓の外から撃った。

「私」は死んだが…。

佐奈は、机に書かれたダイイングメッセージをもみ消した。そして「私」がもっていた紙を持ち去った。

・・・

佐奈は、その紙が母の遺書だと気づく。

母は娘とともに無理心中をしようとしていたらしい。

(「私」はあの日、大量の睡眠薬がなくなったと気づいた。それで佐奈の家に行き、常備薬に入っていた睡眠薬を見つけて交換した。遺書も発見し持ち帰った。このことを公表しなかったのは、薬剤の管理をとがめられると思ったから。)

なんと、あの日、薬剤師(=私)が常備薬をすり替えたのは、毒でなく、その逆。無害なものにすり替えたのだ。

つまり、薬剤師は佐奈を助けてくれていた!

なのに、佐奈は殺害してしまった。

(佐奈の母は、常備薬を娘に飲ませ自分も飲んだが死ねなかったので、心中がばれたと思って、自殺した)

佐奈の家に、警察がやってきた。犯行現場に落ちていた髪の毛から割り出したようだ。

佐奈は安堵して「わたしから、伺おうと思っていました」と伝える。(おわり)

※ドラマではほぼ同じストーリーで進みますが…ラストは、死神が「サナ」というダイイングメッセージを遺体のそばに置いていて、鑑識が発見。死神は自然に反する越権行為とわかっていながら、粋な計らいをしました。

【あと15秒で死ぬ】の原作の感想

結末は、悲しい真実でした。逆恨みですよね。

命の恩人をまさかの殺害。そして、実の母に殺されそうになっていたという事実。

二重のショックです。

佐奈にとっては警察に捕まってよかった、のかもしれません。

しかし「15秒」を使って、緊迫感あるストーリー。よく考えたと思います。まさに佳作の1作です。


<関連記事>

スペシャルドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

  1. 匿名 より:

    サナちゃん、実は黒の組織の一員?
    普通に田舎の母子家庭で、あれはなかなか

  2. 匿名 より:

    CGチームは無知なのかな?予算削減で2流以下の制作しか雇えなかったのかな。体を突き向けた弾丸に薬莢がついているのは興ざめ。また、ライフルの銃弾ではなく、拳銃の銃弾だし。ひどいな。

タイトルとURLをコピーしました