2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【朝ドラエール】48話ネタバレと視聴率!柴咲コウの美声が話題!

エール48
https://mantan-web.jp…html

【朝ドラエール】48話の視聴率とあらすじ!

窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』第48話が2020年6月3日(水)に放送されました。

裕一(窪田正孝)が作曲した「船頭可愛いや」は、まったく売れず、大ピンチ!一方、音(二階堂ふみ)は環(柴咲コウ)から意外な提案を受けて…。

放送後、柴咲コウさんの美声が話題で…。

今回は【朝ドラエール】48話の視聴率とあらすじネタバレについて。

スポンサーリンク

【朝ドラエール】48話の視聴率

【エール】48話の視聴率は、21.8%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【朝ドラエール】48話のネタバレ

古山家が大ピンチ!

裕一(窪田正孝)が作曲し、藤丸(井上希美)が歌ったレコード「船頭可愛いや」はヒットしなかった。古山家は契約金返済を迫られて大ピンチ!

裕一は音(二階堂ふみ)に「何とかする!」と言うものの、手立てはなかった。鉄男(中村蒼)の屋台に行き愚痴をこぼすが解決策は見つからず。

藤丸は「きっと私のせいです。私が下駄屋の娘だから。」と悔やむが、久志(山崎育三郎)は「それは関係ない。元気出して。」と励ました。

環(柴咲コウ)レコードを聴く

その頃、音はレッスンをしながらも悩みが頭から離れない。そこへ環(柴咲コウ)がやって来て「今度はどこを悩んでいるの?」と音に声を掛ける。

音「主人の契約が打ち切られるかもしれないんです。新しいレコードが全く売れなくて。いい曲なのにどうして売れないんだろう。あっ。これです。」

音は「船頭可愛いや」のレコードを環に聞いてもらう。環は「とってもいい。」と言い、何かを考えこんでいる様子を見せる。

環に裕一の曲が褒められ「ああ…よかった~! ありがとうございます。環先生が褒めて下さったって主人にも伝えます。今 すごく気落ちしてるからきっと喜びます。環先生?」

環:「ねえ…この曲…私が歌ってもいいかしら? 私がこの曲を歌って もう一度レコードを出すの。」

その言葉に驚いて「え?」としか声がでない音だった。

環、バンブーへ

その日の夜、環がバンブーへやって来た。裕一と保(野間口徹)恵(仲里依紗)は緊張し、緊張して迎える。

環:「双浦です。はじめまして。」

保と恵は、手を震わせながら環にコーヒーとケーキを運ぶ。

そして環は本題に入り・・・

環:「大体のことは奥様から聞いてらっしゃるかしら?」

裕一:「はい。あの… ま ま…まことに まことに 光栄にあの 思いますけど…ど ど ど…どうして…?」

環:「『船頭可愛や』が大変すばらしい曲だからです。西洋音楽をベースにしながら流行歌としての親しみやすさも兼ね備えている。これが評価を受けないなんて、日本の音楽業界はくれていると感じました。私がオペラの世界で広く認めてもらえるようになったのも プッチーニが私を見つけてくれたから。私は…いい音楽を広めたい。あなたの音楽を大勢の人に届けたい。古山さん。私に歌わせて頂けますか?」

裕一:「も も…、もちろんです! よ…よろしくお願いします!」

廿日市(古田新太)の苦悩

裕一は環が「船頭可愛いや」を歌ってくれることを廿日市(古田新太)に伝える。すると「あの、双浦環が!!?」と驚く廿日市。

翌日。裕一と廿日市は社長に掛け合う。環が歌う「船頭可愛いや」をレコードを出してほしい、と。

しかし、社長や専務たち上層部は、赤レーベルである裕一の曲を青レーベルである環が歌うことに反対する。青レーベルの小山田(志村けん)の機嫌を損なうのではないかと心配していたのだ。

そのことを裕一が音と環に報告すると、音は「許さん!小山田先生が? 何であの人が口挟むの?」と怒り出す。

裕一:「いや 会社も先生の機嫌 損ねたくないみたいだし 廿日市さんもすっかりおとなしくなっちゃって…。」

音:「じゃあ 環先生に歌わせてもらえんの?」

裕一:「あの…う~ん…。」

環:「古山さん。私に任せて。」

小山田(志村けん)の眼

環は1人で小山田の元を訪ねる。

小山田:「君が訪ねて来るなんて珍しいな。」

環:「お忙しいのに突然すみません。理由をお聞かせ下さい。」

小山田:「理由?」

環:「船頭可愛いやの件です。なぜ反対されていらっしゃるのか?」

小山田:「ふっ。そんなの説明しなくたって分かるだろ。青レーベルは西洋音楽 赤レーベルは流行歌。それがルールだ。」

環:「でも、先生は赤レーベルの曲も書いてますよね?」

小山田:「青レーベルの私が青で書くのと 赤レーベルの新人作曲家が青で書くのと わけが違う。身の丈があるだろう。」

環:「赤とか青とか その区分はそんなにこだわるべきものですか?」

小山田:「だったらなぜ君はあの男にこだわる? コロンブスのお荷物だぞ。」

環:「古山さんをコロンブスに推薦したのは小山田先生ですよね?その目。その目をした人を私はたくさん見てきました。彼らはみんな、新しい才能に敏感です。」

小山田:「バカバカしい!」

双浦環が歌う!

裕一と音はなんとか廿日市にレコードを出す決断をしてもらおうと、顔を近づけてプレッシャーをかける。そこへ環が現れる。

環「上の機嫌をとって 今いる場所を守るか 勝負に挑んで大きな利益を得るか。どちらになさいますか?」

廿日市は環が歌う「船頭可愛いや」をレコードにすることを決心。

レコーディングが始まると、美しい歌声で「船頭可愛いや」を歌い上げる環。

そのレコーディングの様子を笑顔で見つめる音。しかし、お腹を押さえ顔をしかめていて…。

環の歌った「船頭可愛いや」は大ヒット!相乗効果で藤丸版「船頭可愛いや」も売れ行きを伸ばし 裕一のメロディーが街じゅうに流れるようになった。

その後、バンブーに来ていた音はまたお腹のあたりを押さえていた。その様子に気が付いた恵は音に「なんか、体調悪そうだけど…。」と声をかける。

音「なんか、ムカムカするんですよね。」

「月のものは?」とそっと耳元で尋ねる恵。

恵:「もしかして、赤ちゃん出来たんじゃない?」

音:「えっ?」

【朝ドラエール】48話の感想

なんと「船頭可愛いや」を環が歌って大ヒット!!

SNSでは柴咲コウさんの美声が話題でした。ベートーヴェンの運命にもかけた展開だったのですね。

しかし史実では、音丸(藤丸のモデル)が歌ったとあったはず!?

ということで、調べてみると…

音丸が歌った「船頭可愛いや」もヒット。発売は1935(昭和10)年6月。

しかしこの年の秋、日本に帰国した世界的歌手の三浦環が「船頭可愛や」を気に入って、カバー。コロムビア(コロンブスのモデル)からレコード(クラッシック専門の青盤)で出したとのこと。

朝ドラでは、一度売れなかったという視聴者の興味を引き付ける展開でした。このアレンジは必要だったのでしょうか。

おそらく不随して小山田のキャラクター付けもモデルとはちがう。ドラマ仕立て。裕一と小山田のモデルは、手紙のやりとりをしていたそうですし。嫉妬していたのかどうか・・・。

フィクションのドラマなのでアレンジは構わないのですが、放送日にしたら1日で解決してしまうので、そこまでドキドキハラハラはしなかったような…。

小山田のキャラクターはともかく、藤丸のモデル・音丸さんが気の毒に感じます。皆さんどうでしょうか。

そして、ラストは音に妊娠の可能性が!?明日の展開が気になりますね。

【朝ドラエール】基本情報

【番組タイトル】連続テレビ小説「エール」

【出演】窪田正孝,二階堂ふみ,柴咲コウ,志村けん,中村蒼,山崎育三郎,古田新太,井上希美,仲里依紗,野間口徹,ほか

【脚本】清水友佳子

【語り】津田健次郎

【音楽】瀬川英史

【放送局:放送時間】

  • NHK総合(本放送):月~土 あさ8時~、(再放送)午後0時45分~(土曜はバナナマン日村さんによる解説回)
  • BSプレミアム(本放送):月~金 あさ7時30分~(再放送)午後11時~
  • BSプレミアム(1週間まとめて再放送):土曜 あさ9時45分~午前11時
  • NHK総合(土曜の回の再放送):毎週日曜 午前11時~11時15分

※放送は変更される場合があります。

エール
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】