【西郷どん】13話の視聴率は13.0%!友情回も番組最低を記録!

【西郷どん】13話の視聴率は13.0%!友情回も番組最低を記録!

吉之助と正助の友情が確かめられる熱い回となりましたが、視聴率は伸びませんでした。

NHK大河ドラマ【西郷どん】13話のあらすじと視聴率について書いてます。

スポンサーリンク

【西郷どん】13話の視聴率

【西郷どん】13話の視聴率は、13.0%でした!

ドラマ【西郷どん】全話視聴率と最終回ネタバレ! 三度結婚し二回島流しになるなど、謎多き男“西郷隆盛”を、林真理子さんにしか書け…

【西郷どん】13話のあらすじ

地震により、篤姫(北川景子)の婚礼道具が何もかもやられてしまい、将軍家への輿入れが延期になってしまう。

急ぐ斉彬(渡辺謙)は、婚礼道具を1年で準備せよと吉之助(鈴木亮平)に命じる。

吉之助が言われた通り1年で準備し、篤姫は江戸城へ向かう。

「丈夫か?」

「はい」

「死なぬか?」

「はい」

篤姫のハキハキとした返しに、笑顔を浮かべる徳川家定(又吉直樹)。

吉之助の働きを労い、吉之助とお酒を酌み交わす斉彬は、これからの薩摩、日本の発展を語るのだった。

そんな姿を見た吉之助は、斉彬に男の子ができるようにと不犯の誓い(おなごとの交わりを絶つこと)をする。

薩摩に帰る道中、京の近衛家に立ち寄り月照(尾上菊之助)に一橋を次の将軍にする為に力を借りる。

吉之助が3年ぶりに薩摩に帰ってきて、家族や正助(瑛太)や仲間たちと楽しく語らうはずが、斉彬とのことを軽々しく聞いてくるので怒ってしまう吉之助。

正助が嫁をもらうことを発表し、翌日みんなで確認しにいく。

満寿(美村里江)はキレイで、気前のいい女性で、正助は嫁にしたいとお願いする。

一方、斉彬に哲丸という男の子が生まれ、正助の結婚式に参加しているときに殿に呼び出された吉之助。

老中の阿部正弘(藤木直人)が急死したという訃報が届き、一橋を将軍にしようという斉彬の構想が崩れかけようとしていた。

江戸に帰ることになった吉之助は、正助を一緒に連れていきたいとお願いし、熊本まで連れていくことを許可されるも、「そんなこといつ頼んだ!」と上から言われているように感じた正助は怒り、吉之助と言い合いになる。

喧嘩別れをしたまま、吉之助は再び江戸へ。

満寿の働きかけにより、吉之助と合流した正助はお互いの友情を確かめ合うのだった。

【西郷どん】13話の感想

タイトル通りの変わらない友の姿に、私も胸が熱くなりました。

忘れ物はおはんじゃという返しは熱かったですよね。

なぜかルパンのカリオストロの城のラストシーンを思い出しちゃいました(笑)

阿部様が死んでしまったのはショックでした。

もう藤木直人さんが見られないことが寂しいです。

※記事内の画像出典:NHK公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク