【限界団地】6話のネタバレと感想!寺内が江理子に殺人を告白してやけくその団地心中!?

限界団地6話

【限界団地】6話のネタバレと感想!

佐野史郎=寺内は、江理子(足立梨花)に親子ごっこを頼んで穂乃花を救おうとする。

しかし江理子との間にさらなる邪魔者・二宮が出現し、寺内は…。

今回は【限界団地】6話のあらすじ、ネタバレ、ターゲット、感想について!

スポンサーリンク

【限界団地】6話のあらすじ

父・仁(山谷初男)の告白により、寺内(佐野史郎)は亡き妻・美佐子が自分を騙し、愛人と交際していたことを知る。

江理子(足立梨花)は、二宮先輩と付き合い始めてウキウキしている。

しかし二宮は、あやめ町団地の取り壊しを住民に宣告する役目を担っていたのだった。

二宮に反発する寺内。

穂乃花に特製オムライスを作る寺内だが、穂乃花は今は亡き両親に礼をいうなど奇妙な行動をとり始める。

【限界団地】6話のあらすじ

【限界団地】6話「おじいちゃんのこくはく」

自治会長・金田(山崎樹範)は、寺内に依頼された妻の過去の不貞を調査する。やはり寺内の亡き妻・美佐子は不貞をはたらいていたのだった。

あやめ町団地の取り壊しに関して話し合う住人たち。

江理子(足立梨花)が二宮先輩と交際開始?

二宮と急接近する江理子(足立梨花)を心配するあまりに、ふたりの関係に介入する寺内(佐野史郎)。

他人なのに過干渉すぎると江理子と二宮から拒絶される。

夜中に団地を出て行く寺内は、亡き妻・美佐子の墓にいき、恨み節を語りつつ、自己肯定。

墓の中から美佐子との子供たちの骨壷を持ち出し燃やし始める。その様子を二宮が見ている。

団地に戻ると穂乃花が、以前のようにやさしく接してくるふりをして骨壷で殴ってくる。

寺内が気がつくと両手両足を縛られており、穂乃花がダンチマンのうたを歌いながら寺内に火をつける。しかしそれはすべて寺内の妄想だった。

二宮からの電話で、寺内の奇行を知る江理子。これまでのことを思い起こし危険を感じる。

そのすぐあと、寺内が江理子を訪ね、「見せたいものがある」という。断ったものの、寺内の手紙を見て寺内と会う江理子。

寺内は江理子がかつて描いた「うさぎのぼうし」の絵本の出版に尽力していた。

そして、寺内は江理子に信じられない告白を始める。

【限界団地】6話のネタバレ

寺内が江理子に殺人を告白!

寺内(佐野史郎)は、穂乃花(渡邊詩)の両親、松本、江理子の夫の不倫相手、加代子(江波杏子)の夫の殺人、息子の嫁の母親(あさかまゆみ)の殺人を告白。

「人殺し、人殺し、人殺し!」と叫んで逃げる江理子。

二宮が手配した駅前のビジネスホテルに息子・颯斗と避難する。

【限界団地】6話のターゲット

【限界団地】6話のターゲットは、二宮優人(郭智博)。江理子(足立梨花)の学生時代の先輩で、団地の取り壊しの担当者。

寺内との間に本当の家族のような居心地を感じていた江理子は、寺内の殺人告白にショックを受ける。

寺内にとって二宮は邪魔者。二宮を排除するために自治会長(山崎樹範)に調査を依頼する。次回7話で排除されることは間違いないですね!

また江理子に殺人を告白した寺内は、団地の住民たちとの親睦会で大量殺人を試みるが…。

【限界団地】6話の感想

寺内の江理子に対する感情は、どこまで何がなんだか…。

窓から二宮先輩を見下ろしたときの嫉妬にかられた顔、こわかったですね。

まさかの団地心中? でもまた最終回じゃないし…。

【限界団地】6話のまとめ

実は妻の美佐子にも裏切られていて、居場所のなかった寺内。

江理子に目をつけたのも、やはり自分の居場所を持てない江理子との共通点があったからなのでしょう。

しかし、殺人を告白して、本当に団地の人々を道連れに死ぬつもりなのでしょうか・・

次週は地獄絵図に?

こわいけど、みのがせない展開ですね!

日本屈指の怪演俳優・佐野史郎が連ドラ初主演! 昭和のよき時代の団地生活を住民に押し付けながら、秩序を守ろうとする謎の老人。 寺内…

画像引用:公式ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク