【半分、青い。】96話あらすじと視聴率!鈴愛・永野芽郁の自由に思うこととは?

半分青い16週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第16週「抱きしめたい!」第96話が7月21日土曜日に放送されました。

鈴愛(永野芽郁)は守られていた!?自由にやってきた鈴愛は真相を確かめに行き…

今回は【半分、青い。】96話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】96話の視聴率

半分青い96話

【半分、青い。】96話の視聴率は、20.5%!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】96話のあらすじネタバレ

鈴愛(永野芽郁)は自由に提案するが…

大納言は今日もお客が来ない。鈴愛(永野芽郁)は、働き慣れて余裕もあり、店長の田辺(嶋田久作)に、もっといろいろな物を100円で売ってみたらどうかと提案する。

廃棄予定の皿を割るストレス解消、涼ちゃんの歌、100円で品物を売りたい人の場の提供、鏡からイケメンの声で褒めるなど…もっとアイデアが浮かぶ。

しかし、大納言はフランチャイズで、決められたものを売る仕組みになっていることを知らされる。

そのころ、光江は帽子教室にて、帽子屋3月うさぎを畳んだことを思い出していた。

鈴愛は守られていた!?

決められた通りにしか出来ないことに鈴愛が納得できないでいると、涼次(間宮祥太朗)は、オフィス・ティンカーベルにいたころの鈴愛は、秋風(豊川悦司)に守られていたからこそ、自由に仕事ができたのだと言う。

漫画も映画も会社は売るために色々言ってくるはずだという。秋風は鈴愛の中から湧き上がる気持ちを待ってくれたし、信じてくれた。

鈴愛は喫茶おもかげに寄り、菱本(井川遥)を呼び出した。涼ちゃんのいう通り、秋風が守ってくれていたという。

鈴愛の漫画『一瞬に咲け』に対し、出版社からイケメンに取り囲まれる展開にしてくれ、と言われたが、秋風が断っていた。

菱本は鈴愛が漫画家を辞めた時、くもり空でなく晴らしたい、自分の人生を生きたいと言っていたことを引き合いに出して言った…

菱本「自分の空を見つけなさいよ。あなたの空はきっとある」

鈴愛、店長になる!

その夜。光江に呼ばれた鈴愛。『一瞬に咲け』に涙した光江はなぜ漫画を辞めたのか尋ねた。潮時かなと思ったと答えると、光江も同じだという。

色々アイデアを出したことを聞いた光江は、「明日からあんたが店長や!社長や!」と鈴愛の手を握りしめて…

【半分、青い。】92話の感想

鈴愛・永野芽郁が守られていた自由とはいったい?

鈴愛・永野芽郁が自由だったのは、秋風によって守られていたため。

大納言も企画開発する部署があり、安定した仕入れを担当する部署、営業や宣伝する部などがいて、守られているはず。

フランチャイズでも現場から企画して採用されることもあるでしょうが、スピードは違いますね。

編集さんが進捗(しんちょく)状況にタッチしないのは確かに不思議でした。いつも受け取りにくるだけで、鈴愛の最後の読み切りも締め切り当日に来て、鈴愛を責めてました。

秋風が間に入っていたのでしょう。

視聴者も守られる弊害とメリットを指摘。ダメンズの涼次が3オバに愛されたことと比較し、鈴愛がハングリーがなくなったことで失速。

しかし経営は守られた方が良いのでは?と心配ですが・・・

【半分、青い。】93話のまとめ

鈴愛・永野芽郁の自由に思うこと…

鈴愛・永野芽郁は発想が豊か。幼少期のこびとがクルクルする工作品。雨上がりに半分、青いと思うことなど、それはもう天性。

しかし自由だからと言って、成功するとは限りません。

それは秋風塾を追い出されたボクテが人気漫画家になったことからも分かります。

「自由」について哲学者が議論してきました。

ここでは英語の「liberty」と「freedom」から鈴愛の自由に思うことについて述べます。

英語の「liberty」と「freedom」

「freedom」は…

広い意味の自由を表わす語で,拘束や障害などが存在しないことを意味する; liberty も freedom と大体同じ意味で用いられることが多いが,選択の自由,束縛からの解放という意味合いが含まれる(出典:weblio

「liberty」とは…

(束縛のない)自由、解放、釈放、(行動の)自由、自由、権利、勝手、気まま(なふるまい)、気まま、(勅許・時効で得た)特権(出典:weblio

つまり、「freedom」と「liberty」の違いは、受動的と能動的な側面があります。

「liberty」は、「自由の女神」の英語訳が、”The Statue of Liberty”のように、権利を勝ち取るイメージです。

鈴愛・永野芽郁の自由は「freedom」!?

鈴愛の自由は、障害がなく、無遠慮,なれなれしさも意味する「freedom」の状態でした。

例えば、「表現の自由」というのは”freedom of the speech”

鈴愛は自分の気持ちを存分に発揮できる自由がありましたが、それは勝ち取った自由ではなかったのです。

そこはボクテとの大きな違い。鈴愛も涼次もまだまだ甘いので、今後の成長が望まれます。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第16週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『半分、青い。』 …

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク